「その彼、本当に独身?」ウソつき既婚男の特徴5つ

既婚男性が、それを隠して女性に近付いてくるときは、そのほとんどが女性との未来を本気で考えてはいない「遊び」です。それに気が付かずに、貴重な時間を浪費してしまうのはなんとしても食い止めたいところ。ですが、そんな男性はずるいので狡猾に隠し通そうとするでしょう。

今回は、自分が既婚であることを黙っている男性に気付くポイントをご紹介します。ちょっとした違和感に気が付くことが、不幸な未来の回避に繋がる可能性があります。特に、仲良くなってまだ日が浅いタイミングでよく注意していてください。

 

既婚男性チェック1:贈り物を欲しがらない

誕生日やクリスマスに何かプレゼントしようと希望を尋ねても「何もいらないよ」「それよりも食事に行こう」と、形に残る物のプレゼントを拒むケースです。無欲、もしくは物より思い出を重視するタイプの男性ももちろんいますが、既婚男性にとって物が残るのはまずいこと。奥様にバレる可能性があるものは、できるだけ排除しようとします。

無欲系の男性か、証拠を残さないようにしている既婚者か、慎重に見極める必要があります。いくら無欲の男性とはいえ、ゲリラ的にあげたちょっとしたものならたいてい受け取ってくれるでしょう。そういったものすら遠慮しようとする男性には警戒してください。

既婚男性チェック2:現金決済派

新しめのスマホやノートパソコンを持っていてITに強そうなのに、なぜか食事などのデート代は必ず現金で決済しているようなら要注意。支払時に財布をちらりと見て、カードを持っているのに使わないようであればますます怪しいかも。カードの利用明細で奥様にバレることを防いでいる可能性があります。

最近は郵送ではなく電子明細が主流ですから1年、もしくはそれ以上遡って明細を確認できます。食事やテーマパーク、宿泊施設で支払った証拠がいつまでも残るんです。これは、既婚男性にとっては非常に危険。いつ奥様に「ちょっと明細見るわ」と言われるかヒヤヒヤしながら生きていくことになってしまいますからね。彼の支払い方法と、可能ならお財布のカード入れをちらっとチェックしてみてはいかがでしょうか。

既婚男性チェック3:スマホ2個持ち

これは基本中の基本です。家庭と連絡を取るものとは別のスマホを1台持っているというケース。慎重にロックをかけ、仕事用のスマホに見せかけるようケースなども非常にシンプルな傾向にあります。

ただの連絡用スマホにしていることが多いので、インストールされているアプリが少なめのパターンもよく見られます。ただし、力を入れてプレイしているゲームがある場合は2台プレイするためにインストールしている可能性もありますが……。また最近は、筆者もそうなのですが仕事柄iOSとAndroid両方が必要なために、本当に仕事で2台持っているというパターンもあります。

自分とどのスマホで連絡を取っているか、そのスマホの外見やインストールされているアプリはどうなっているか、そして仕事で必要そうか。このあたりが、見極めるポイントになると思われます。

既婚男性チェック4:SNSをしない(していても隠す)

SNSも重要なチェックポイントです。SNSは、普通にお付き合いしているのであればお互いにフォローしたり、似た投稿をしたりするカップルが多いですよね。もちろん既婚男性は、これができません。もしくは、奥様に怪しまれないようSNSは家族写真などをアップするのに使っており、こちら側に隠している可能性もあります。このため、「SNSには興味がないからやっていない」「これからもやるつもりはない、苦手だから」といった感じで興味なさげにしている可能性があります。

既婚男性は自分の友達をほぼ紹介しませんから(共犯の密約を結んだ人を除いて)SNSをやっていないと言われたら、共通の知り合いがいない状態から辿ることは非常に難しいかもしれません。ただ、ぽろっとボロが出ることもあります。例えばTwitterはやっていないと言っていたのに、Twitterのトレンドを知っていて話題にしている……といった、ちょっとしたところです。これだけで確信を持つのは難しいことですが。

もし、お相手の男性がSNSをやっていない場合は、他のチェックポイントと合わせて気を付けるようにしてみてください。本当にSNSが苦手な男性もいますし、この要素だけで判断するのは尚早でしょう。

既婚男性チェック5:家に連れて行ってくれない

これも、基本中の基本。家に連れて行けるわけがないですよね……。おうちデートをする場合、女性の家に来たがるばかりで自分の家を提案することがありません。「散らかっているから」「うち寒いんだよね」のような、もっともらしい理由を並べます。

筆者はこのパターンの経験者です。他の部分ではとても優しくて紳士的な男性でも、家だけはかたくなに拒否。忘れ物をして家の近くに車をとめても、車から降りないよう言われました。どんなに問い詰めても甘えても、絶対に家を見せません。ちなみにその男性は、後に結婚しました。筆者とは別の女性と電撃的に!

「家に行ってもいい?」と言ったときの反応は、重要な見極めポイントです。断るときの理由も含めてチェックしてください。ある程度時間をおいて「そろそろ家片付いた?」などと再び聞いてみるのも効果的です。

 

既婚男性とのお付き合いが深くなると、泥沼です。私たちの時間は貴重ですから、それに付き合っている時間はありません。狡猾に既婚であることを隠している男性にいち早く気が付けるよう、おかしいな……と思ったらぜひ上記のポイントを思い出してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク