「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性はかなり多のではないかと思います。そんな40代は、現在どのくらい貯金をしているのでしょうか。友人にもなかなか聞けない40代の平均貯金額データを調べてみました。

 

全体の平均額は、なんと1,209万円!

160507easami004

なんとビックリ、日本人全体の金融資産保有額の平均は1,209万円という数字が発表されました(金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査』 2015年版・二人以上世帯より)。この数字を見て「みんな、そんなにたくさん貯めてるの!?」と驚いたことでしょう。ちなみに金融資産保有額とは、預貯金のほか、生命保険、株式、投資信託なども含めた金額です。

 

気になる40代の平均額は594万円!

160507easami002

「貯金1,000万円なんて全然ない! このままじゃ私は下流老人になっちゃうかも……」と不安になったかもしれません。でも、安心してください。年代別の平均金額を見ていくと、以下のようになります。

20代・・・189万円

30代・・・494万円

40代・・・594万円

50代・・・1,325万円

60代・・・1,664万円

70代以上・・・1,618万円

40代としては、平均1,209万円という数字よりだいぶ現実的に感じますよね。でもちょっと上の世代である50代の金額を見ると……1,325万円!!!

 

40代は貯金額を増やしていく世代!

160507easami001

40代と50代の貯蓄額の差はなんと731万円もあるのです。ということは、40代からこそ貯金額を増やしていかねばならない時期といえます。もし10年間でこの差額731万円を増やすなら、毎年73.1万円を貯金していくということ。毎月で考えれば6.1万円……かなり大変な数字ですよね。

 

普通を知りたいなら「中央値」をチェック

先ほどの数字はあくまで「平均値」です。平均値というのは、ものすごく貯蓄額が多い世帯が一部いるだけで数字がグッと上がってしまうものです。なので、普通がどのくらいかを知るには「中央値」をみたほうがリアル。中央値とは、調査世帯を保有額の少ない順に並べたとき、真ん中に位置する世帯の金融資産保有額のことをいいます。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浅見悦子の最新記事

MONEYに関する最新記事