子なしの40代女性は、〇〇費を5倍以上使っていた!

「犬が待っているから、もう帰る」

ずっと飲み会で女性が帰るための口実だと思っていたけど、あれ本当。厳密には、若い女性は言い訳として使うことがあるかもしれないけど、アラフォー以上が言った場合はほぼ真実。

 

子どもを持たない“おこなしさま”である私は、人のお世話を焼くのが得意ではなく、甘えられるのも苦手。きっと母性本能が欠落しているに違いない。長年そう思っていたのに、犬を飼い始めたら今まで眠っていた母性本能が目覚めた。

 

犬のご飯のことが気がかりになり、寂しく待っているかと思うと早く帰ってあげたくなる。子どもがいないため育児経験はないが、犬を育てることで母性が覚醒したのかもしれない。

 

犬と触れ合うことでオキシトシンが分泌される

女性は出産や育児により、愛情や母性本能が強まる「オキシトシン」というホルモンが分泌される。未産で子どもがいない“おこなしさま”には縁のないホルモンかと思いきや、妊娠していない女性や男性にも分泌することが分かっている。

 

麻布大学、自治医科大学などの研究チームが発表した研究論文(2015年)によると、飼い主が犬と触れ合うことでオキシトシンが分泌されることが判明した。

 

研究チームが行った実験結果では、犬と飼い主が見つめ合い触れ合ったときに、お互いの体内でオキシトシンが増加。とくに犬によく見つめられた飼い主は、見つめられる時間が短かった人と比べて、オキシトシンの濃度が上がる傾向にあった。

 

この研究から、人と犬には母子間と同様の視線とオキシトシン神経系を介したポジティブ・ループが存在することで、生物学的な絆が形成されることを示している。

 

別名「愛情ホルモン」ともいわれているオキシトシン。犬を飼い始めてから母性が強まったと感じたのは、気のせいではなかったようだ。

 

ペットの家族化で消費支出が年々拡大

2003年以降、ペットの数が子どもの数を上回っている。現在15歳未満の子どもの数は推計1650万人(総務省/平成28年調べ)に対して、全国で飼育されている犬猫の数は、1,972万5千頭(ペットフード協会 平成28年全国推計飼育数)。犬猫の数が、子どもの約1.2倍になる。

 

少子化や核家族化といった社会情勢を背景に、ペットは家族の一員という意識が強まってきた。ペットを我が子同然に可愛がる人が増え、人間並みに高級な製品やサービスにお金を費やす飼い主も目立つ。

 

あるお正月。知人の家に遊びに行くと、そこで飼われているセレブ犬が小さなお重に入ったおせちを食べていた。聞くと値段は1万円。我が家では人間でも食べない価格帯。犬用と分かっていながら、思わず一口食べてみたいと本気で凝視してしまった。

 

他にも誕生日ケーキやプレゼントを買う、ペットにコスプレさせるなど、ペットの家族化が進むことで新しい需要や製品が拡大。 SNSの普及でニーズはさらに高まっている。

 

アラフォー以降の単身女性はペットにお金を費やす

家計の消費支出は減少傾向が続いているが、ペット関連の支出は年々増加している。総務省・家計調査の「ペット関連支出/総世帯の平均額(年間)」をみると、2000年の11,649円から、2015年は16,967円と15年で約1.5倍に増えている。

 

なかでもペット関連の支出が突出して高いのは、単身世帯の35~59歳女性。総務省・家計調査の「男女年齢階級別/ペット関連費」(平成27年)によると、単身世帯で35歳未満の女性 4,990円に対して、35~59歳の女性は28,249円と約5.7倍。男性の年齢階級別では、単身世帯の35~59歳が10,434円と男性の中では一番多いが、女性の方がペットに対して使う金額が圧倒的に高い。

 

アラフォー以降の単身世帯ということは、子どもがいない“おこなしさま”である可能性が高い。子どもの教育費や養育費がかからない分、ペットにお金をかける傾向にあることをデータは示している。それも男性より女性の方が多いのは、母性が関係しているのかもしれない。

 

少子化とペット業界の関係とは

近年は猫ブームといわれている。ペットフード協会の調べでは、犬の飼育数は年々減少、猫は横ばいの状態が続いており、犬が約987万8千匹、猫が約984万7千匹と、猫の飼育数が犬に肉薄している。

 

猫は犬に比べて飼育平均費用が少ない傾向にあり、散歩に外に出す必要がないなど、単身世帯でも比較的飼いやすい。少子高齢化や経済面などの時代背景から、猫と犬の飼育数が逆転する日は近々にやってくるだろう。

 

子どもがいない“おこなしさま”にとってペットは、愛する大切な家族、自分に愛情をくれる恋人、一緒に楽しむ友だち、面倒をみる子どものような存在である。ペットを飼うことは、様々な覚悟と不自由を受け入れることになるけど、癒し効果は絶大。

 

少子化・未婚化が進むと、ペット業界には数多くのビジネスチャンスが生まれることになる。一頭にかけるペットの支出額は、しばらく伸びていきそうだ。

 

 

子なしのアラフォー女性は、〇〇費を5倍以上使っていた! 【おこなしさまという生き方 Vol.41】

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

子どもがいない人生は幸せなのか?その答えが意外だった!

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯…

IQが高い女性ほど子どもを産まない⁉ IQと出産の真実

2000年に発売され、全世界で大ベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ共著)。以降、男脳、女脳、男心、女心・・・…

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯独身、子どもを持たない、籍を入れない事実…

「子どもがいなくてよかった」とみんなが思えることベスト3を大発表

現在ドラマやCMにひっぱりだこの女優・石田ゆり子さんは、奇跡のアラフィフとして脚光を浴び、男女共に人気が高い。もし彼女に子どもがいて、結婚相手がIT社長だったりしたら、今のような人気は得られなかっただろ…

女性が「もう子どもを産むことはない」と思う年齢は何才?

前回のコラム「子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは」の中でもふれたように、子どもを産む・産まないの分岐点は女性にはある。子ども産まないと決めていなくても、いつの間にか時が流れて、気…

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」45歳「もう子どもを産むことはないだろう…

「子どもの有無」で女の友情に溝?約6割は話が合わない

学生時代から仲良しだった友人と、子どもができてから疎遠になってしまった。女同士の間では、取り立ててめずらしい話ではない。どちらが悪いわけではなく、一方が結婚して子どもが産まれると、生活が一変する。すべ…

「子どもを持たない女性」が先進国で増加している理由

近年、日本の特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の平均)は、1.4程度と依然として低い出生率が続いている。少子化のバックグラウンドには、生涯子どもを持たない“おこなしさま”の増加がある。お前らのような存…

「未産女性」と「LGBT」が苦悩する押しつけの価値観

「子どもを出産できるのは女性だけである」「女性は出産できる年齢にタイムリミットがある」この2つが女たちを苦悩させる。女性は「産んだ女」と「産んでいない女」の二通りに分かれる。また年齢的な問題から「まだ…

子どもがいない人生は幸せなのか?その答えが意外だった!

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決めるものではないが、誰が見ても分かりやす…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵まれなかった。元々、結婚願望がなかったな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事