しみじみ美味しい!食べてやせる春キャベツサラダ・ベスト3

スポンサーリンク

サラダの季節ですね! キャベツの千切りピーラーやスライサーはお持ちでしょうか? 旬のキャベツを使った「食べやせ」レシピを3つご紹介します。書籍に掲載されたレシピをご紹介している関係で、すべてのレシピが付録のピーラーを使っていますが、もちろん包丁のせん切りでも美味しく作れます。また、市販のカット野菜も便利! ただし、ピーラーやスライサーを使えばさらにラクにたくさん食べられてヤセられますから、気になっている人はこの機会にどうぞ。

 

キャベツレシピでやせる理由は!

ダイエットに抜け道・ラクな道なしと言います。今回のレシピを実際に食べて感じたのも、「そもそも美味しいレシピばかり」「美味しいから積極的に食べる」「どのレシピもカロリー抑えめだから当然やせる」という、ごく当たり前のことでした。守ったほうがいいルールは「食事のいちばん最初にキャベツ料理を食べる」、この1点だけ。満腹感で食べ過ぎを防ぎ、また血糖値の上昇をゆるやかにして肥満を防ぎます。

 

1・ヤムウンセン風「せん切りキャベツのアジアンサラダ」

 

■材料■(2人分)
キャベツ 200g (1/4個弱)
紫キャベツ(せん切り) 20g
はるさめ 20g
きくらげ 3g
むきえび 60g
A ナンプラー 大さじ1強、レモン汁 小さじ2、にんにく(みじん切り) 小さじ1、赤唐辛子(輪切り) ひとつまみ、こしょう 少々
香菜 20g
ピーナッツ 15g

■作り方■
1 キャベツはキャベツピーラーでせん切りにする。紫キャベツはキャベツピーラーでせん切りにしたものを用意する。
2 はるさめはたっぷりの熱湯にひたしてもどす。きくらげはかぶるくらいの水にひたしてもどし、食べやすく切る。えびは背わたを除き、熱湯で2分ほどゆで、ざるに上げる。
3 1、2をボウルに入れ、合わせたAであえる。器に盛り、香菜をちぎってのせ、砕いたピーナッツを散らす。

 

「あれっ、本当はヤムウンセンって何を入れるんだっけ? キャベツ入ってないんだっけ、どうだっけ?」と軽く混乱したのがこちらのレシピ。よくよく他の本のレシピを見てみると、はるさめだけでキャベツは入っていないようなのですが、でも最初から入っていたかのようななじみ具合です。なお、この日は紫キャベツが入荷されず、考えた結果紫たまねぎを入れています。

 

2・一瞬で完成「ごちそうコールスローサラダ」

■材料■(2人分)
キャベツ 1/4個
紫キャベツ 適量
塩 小さじ1/2
スモークサーモン 6枚
A レモン汁 大さじ1、オリーブ油 小さじ2、塩 小さじ1/4、こしょう 少々、はちみつ、粒マスタード 各小さじ1

■作り方■
1 キャベツ、紫キャベツは、それぞれキャベツピーラーでせん切りにし、合わせてボウルに入れ、塩を振って軽くもみ、水けが出たらしぼる。
2 スモークサーモンは食べやすくちぎる。
3 1に2、Aを加えてあえる。器に盛り、イタリアンパセリを添える。

 

ポイントは、はちみつと粒マスタード。スモークサーモンにぴったりあう、デパ地下クラスの美味しいサラダです。なのに本当に簡単にすぐできるので、のんびり起きた週末のブランチや、急な自宅飲み会のおつまみにも応用できそう。このままパスタとあえても美味しいですよ! 書籍ではスモークサーモンのほかに、生ハムやほたて缶・かに缶、白身魚のお刺身が具としてオススメされていました。また、1のサラダ同様、この日は紫キャベツが入荷されず、考えた結果紫たまねぎを入れています。

 

 

3・和洋どちらにも「ザワークラウト風キャベツサラダ」

■材料■(2人前)
キャベツ 1/4個
塩 小さじ1/2
A ローリエ 1枚、赤唐辛子 1本、キャラウェイシード 小さじ1/2、酢 小さじ1
卵 2個

■作り方■
1 キャベツはキャベツピーラーでせん切りにし、塩を振って軽くもみ、水けが出たらしぼる。
2 Aをまぜ合わせて、味がなじむまで半日ほどおく。
3 器に盛り、フライパンで目玉焼きを作って添える。

 

特におかずの作りおきをしている人にオススメなのが、このザワークラウト風。本格的なザワークラウトは発酵させますが、これは酢で味付けします。キャラウェイシードなどハーブスパイスの力を借りるのもポイントです。また、キャベツを挟んだサンドイッチを毎朝食べる人も、このサラダなら一度作れば数日使えるので朝の時短に。シンプルな味付けなので、洋食だけでなく和の食卓に並べても違和感がありません。

 

出典・主婦の友キッチン

 

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

おすすめ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

井一美穂の最新記事

FOODに関する最新記事