独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出されています(詳しくはこちら)。「60歳までに5,400万円の貯金なんて無理!」と思ったあなた、大丈夫です。全額を貯める必要はないのですから。その理由と、今から貯めておきたいリアルな金額を調べてみました。

被保険者タイプと加入している年金を把握

老後の生活資金を考えるとき、まず重要となるのが年金です。自分はいくら受給できるの? と知りたいところですが、数十年後の値を正確に知ることは難しいもの。ですが、現在の受給者の状況はわかります。現状の年金事情をみていきましょう。

日本に居住している20歳以上60歳未満の人は、「国民年金」の被保険者となります。その中でも3つに分類されています。

①自営業者、アルバイト:第1号被保険者

②会社員や公務員など:第2号被保険者

③会社員や公務員の被扶養配偶者(年収130万円未満):第3号被保険者

働く女性の方々は、主に①②に該当すると思います。

そして、公的年金制度には2つの種類があり、

A 国民全員が被保険者として加入している「国民年金」

B 会社員や公務員など第2号被保険者が加入している「厚生年金」

 

老齢基礎年金でもらえる金額は?

すべてのかたに受給資格があるものが、A 国民年金から支払われる老齢基礎年金です。厚生労働省が発表した平成28年度の老齢基礎年金の額は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で月に6万5008円、年に780,100円(満額)になります。未納期間がある場合は、これより減額されます。そのため平均受給額になると満額より下がり、月に54,414円(平成26年度実績)です。被保険者分類で①のかたが公的に受給できるのは基本的にこちらになります。

 

老齢厚生年金でもらえる金額は?

会社員や公務員など厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした方が65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして支払われるのが「老齢厚生年金」です。平均受給額は月に14万4886円と老齢基礎年金のみの約2.7倍。もちろん、現役時代に支払った保険料も厚生年金のほうは高額になってはいるのですが、この差は大きく感じられます。

ただ、加入年数や給与によって上下しますので受給額は人により異なります。転職や退職によっても受給額は変わってきます。現時点での具体的な数字を知りたいなら、日本年金機構から年1回、誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」で、自分がもらえる年金受給額を見てみるとよいでしょう。

もらえる総額を計算してみよう

60歳女性の平均余命は28.68年(厚生労働省・平成26年簡易生命表)ですから、平均で88.68歳まで生きると考えられます。年金受給を65歳から89歳までの24年間と考えて、基礎年金だけ受給の場合と厚生年金も受給する場合の総額を計算してみましょう。

A 老齢基礎年金のみの総額:54,414円×12カ月×24年=15,671,232円

B 老齢厚生年金(基礎年金含む)の総額:144,886円×12カ月×24年=41,727,168円

働く女性の場合でざっくり言うと、自営業のかたは1,500万円、会社員や公務員のかたは4,100万円の年金が受給できる計算になります。

冒頭に書いた老後の生活費が約5,400万円で、ここからそれぞれ受給額1,500万と4,100万円を引いてみましょう。

老後の生活費5,400万-老齢基礎年金1,500万=3,900万

老後の生活費5,400万-老齢厚生年金4,100万=1,300万

すなわち、この金額が老後の生活費に不足すると思われる額=貯めておきたい金額なのです。仮にいま40歳の会社員だとしたら60歳までの20年間で年間65万円、月額で約5.4万円程度の貯金をすればよいということになります。貯金を始めるのが早ければ早いほど、毎月の負担額は小さくなります。そのためにも、老後に向けた貯金はなるべく早めにスタートするのが良いでしょう。

 

不安に思うより、まずは始めること!

あくまでも現在の公的年金受給額の平均からの計算であり、今後は変わってくる可能性は十分あります。そして、すでに自営業のかたで国民年金基金、会社員なら確定拠出年金などに加入していて、ほかの年金の受給資格を持っているかたもいるでしょう。また、退職一時金もありますし、親からの相続があったり、今後一緒に暮らすパートナーができることで生活費の負担が変わってくる場合もあります。また長生きするかどうかでも生活費の総額は違ってきます。

とはいえ、独女。自由気ままに生きることができる反面、自分の生活費は自分で稼がなくてはなりません。老後について漠然とした不安を持っている人は、まずこの計算をして、目標額を明確にし、しっかり対策をしていきましょう。

「もう少し早くこういう知識を持っていたかった……」と個人的には思わなくもないですが、時間は戻りません。今からできる貯金や保険、資産運用etc.、自分の老後の資金対策を、自分でやらずして誰がやる。ハッピーで楽しい老後ライフのためにも、40代こそ始めどきだと思います!

 

■貯金しようと思ったかたはコチラもチェック!

貯金できる女になるため、知っておきたい5つのこと

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

独女は老後にいくらかかる? 年金世代のリアルな生活費を調べてみた!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になる…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事