年下男子と話を弾ませられる魔法のキーワード3つ

年下の男の人と話をしてみたい。でも何を話したらいいのか全然わからない!

そういう女性が最近、とても多いです。そして「どんな話をしたらいいの?」と相談されます。

みなさん、年下の男の子にとても興味があるようなんです。ドラマでも年下男子と恋をするヒロインが増えているので、その影響もあるのかもしれません。

今日まで一貫して年下男子ばかりを追いかけている私から、話が弾む魔法のキーワードをお届けいたしましょう!

 

キーワード1:その服、オシャレですね。

 

年下の男の子とは、世代が違うので趣味や持ち物など、何もかもが違うもの。知らないブランドやメーカーがお気に入りだったりと、話をすると、ちょっとしたカルチャーショックを受けます。そこでめげて「世界が違うから無理」と諦めるか、「知らないものばかりだから教えて!」とポジティブに目を輝かせるかで、会話の流れも違ってきます。

 

見慣れない素敵なモノを彼が持っていたら「それ、オシャレですね」と話しかけるといいでしょう。彼がとても気に入っているモノだったら、そこから話が発展していきます。どこで買ったのかで行動エリアがわかるし、いただきものなのだと言ったならもしかしたら恋人がいるのかななどと推測したり。モノひとつ取っても、かなりの話のタネと情報量を得られるものなのです。

 

キーワード2:最近どんな映画を見ました?

 

最近の年下の男の子は、よく映画を見ているなという印象です。バブル時代に20代だった男性は、遊ぶことに忙しく、映画を観る時間があまりありませんでした。けれど社会情勢が変化した今は、自宅で過ごすことを好む人が増え、DVDで映画をよく観ているそうなのです。なので年下の男の子に映画の話を振ると、いろいろと語ってくれる人が多いのです。

 

彼の映画の趣味を知ることもまた、彼を知る手がかりになります。恋愛映画が好きならロマンティックな人なのかも、バイオレンスが好きなら実は男性的な人なのかな、などと探りを入れやすくなるのです。さらに次は何を観に行くんですか?と聞いて、素敵な映画だったら「私も観たいな」とつぶやけば、デートにこぎつけられるかもしれないのです。

 

キーワード3:最近食べて美味しかったものはある?

 

年下の男性は、年上の女性よりも食欲旺盛なもの。なので、食べ物の話をすると、嬉しそうな表情をする人が多いのです。その様子を見て、若いわねえ、と怖じ気づかず、美味しい食べ物の話を聞き出しましょう。話をしているうちに、彼が外食好きなのか自炊好きなのかもわかってきます。自炊好きなら、得意料理を聞くなどすれば、さらに会話が続いていくはず。

 

彼の食の好みがわかれば、今後の作戦も立てやすいもの。最近はアジアン料理が好きだという男の子が増えました。あらかじめ幾つかのジャンルのお店を把握し「タイ料理が美味しいお店を知ってますよ」などと言えれば「じゃあ今度一緒に行きましょう」という話に発展しやすいもの。話を盛り上げるだけでなく、しっかり次につなげてこその会話テクだと私は思っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク