【男性心理】男が痛いと思う40代女性の春トレンド服6選

いよいよ日差しも春めいてきて、日中は春の新作アイテムが着られる気温になりました。可愛いアイテムが店頭に並んでいるので、思わず衝動買いしてしまった、という人も多いのでは? しかし、女性から見ると可愛い服も、男性にとっては「痛い」と思われてしまうこともあるので要注意。春のトレンドアイテムの中から男性から不評なものを、どうして嫌なのか意見つきで聞いてみました。

 

 ①花柄のガウン

Tシャツ&デニムにサラっと羽織るだけで今年らしくなる花柄ガウン。ハイブランドからプチプラブランドまで豊富に売られている、この春の本命アイテムです。ベースカラーが黒やネイビーなどの落ち着いた色なら大人の女性も着やすく、幅広い年代の雑誌にも花柄ガウンを使ったコーディネートが紹介されている人気アイテムです。

 

「インパクトがすごすぎる。これ、本当に流行っているの?」37歳・飲料メーカー勤務

「まだ無地なら百歩譲ってアリだけど、花柄はダサすぎ」34歳・保険会社勤務

「同じ花柄なら、普通にワンピースで良いと思う。女子高校生が制服のスカートの下にジャージ着ているくらい違和感がある」40歳・代理店勤務

 

花柄の面積が大きいので悪目立ちするからか、男性受けは最悪。さらにカジュアルな服装にフェミニンな花柄を合わせるのも理解できないようです。男性受けを考えるなら、花柄はスカートやワンピースで取り入れるのが正解です。

 

②ハイウエストのバギーデニム

デニムのバリエーションが豊富な今季、中でもハイウエストでワイドなシルエットのバギーデニムは注目度NO.1! リラックス感のある着心地で、脚の太さを隠したい大人の女性たちからも支持されています。ハイウエストで脚長効果も高く、スタイルを気にせず色々なコーデが楽しめるのも人気のヒミツ。

 

「脚がものすごく太く大きく見える。デニムにトップスをインするのって、自分の世代ではダサい人の代名詞」42歳・国家公務員

「ハイウエストのデニムって、昔母親が着てたイメージ。オバさんっぽい」39歳・会社社長

「足もとがヒールならまだいいけど、スニーカーとか履いているとさらにスタイル悪く見えて可愛くない」38歳・美容師

 

ローライズやフィット感のあるスキニーデニムを見てきたアラフォーの男性からしてみると、バギーデニムの太さには驚きが隠せない様子。張りのあるデニム生地は、脚のシルエットを拾わない代わりに細い部分や女性らしい脚のラインも強調できないので、男性と会う日はやめておいた方が無難です。

 

③刺繍ニット

ここ数年流行っていたシンプルなファッションに飽き、この春は甘く装飾的なアイテムへとトレンドが変化。派手すぎないけどニュアンスの出る刺繍ニットは、顔まわりが華やかになると人気のアイテムです。どんなボトムと合わせやすく、女性らしさをプラスしてくれるので、コーデに困らないのが女性から人気の理由。

 

「刺繍ニットって、オバちゃん通り越してお婆ちゃんが着ているイメージ。カーディガンとかは特に」41歳・税理士

「刺繍って、なんだか生活感があってセクシーさを感じない。だったら普通の黒のニットの方が100倍モテると思う」38歳・商社勤務

「小さい女の子が着ていたら可愛いかもしれないけど、大人の女性が着るのは違うと思う」39歳・コンサルタント業

 

刺繍=レトロ、生活感というイメージを持たれているのか、刺繍ニットの可愛さを理解できない男性が多数。これだけ流行っているので、すでに買ったという人は女同士のイベントやランチなど、男性を意識しない場所へ着ていきましょう。

 

 ④レースのロングキャミ

フェミニンムードが盛り上がっているこの春、レースアイテムもトレンドのひとつ。特に、今季は丈感が長いものが旬なので、ロングキャミにデニムやパンツを合わせてレイヤードを楽しむファッションが SNSでも話題になっています。白なら女性らしい柔らかな表情に、黒なら大人っぽいイメージで着られると、レースのロングキャミを活用している大人の女性も多数。

 

「レース自体は嫌いじゃないけど、腰回りがスケスケで下に長いパンツ履くのって、果たしてオシャレなの……?」34歳・銀行員

「ワンピースの裾から少し見えるくらいならいいと思うけど、服の上から下着のようなレースを着るのは全く理解できません」40歳・教師

「レースって女性らしくてセクシーなイメージになるはずなのに、全く色気を感じない」45歳・製薬会社勤務

 

新しい着こなしを理解できないのが男性。特にレースキャミは下着という先行イメージがあるので、着る順番が違う、と混乱してしまうようです。レースキャミを着るなら、下はフィット感のあるスカートを合わせるなど、女性らしさをキープできるような着こなし方がオススメです。

 

⑤スカジャン

ここ数年人気が継続しているスカジャンは、もはや定番になりつつある薄軽アウター。リバーシブルのものや、花柄の刺繍などバリエーションも豊富な今シーズンこそ、チャレンジしたいと思っている人も多いはず。男性っぽいハードな印象が薄い、花柄やサテン生地、ホワイトやピンクなどの可愛らしいデザインも人気です。

 

「ちょい悪系の人が着ているイメージしかない。彼女が着てきたらびっくりする」44歳・SE

「スカジャン好きとしては、その歴史や背景も知らずに女性が着るのに少し違和感がある」36歳・カメラマン

「10代後半〜20代前半の女性が着るならいいけど、大人の女性が着るにはカジュアルすぎる気がします」39歳・自営業

 

メンズライクなスカジャンは、女性らしさがないのと、派手で若作りな印象があるからNG、とのこと。中には刺繍がない無地のものなら形はOKという男性もいました。同じように、Gジャンやライダースも刺繍入りはNGとの意見も。

 

⑥ランジェリーキャミ

もうすっかりおなじみになった、トップスの上にキャミを重ね着するスタイル。シンプルな無地コーデにメリハリをつけたり、ボトムと合わせてセットアップ風に着こなしたりするスタイルは、ここ最近幅広い年代の女性から支持されてきました。一枚でも着られる着回し力も人気の理由。

 

「服の上にキャミソールを着ることがどうオシャレなのか、誰か説明して欲しい」43歳・歯科医

「ランジェリーと名前がついたものを堂々と見せて着られると、女性らしさを感じられなくなってしまう」41歳・飲食店経営

「いっそTシャツを脱いで一枚で着た方が、絶対男性受けします」38歳・広告代理店

 

服のラインナップが少ない男性にとって、服を着る順番が変わることはそうそうないからか、下着のように見えるものを上から着ることに抵抗がある様子。着こなし方によっては可愛いという意見もありましたが、こちらもどちらかというと大人の女性が着るには若すぎる印象とのことなので、着ない方が無難です。

 

以上、いかがだったでしょうか。

女性からしてみると「もう、すでに持ってる」「欲しいと思ってた」アイテムがランクインしているので、読んでいてドキっとした人も多いのでは? これらのアイテムは、一人でファッションを心ゆくまで楽しむ日か、女性だけの集まりの時に活用して、男性とのデートやみんなで集まる日だけ避ければOK。痛いアイテムは人によっても変わるので、自分が気になる人がいたら軽くヒアリングしてみるのもオススメです。

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

お菓子以外!「センスいい手土産」おすすめ6選【オトナの手土産#10】

好きな食べ物や飲み物を持ち寄って楽しむギャザリングや女子会などに呼ばれたら、ちょっと気のきいた一品を持っていきたいところ。今回は、お酒を飲まないゲストやがっつり食べたいときの、ごはん系・揚げ物系の手土…

お菓子以外で選ぶ、おかず手土産のオススメ5選【オトナの手土産#09】

好きな食べ物や飲み物を持ち寄って楽しむギャザリングや女子会などに呼ばれたら、ちょっと気のきいた一品を持っていきたいところ。今回は、ワインを楽しむパーティーで持っていきたい、ワインによく合うおつまみをご…

売り切れ御免!東京が誇る有名店をご紹介 「和菓子手みやげの極意」【オトナの手土産#08】

手みやげといえばスイーツを思い浮かべる人も多いはず。日もちのする焼き菓子やその場で食べたい和菓子など、そのときどきのシチュエーションに合わせて選ぶのもだいご味です。女性の心をつかむ最旬の美スイーツを集…

ホームパーティーでも視線を集める!オシャレな「ぷるぷるスイーツ最前線」【オトナの手土産#07】

手みやげといえばスイーツを思い浮かべる人も多いはず。日もちのする焼き菓子やその場で食べたい和菓子など、そのときどきのシチュエーションに合わせて選ぶのもだいご味です。女性の心をつかむ最旬の美スイーツを集…

「40代からのダイエット」を成功させる、5つの習慣 ─大事なのはボディライン─

薄着になってくる季節は、やっぱりボディのことが気になるもの。プヨプヨのお腹、下がり始めたヒップや太ももなど、下半身の衰えが加速する40代。脂肪と重力って……。とはいえ、40代からダイエットはただ痩せればいい…

日持ちするのがうれしい。人気の「焼き菓子」6選【オトナの手土産#06】

手みやげといえばスイーツを思い浮かべる人も多いはず。日もちのする焼き菓子やその場で食べたい和菓子など、そのときどきのシチュエーションに合わせて選ぶのもだいご味です。女性の心をつかむ最旬の美スイーツを集…

更年期とセックスレスは関係アリ?この先50年も愉しんで【100人の更年期#8】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。今回は、夫婦関係をテー…

「センスいい」と言われる、チョコスイーツ8選【オトナの手土産#05】 

手みやげといえばスイーツを思い浮かべる人も多いはず。日もちのする焼き菓子やその場で食べたい和菓子など、そのときどきのシチュエーションに合わせて選ぶのもだいご味です。女性の心をつかむ最旬の美スイーツを集…

これは気がきく!「ひとくちスイーツ」4選【オトナの手土産#04】 

手みやげといえばスイーツを思い浮かべる人も多いはず。日もちのする焼き菓子やその場で食べたい和菓子など、そのときどきのシチュエーションに合わせて選ぶのもだいご味です。女性の心をつかむ最旬の美スイーツを集…

一流ホテル限定!  大切な人に贈る、極上スイーツ3選【オトナの手土産#03】 

手みやげといえばスイーツを思い浮かべる人も多いはず。日もちのする焼き菓子やその場で食べたい和菓子など、そのときどきのシチュエーションに合わせて選ぶのもだいご味です。女性の心をつかむ最旬の美スイーツを集…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事