結婚モードへスイッチオン!彼を本気にさせた「たった一言」って?【40代からのオトナ婚・サチコの場合#3】

2021.05.02 LOVE

「今、オトナ独女に追い風が吹いている」

そんな明るいメッセージを掲げ、オトナ婚成功者の実体験を丁寧に記事化。人気を博したミナト薫さんの【40代からのオトナ婚 】をリバイバル配信。

 

エピソード5に登場のサチコさんは、「いつかご縁があったら結婚したい」と思っているうちに、48歳になっていました。

ひょんな事から年上男性、ゴローさんから食事に誘われるようになりますが、「茶飲み友達はほしくない!」とビシッと宣言。

そんな発言をすると、結婚が遠のいてしまうのでは?

二人はこの先どうなるの?

絶賛婚活中のライター、ミナト薫がオトナ婚の実態に迫ります。

 

>>>【サチコの場合】の最初から読む

あなたのオトナ婚体験を聞かせてください!→こちらから

 

まさかのニュアンス違い

毎日、あれこれ誘ってくるゴローさん。サチコさんはおじさんの暇つぶし相手にされたらかなわないと思い「茶飲み友達ならいりません」とキッパリお伝えします。

 

ところが…。

 

「茶飲み友達はいらないと私が言ったのを、彼は『年も年だし、この人は結婚相手を探しているんだな』と受け取ったたらしいんです。真剣交際ならOKなんだと、脳内変換したようで(笑)」

 

ええっ?

 

「ニュアンスが微妙に伝わらなかったんです。でも、それ以降、デートの質が上がりました(笑)」

 

これまで、ご近所の居酒屋ばかりだったのが、素敵なレストランやバーなど「デート感」のあるお店に連れていってくれるようになったそうです。

 

なんと、サチコさんの発言はゴローさんの本気スイッチを押してしまったんです!

 

付き合って2ヶ月で「結婚しよう」

 

デートらしいデートをするようになって1ヶ月。ゴローさんから衝撃の発言が飛び出します。

 

「結婚しましょう。もうお互い大人なんだし、あれこれ悩まず」

 

わっ、随分率直なプロポーズですね。

サチコさんは、どう答えたんですか?

 

 

「彼の家には犬、私の家にはネコがいました。それぞれ大事な我が子なので、2匹の相性が悪いと結婚は難しいと伝えたんです」

 

ペットを引き合いに、ゴローさんを押し留めようとするサチコさん。

 

ところがゴローさんは、毎晩犬を連れて近所を散歩し、その途中でサチコさんの家に立ち寄るようになったそうです。そのうち、犬とネコは一緒にいても大丈夫になってしまったんだとか。

 

ゴローさん、なかなかの策士です。

結婚への障害が消えたわけですね?

 

「そうですね。外堀を埋められたというか…」

 

ってことは、プロポーズを受け入れたんですね。おめでとうございます!

 

「ウフフ…。私はもともと年下男性が好きだったのですが、年齢を重ねると相手の年なんて関係なくなりますね。いつか誰かと結婚する場合、年齢的に燃え上がって、燃え上がって結婚する流れにはならないだろうとも思っていたんです。悪い意味ではなく、人間としてちゃんとした人となら、誰と結婚しても同じだというか…。彼と失くなった奥さんとの結婚期間は33年間。それだけの長い間、一人の女性と向き合えた男性なら、私を傷つけたり、裏切ったりもしないだろうと思ったんです」

 

このタイミングで、この人が現れたのは何か意味がある。サチコさんはそう感じて結婚を決意したそうです。ここまでわずか、2ヶ月!スピーディーな展開ですね。

 

「はい、野生の勘が働いて決めました。その話はちょっと長くなるので、後でお話しますね」

野生の勘?なんでしょう、気になる…。

 

続きを読む>>

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
編集者・ライター ミナト薫

スポンサーリンク

スポンサーリンク