「しんす」ではありません。「躱す」の読み方、知っていますか?

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「躱す」です。

「躱す」の読み方は?

読めそうで読めない「躱」。私が初めて「躱す」を目にしたときは、「躱」に含まれる「身」から推測して「しんす」「みす」と読んでみたのですが、もちろんそれは不正解。「躱」の読みには「身」の読みである「シン」「み」は含まれていません。

「躱す」の意味を知ると、すんなりと読み方が思い浮かぶかもしれません。

「躱す」の意味は

1 ぶつからないように身を翻して避ける。
2 巧みに避けて逃れる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

です。例文には「身を躱す」「鋭い追及を躱す」などが挙げられます。ぜひ「躱す」の意味を読み返しながら、例文を口に出して読んでみてください。

正解は……

「かわす」です。

「身(み・みへん)」の難読漢字に挑戦!

「躱す」以外にも、部首「身(み・みへん)」がつく漢字には読めそうで読めないものがあります。日本漢字能力検定1級に値する漢字ばかりなので、難しいかもしれませんが、中には意外と馴染みのある言葉も……?!

  • 躬ら
  • 軈て

それぞれ意味は

  • 社会生活に必要な生活習慣を身につけさせること
  • 自分で、自分自身で
  • そのうちに、まもなく、じきに

を表します。一般的に「躾」と「軈て」はひらがなで表されることが多く、「躬ら」は日常で「躬」を見かけることはほぼなく、一般的には「自ら」と表されます。

正解は……

  • しつけ
  • みずから
  • やがて

です。

 

★他の問題にもチャレンジ!

こたえは>>>こちら

■【編集部からアンケート】足りない?貯まらない?あなたのチョコッとした「お金の悩み」を教えてください!→→回答はこちらから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク