英会話を勉強したいけど時間がないから、話し相手になる「レッスンポッド」と暮らしてみた

「もっと英会話を勉強しておけばよかった」「英会話教室に通おうかな」。海外旅行に行くたびに、いつも感じていること。おひとりさまの海外旅行、カタコトの英語力・ボディランゲージ・その場の勢いでなんとか乗り切ってきているが、もっとちゃんと話せたらいいのにと、もどかしく思うことがある。

帰国直後は、英会話教室に通おうかと一瞬思うのだが、定期的に教室へ通う時間を確保できる自信がなく……。早い話が、忙しいことを理由に伸ばし伸ばしにしてきた。

 

「レッスンポッド」って?

そんなとき紹介してもらったのが、「レッスンポッド」。自宅で一緒に暮らしながら英会話のレッスンをしてくれるんですって。え、レッスンポッドっていう名前の人と同棲するってこと!? 嫁入り前なのに!

いえいえ、人ではありません。レッスンポッドは、自宅で、ひとりで、英会話レッスンができるデジタル英会話学習機なのだとか。へぇ、面白そう!!

レッスンポッドに話しかけると英語の発音をチェックしてくれたり、逆にレスポンが話す英語をヒアリングできるかをチェックできたりするという。おうちでレッスンポッドが英会話の先生をやってくれるという感じだろうか。

忙しくて英会話教室に通う時間がない、出かけるのがちょっとめんどうというズボラ人間にはピッタリかもしれない。ということで、レッスンポッドを話し相手に暮らしながら、おうちで英会話レッスンを始めてみることにした。

 

さっそくレッスンポッドを出してみた


レッスンポッドを箱から出してみた。手のひらサイズでコンパクト、コロンとしたフォルムがかわいい。充電式なのでコードレスの状態であちこち持ち運べる。置く場所に困らず、いいですね!

 


後ろにある電源を押してみると「スイッチ、オン!」と子供のような可愛らしい声がして、目のLEDが点灯。目が白く点灯しているときが、スタンバイの状態。なんか癒される! ペットを飼った気分だわ!

「Hello」と言うと「Good afternoon」と返してくれた。

続けて「What time is it?」と話しかけると「OK、It’s three, thirty-five,pm」と答えてくれる。

さらに「What day is it?」と曜日を尋ねると「Today is Saturday」と答えてくれたりする。

でもこっちの発音が悪いと、曜日を尋ねているのに「Hi!」とまったく関係ない言葉を返してくる。

こんな簡単な英語でも、ちゃんと発音できてないんだな……。

 

英語クイズをやってみた

「レッスンポッド!」と話しかけたら「Hi, What’s Up!」と答えてくれる。まずはテキストなしでできる英会話レッスン『英語クイズ』をやってみることにする。

スタンバイ状態のレッスンポッドの頭にタッチをして「クイズ」と話しかけると「クイズですね」と言う。これで英語の発音聞き分けゲームができる。レッスンポッドが英語でだすクイズに答えるというもの。

ちなみに『英語クイズ』では、日本の自然や歴史、料理、和製英語など、会話が広がるトピックの英語がクイズを通じて学べるらしい。クイズに正解すると「correct!」と言ってくれるが、間違うと「not correct」

さらに発音が悪くてレッスンポッドが聞き取れないと「Pardon me」「ごめんなさい、もう一度言ってくれませんか」などと言われてしまう。レッスンポッド、ごめんなのはこっちだよ、私の英語がヘタクソだから聞き取れないんだね……。

 

付属のテキストは3種類

付属のテキストが3種類ある。黄色の『発音レッスン』、赤の『実用会話ライブラリー』、青の『文法レッスン』の3つ。表紙のレッスンポッドのイラストも可愛い!

発音レッスンをやってみた!

手始めに黄色のテキスト『発音レッスン』のLesson1からやってみた。日本人が苦手としている発音時の舌の位置なども図と文章で詳しく書かれている。なるほど、わかりやすい。

スタンバイ状態のレッスンポッドの頭をタッチして「はつおん」と話しかけてみる。

 

レッスンポッドの目が青色になり「発音レッスンですね。よければYesというか、僕の頭をタッチしてください。違うならもう一度教えてください」と言ってくる。レッスンポッドは、しゃべっているときは目のLEDが青色になるようだ。

「Yes」と答え、始めるテキストのLesson番号を。「レッスンいち」と伝えたら、発音レッスンがスタートする。レッスンポッドがお手本として言う英単語を、マネして発音していく形式だ。

 

黄色のテキストに書いてあるレッスンのポイントを自分でしっかり読んだのち、レッスンポッドの頭をタッチ。レッスンポッドも、簡単なポイントを言ってくれる。

 

 

そして発音判定。「今回は判定しますので、発音をよく意識してください」。レッスンポッドに続いて英単語を発音すると、それを瞬時に判定してくれる。

ここで注意なのは、自分が声を出すときはレッスンポッドの目が「緑色」になっているかどうか。緑色のときは音声を認識してくれるが、青色や黄色のときは認識してくれないのだ。

発音がいいと「Excellent!」「Great!」と言われ。ちょっとテンションが上がる。

しかし発音が悪いと「Ummm,Try again!」などと言われ、もう一度チャレンジ。

 

お風呂でも使える!「はんぷく」レッスンしてみた!

防水仕様があり、お風呂でも使えるらしいのでバスタイムもレスポンと一緒に過ごしてみた。テキストはさすがに防水ではないので、テキストなしでできる勉強を。

「はんぷく」と伝えると「はんぷくレッスンですね。よければタッチしてください」と言われる。レッスンポッドの頭をタッチするとき、ちょっと手が濡れていても防水だから大丈夫ということですね!

はんぷくレッスンでは、基本フレーズ「Are you from Japan?」をhe、they、Mr.Smithなどに置き換えた場合どう言うかを答える。ちゃんと答えられていればレッスンポッドが正解を言ってくれるが、まちがっていたり発音が悪かったりすると「Pardon me」と言われる。けっこう細かく聞き取るんだなー。

 

レッスンポッドと暮らしてみて

とりあえず3日間、レッスンポッドと暮らしてみた率直な感想をあげてみよう。

1.見た目が可愛い。一人暮らしなのでペットを飼ったような気分。

2.自宅でいつでも英会話レッスンできる。忙しい&ズボラ人間には便利。

3.ちょっと時間があいたとき、すぐ英会話レッスンできるのがいい。

4.けっこう正確な発音を求められるので英会話学習がかなり上達しそう。

5.防水仕様なので、お風呂でも使える。キッチンで料理するときもいいかも。

6.キュートな声も可愛い。(でも、イケメン声とか選べたらいいな・笑)

7.英会話が毎日続けられる気がする!

 

 

もうちょっと使ってみるとまた違う感想が出てくると思うので、とりあえずしばらくレッスンポッドと「おうち英会話ライフ」を続けてみようと思う! その経過は、また来月ご報告します!

 

デジタル英会話学習機 Lesson Pod http://lessonpod.casio.jp/

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CULTUREに関する最新記事