【九星気学】九紫火星の3月は「弱みをみせるほうが魅力アップ」九星フラワー占い

風を意味する星が、世の中の雰囲気を軽くさわやかにしてくれる、春らしい春になりそうな今月。

ただし、新しい世界へと誘う扉を開くための試練や困難がありそう。

その乗り越え方を考えていきます。

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運勢はこちら

【2021年3月5日~4月3日の運勢】

体調の乱れを防げれば、あらゆるトラブルが防げる

ちょうど季節と移り変わりということもあって、この時期は自律神経が乱れやすいとは言われていますが、その影響が強くあれわれそうなのが九紫火星です。

疲れやすかったり、風邪をひきやすかったり、お腹調子が悪かったり、そういった体調面のことで悩まされそうです。

こういう時はお風呂にゆっくり浸かり睡眠をたっぷりとる、そして消化に良い温かいものを食べるということを心がけてください。

それだけで体調が安定しますし、精神的にも前向きになり元気になれます。

人間関係の悩みやお金にこまるということが起こりやすい月なのですが、この発端は、体調の悪さにあると言っていいでしょう。

体調が悪ければ、人にやさしく接する余裕もなくなり、病院代やサプリ代などの出費は思いのほか負担になるものですから。

 

病は気からともいいますし、前向きな気持ちをキープするためにも、まずは前向きな言葉を口にするように気をつけましょう。

これが今月の人間関係を円滑にする最大のポイントでもあります。

九紫火星は、とくにこの時期は感情の波が激しく、被害妄想にも陥りがちで、みんなに嫌われているような気がしてしまうかも傾向にあります。

けれども決してそのようなことはなく、周囲は貴女を助ける気持ちがあり、様子を見ています。

体力が落ちているこの時期は、人に助けてもらうことがとても大切なので、それを感じよく受け入れる気持ちの余裕を持ちたいものです。

頼り頼られていいのです。

 

仕事運は…目には見えにくい進展がその足元に

仕事以外のこともそうなのですが、遅れをとっているような感覚があっても、じつは今月は少しずつ新しい動きが足元から始まっています。

それは、これからのあらゆることの基盤になることですから、丁寧につくりあげたいものです。

焦らずゆっくり取り組んでみて下さい。

もちろん、ひとりで無理をせず、必要なら人の助けを借りてくださいね。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、パートナーがいる人は相手に対して注文が多くなりそうです。

喧嘩にならないようにほどほどにしましょう。

もし、わがままを聞いてもらった時は丁寧にありがとうを言うようにしましょう。

パートナーがいない人今月の出会い運ですが一見冴えない理想とは違うタイプとご縁がありそうです。

あまり早く気にせずに話を聞いてみると好ましいところも見つかるかもしれません。

金運は、お得な買い物ができたりと節約運があります。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはホワイトとブラウンです。

感情や体調の波を穏やかに整えてくれます。

ラッキーパーソンは母親か年上の女性。

この時期に的確なアドバイスをくれたり弱っているあなたに手を差し伸べてくれる人です。

ラッキーフードは、おじややリゾットなどスープでご飯を煮たものです。

胃腸をいたわる事で心と体の芯がしっかりとしてきます。

 

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク