【九星気学】一白水星の3月は「人に丁寧に接すると運気が波にのる」九星フラワー占い

風を意味する星が、世の中の雰囲気を軽くさわやかにしてくれる、春らしい春になりそうな今月。

ただし、新しい世界へと誘う扉を開くための試練や困難がありそう。

その乗り越え方を考えていきます。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体運を知りたい人はこちら

【2021年3月5日~4月3日の運勢】

穏やかで平和な1カ月を味わえる

先月は、体調が悪かったり人間関係のトラブルがあったりと、色々と悩ましい状況にあった一白水星は多かったと思いますが、今月はそういった悩みの種が落ち着き、気力や体力も取り戻されることでしょう。

そして、穏やかに平和に過ごすことができますから、安心してくださいね。

一方で、何か新しいことをしたい、自分の中の新しい世界を開きたいと思っている人には、そのことに関する情報集まってきたり、それを実際にやっている人から声がかかったりするでしょう。

今月はまさに、そういった準備や基盤づくりにぴったりの月なのです。

 

周囲の人に元気にあいさつし、やさしく接すること

ただし、あくまで今は準備の段階であって完成を迎える時期ではありませんから、❝成果❞を求めて焦ったりするのよくありません。

特にあなた自身よりあなたの周囲の準備が整うのに時間がかかりますので、せかしたりすると人の助けが得られなくなって運気が停滞します。

明るくゆったりとした態度で、優しく周りをサポートしたり励ましたりしながら、着実に進むということが今月は大切です。

朝早くに起きて朝日のエネルギーを吸収し、元気に挨拶をするということを心がけてください。

 

仕事運は…効率性を求めず❝人の和❞で進める

効率的に進めたい気持ちはあると思いますが、ひとつひとつ丁寧に周囲の人たちと関係を保ちながら進めていくことが大切です。

大切な仕事はできるだけ朝早めにやってしまうこと。

これが効果を上げるコツになります。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、フリーの人は、新しい出会いがあったり人からの紹介話というのもありそう。

華やかさはありませんが安定した関係を築ける相手と出会える可能性が高いです。

パートナーがいる人は、真剣に話し合わなければならない事柄が起きそうです。

相手の話をよく聞いて、一方的に考えを押し付けないようにしてください。

金運ですが、この時期は買い物がいいので必要だったものが安く手に入り、出費を抑えることがます。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはブラウンカラーとネイビーです。

物事にコツコツ取りくめる気力と体力を与えてくれます。

ラッキーパーソンは母親。

少し深刻な相談をされるかもしれません。しっかりと話を聞いて解決できそうなことには力を貸してあげてください。

ほっておくと問題が大きくなる心配がありますし、問題が解決すると、今後の運気アップにつながります。

ラッキーフードは梅干し入りのおにぎりです。

疲れがふっと抜け、胃腸の調子を良くしてくれます。

 

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク