独断と偏見!勝手に「TVドラマ」アワード【2017年1-3月期編】

気がつけば、3月も残すところあと1週間。1月スタートのドラマも、次々に最終回を迎えているわね。ついこの間始まったような気がするのに……時の流れが速すぎて怖い!

というわけで今回は、なかなか豊作だった2017年1-3月期のドラマから、完全な独断と偏見で、アタシなりにベスト作品を2本だけ選んでみたわ!

何もかもが素晴らしすぎた『カルテット』

前回のコラムでも触れたけど、アタシにとって、今期のベストドラマは、なんといっても『カルテット』。キャラクター設定、やりとりの面白さ、小ネタや伏線のちりばめ方とその回収の仕方、役者さんたちの演技、エンディングのかっこよさ、映像の美しさ。何もかも素晴らしくて、「ドラマのTBS」と、そのTBSで初めて連ドラ脚本を手がけた坂元裕二さんの本気を見た感じ。

あと、全体的に不穏な雰囲気が漂い、毎回ラスト数分であっと驚くような出来事が待っているものの、蓋を開けてみれば、殺人とか大きな犯罪がらみのことはほとんど起こらず、必ず肩透かしをくらう――という展開もよかったわ。ほかのドラマだったら、「思わせぶりなネタでひっぱりやがってッ」とイライラするところだけど、『カルテット』に関しては、ラストでぶっこまれるネタにも(ただ興味をひっぱるためだけに入れられたわけではなく)ちゃんと意味があったせいか、まったく腹が立たず、その「揺さぶられ感」を楽しむことができたのよね。

一方で、視聴率自体はさほど伸びず、「作品の質」や「話題性」と「視聴率」の問題を、あらためて浮き彫りにした『カルテット』。これがドラマの制作現場に、どう影響を与えるのか……。もしかしたら今後、日本のドラマ史を語る際には、「カルテット以前」「カルテット以後」という表現が使われるかもしれないわね(大げさ?)。

山田孝之×テレ東は最強? 『山田孝之のカンヌ映画祭』

「ドラマ」と言っていいかわからないけど、毎週楽しみで仕方なかったのが、この番組。内容は「山田孝之が『カンヌ映画祭で賞を獲りたい』と言いだし、映画づくりに乗り出す」というものなんだけど、次々に無茶なことを言いだす山田くんの鬼畜っぷりと、周りの人たちの振り回されっぷりが素晴らしかったわ。

突然「漫画家の長尾謙一郎さんに描いてもらったイメージイラストだけを基に、(台本なしで)撮りたい」と言われ、戸惑うスタッフたち。首を吊る練習をさせられたり、即興で歌いながらセリフを言わされたりしたあげく、「歌がイマイチ」という理由で降板させられた村上淳。「本物感を出したいので、ちゃんとヌードになってほしい」と迫られ、迷った挙句降板した長澤まさみ(しかし流れで、『山田孝之のカンヌ映画祭』のナレーションを担当)。そして何より、受験勉強で忙しい中、方々ひっぱりまわされたり、「蛇にかまれてほしい」と言われたりしても文句ひとついわず、女優魂を見せまくった芦田愛菜。

おそらくこの番組、「思いつきで現場をひっかきまわすプロデューサー」を皮肉った完全なフィクションなんだろうけど、ドキュメンタリーのテイをとっている(そして、なまじ山田くんの演技が上手い)だけに、「山田孝之ってヤバくない?」と本気で思ってしまう視聴者もいそう。そんなリスクを承知のうえで、こういう番組を作ってしまう山田くんは、やっぱり面白くて素敵。これからもアタシ、山田孝之×テレビ東京の番組は追い続けるわ!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

イケメン好きは要チェック! 演歌界の貴公子・山内惠介の魅力とは

イケメンはオトナ女性にとってひとつの癒やし。きっと“マイ癒やしイケメ”ンがいらっしゃるかたも多いことでしょう。そして今、注目していただきたいイケメンがいます。演歌…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

「タラレバ」おばさん予備軍に、40代のアタシからご忠告よ!

2月も半ばにさしかかり、1月スタートのドラマもそろそろ中盤を迎えるわね。ちなみにアタシは今期、恋愛がらみのドラマでは、『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の丁寧さ、役者さんたちの演技の上手さ、エン…

清水富美加の出家騒動。追い詰められて「逃げ出す」のはアリかナシか?

2月頭から、体調不良を理由にすべての仕事をドタキャンし、12日、直筆のFAXで、いきなり「芸能界を引退し、新興宗教『幸福の科学』に出家する」と表明した、女優の清水富美加。その後も、17日に幸福の科学出版から、…

「タラレバ」おばさん予備軍に、40代のアタシからご忠告よ!

2月も半ばにさしかかり、1月スタートのドラマもそろそろ中盤を迎えるわね。ちなみにアタシは今期、恋愛がらみのドラマでは、『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系、月曜21時)、『カルテット』(TBS系、火…

スキャンダル、「許される人」と「許されない人」がいるのはどうして? byエスムラルダ

先週、当時17歳の女子高生アイドルとの淫行疑惑が報道され、芸能活動を当面自粛すると発表した、狩野英孝。「交際当初は22歳と聞かされていた」「野性のカンで10代だとわかった」といった、記者会見での迷言とか、「…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食指が動かず、2話分くらい逃しちまったんだ…

羽生結弦、フィギュア界の完璧プリンス エスムラルダのイケメン調べ 第12回

中学1年生のとき、ノービス*でありながら、全日本ジュニア選手権で3位に。2010年の世界ジュニア選手権では優勝を果たし、シニアに上がってからも、2014年のソチオリンピック世界選手権優勝、全日本選手権グランプリ…

SMAP 解散までの活動もツンデレ! エスムラルダのイケメン調べ

1988年4月にグループを結成。1991年9月にCDデビューし、1994年、「Hey Hey おおきに毎度あり」で、初のオリコン1位を獲得。以後、数々のヒット曲を世に送り出し、冠番組は軒並み高視聴率を記録。メンバーはそれぞれ…

菅田将暉 オネエNo.1人気の役は? エスムラルダのイケメン調べ・第10回

2008年、「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリスト12人に選出され、翌年、ドラマ『仮面ライダーW』で俳優としてデビュー。以後、ドラマや映画、CMへの出演を重ね、演技力に対する評価もうな…

斎藤工・日本一エロい俳優 エスムラルダのイケメン調べ第9回

高校生の頃からモデルとして雑誌、ショーなどで活動し、2001年に俳優としてデビュー。以後、『海猿』『八重の桜』など、数々の映画やドラマに出演し、2014年、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、ヒロインと不倫…

三代目JSB 登坂広臣・岩田剛典ほか エスムラルダのイケメン調べ 第8回 

2010年、「VOCAL BATTLE AUDITION2~夢を持った若者達へ~」に参加し、合格。三代目 J Soul Brothersのボーカルとして活躍する一方、2014年には映画『ホットロード』で俳優デビューし、日本アカデミー賞の新人俳優…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CULTUREに関する最新記事