ダラダラ生活で花粉症が悪化‼ 改善するウォーキングのコツ4つ

花粉症の季節、皆さんいかがお過ごしですか?

こうも花粉が飛んでいると、外に出るのも嫌になりますが、運動不足は花粉症をさらに悪化させてしまいます。

今回は、水嶋クリニック院長・水島丈雄先生監修の『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』から免疫バランスを整えるウォーキングのコツをご紹介します。

徒歩通勤の時間をウォーキングに変えて、花粉症対策しませんか?

 

免疫と自律神経のカンケイ

体内に入った異物を追い出して、病気から身を守るためのシステムを「免疫」といいます。

免疫の中心的な役割を果たしているのが、血液中の白血球。

実は、白血球の種類の数や働きは、自律神経の影響を大いに受けています。

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に、血管や内蔵などの働きを調整している神経のことです。

この自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

 

交感神経

  • 昼間の活動時に優位
  • 心臓の拍動を高め、血圧を上昇させる
  • 顆粒球(白血球の一種)の分泌を助ける

副交感神経

  • 夜や休息時に優位
  • 血管を拡張して血流を促し、心身をリラックスさせる
  • リンパ球(白血球の一種)の分泌を助ける

 

ダラダラは花粉症の悪循環

交感神経と副交感神経の働きのどちらか一方に偏らないよう、バランスをとることが、全身の免疫力を高め、アレルギー症状を起こりにくくする秘訣です。

 

特に花粉症に関しては、副交感神経が優位になることが問題です。

免疫過剰になり、体内に入ったちょっとした異物でも排除しようと、くしゃみや鼻水などのアレルギー反応が起こってしまうのです。

副交感神経が優位になる原因は、リラックスのしすぎ。特に過食、運動不足、不規則な生活は厳禁です。

花粉が飛んでいるからと、家にこもって、ダラダラしていませんか?

 

免疫力バランスを整えるウォーキングのコツ

適度な運動は、免疫力のバランスを整え、花粉症を改善するために必要な生活習慣です。

その中でも、カンタンにでき、オススメしたいのが、散歩です。

免疫力のバランスを整えるために歩くには、コツがあります。

今回は、免疫力のバランスを整えるウォーキングのコツを4つ、ご紹介します。

ただし、無理は禁物です。花粉が大量に飛んでいるときは、無理せず、ジムに行くなど室内でできる運動をしましょう。

 

1.歩数を競ったり、早歩きはしない

免疫を高めるためのウォーキングは、せかせかと歩かないこと。

目安は、鼻歌を歌いながら、その鼻歌が途切れないようなスピードで歩くことです。

鼻歌を歌いながら歩くと、空気中の窒素がどんどん体の中に入ってきます。

窒素は、体の中で一酸化窒素に変わります。一酸化窒素は免疫力を低下させる原因となる活性酸素を減らす効果があるのです。

 

2.楽しい気分で歩く

いやいやながらウォーキングすると、かえってストレスが生じてしまいます。

あくまでも楽しい気分で歩くことが大事です。

そのため、気分がすぐれない日や天気の悪い日は、無理してまで歩こうとしないことです。

 

3.時間は20~30分程度でOK

一度にたくさん歩く必要はありません。

むしろ1回に費やす時間は短くても、ウォーキングの習慣をできるだけ長く続けることです。

 

4.愛犬と一緒に歩くのもよい

犬などを飼っている人は、犬と一緒の散歩もオススメです。

愛するペットは気持ちをなごませてくれて、ストレスをとる、高血圧を下げるなどのセラピー効果があります。

 

花粉症改善の知恵とコツが満載!

今回ご紹介したウォーキングのコツは、『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』に掲載されています。

他にも、症状に効く特効食材や、食べ物・飲み物の簡単レシピ、一人でできる動作やツボ刺激などをたくさん紹介しています。

毎日無理せず花粉症を治したい!という方にオススメの一冊です。

花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵/水嶋丈雄 (監修) 主婦の友社 1,300円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

スポンサーリンク

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。実は、この"万病"の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関…

花粉症でも飲みたい! アレルギー改善におすすめのアルコール2選

「アルコールは花粉症の症状を悪化させる。」花粉症の時期になると、お酒を控える・・・という方も多いのではないでしょうか?お酒は好きだが花粉症はツライ・・・という貴…

腸は花粉症対策の肝心かなめ!4つの食品で花粉に打ち勝て!

今や、日本人の3~5人に1人が患う国民病となった花粉症。マスクや薬など、症状を和らげるための対策は数多くありますが、体質を改善するには、腸内環境を整える必要があ…

100均で見つけた!ダイエット中におすすめのヘルシーおやつ4つ

ダイエット中におやつが食べたい。そんなとき、コンビニで売っているヘルシーおやつを買いに行く人が多いと思いますが、ヘルシーおやつをコンビニで頻繁に買っていると意外…

くしゃみが止まらない!「花粉症・アレルギー症状」を和らげる3つの食材

まだまだ寒い日がつづきますが、たまに暖かい1日が訪れることもある冬の終わりです。こんな時期は、大事な会議中や電話しているときに、出だしたせきが止まらない!というこ…

花粉症の改善にドクターが推薦。「れにんぼうスープ」って何?

ツライ花粉症の季節………。花粉症の方は、様々な対策を練っておられることと思います。せっかくなら、症状改善だけでなく、体質ごと改善したいと思いませんか?体質・症状改善…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事