コンサバもナチュラルすぎも「老け見え」!40代のベースメイク3つの注意点

春に季節が変わって来れば、メイクも変えたくなるもの。ファッションが変わるわけですから、ふさわしい春の顔にも変えていくべきです。口紅などのポイントメイクで春を楽しむこともいいけれど、肌から春を感じさせることもアラフォーにはおすすめです。

そこで春からベースメイクを見直してみませんか?そのためのステップをご紹介します。アラフォーだからこそ、見直すべきものがベースメイクなのです。

 

コンサバすぎもナチュラルすぎもNG

 

確かに10代や20代のみずみずしくハリのある肌は懐かしいと感じることもあるでしょうし、羨ましいと思うこともあるでしょう。しかしながら若すぎる肌はメイクが不要というよりもこなせない肌でもあります。メイクはある意味、大人の特権なのです。

 

さて、40代のベースメイク。コンサバすぎるメイクはきちんと見えるかもしれませんが、老け込んで見えるということが起こります。メイクの経験度や熟成した知識があると、つい正統派になりがちですが、きちんとし過ぎると、ヘタしたら50代に見えてしまいます。

また「ナチュラル派」を標榜し、BBクリームやCCクリームだけにするというのも休日ならいいですが、ビジネスのシーンでは品格が足りないと思われてしまいます。「手抜きな人」「マナーができてない人」「T.P.Oで臨機応変できない人」ととらえられてしまいます。また、長時間のビジネスシーンにおいては、シミやシワ、肌の乾燥もあらわになってしまいます。

 

40代からは肌にも「洗練」が欲しい

40代からのベースメイクのキーワードは「洗練」です。いかにもファンデーションで整えています、というベースメイクは春という季節にふさわしくありません。また、若々しく見せたいからといってナチュラルすぎたり、カジュアルすぎると、中年見えする乾いた肌質や、ガサツ感がでて、逆にオバサン化させるリスクも高くなってしまいます。

 

どの年代になっても日本女性の肌の繊細さや美しさはそのままでも洗練を引き出せるポテンシャルを秘めています。つまり世界基準で誇れる肌を生かし切ることも、40代にとっては重要なポイントなのです。

 

1.メイク下地は使い分けも大事

40代から悩み始めるのはメイクのノリの悪さです。肌が乾燥していく、また皮脂のバランスが崩れるということで、ベースメイクの仕上がりに不満を持つことも増えてしまいます。乾燥も嫌だし、皮脂浮きも困った問題です。

 

現在は肌への密着度が高い優秀なファンデーションが多く出回っていますが、40代からは「メイク下地」も絶対忘れてはいけません。肌の質感に自然なツヤを与え、トーンアップしてくれます。また、皮脂が浮きやすいパーツと乾燥しやすいパーツを使い分けると、よりいいでしょう。

 

また、くすみなどカバーしたい場合はコントロールカラー効果のあるメイク下地を使うこともいい方法です。意外と不要に思えるメイクアイテムが頼りになり始めることもアラフォーの肌。サポート的なメイクアイテムに実力を発揮してもらいましょう。

 

なおメイク下地を使ったら、なじんでくれるまでファンデーションは待ってあげてください。肌にきちんとなじませてからでなければ、いくら優秀で頼りになるメイク下地でも崩れていく原因になってしまいます。スキンケアと同じようになじませることがコツです。

 

2.ツヤとマットのバランスを重視する

 

「ゴージャスな男性たちを次々とモノにし続ける女性たちはテカリという概念を持たず、ツヤ肌を追求したベースメイクを選んでいる」と、とあるメイクアップアーティストが発言しています。確かに思い浮かべると、彼女たちの肌はつやつやというよりテカテカかも……。

 

せっかく心沸き立つ春ですから、ツヤ肌メイクを加えてもいいでしょう。ただしリアルな場所では過剰なツヤ肌メイクは好感度が低いですし、現実にそばにいる男性たちにはなかったりします。好感度と男ウケを考えるならツヤとマットのバランスを取ることです。

 

理想を言えば、頬にはツヤがあり、額から鼻はほどほどにマット、ではないでしょうか。メイク下地で整えてから、ファンデーションを重ね、皮脂でテカらせたくないパーツにはフェイスパウダーを重ねておくことが最も簡単な仕上げ方です。

 

なおチークはパウダータイプで乗せていくより、クリームタイプかスティック状の油分を含んだものだとツヤ感ある頬にキープできます。しかし洗練がキーワードになるアラフォーは「ちょっと薄すぎるかな?」くらいがほどよいチークの色加減です。

 

3.肌の「アラ」を隠しすぎない

シミ、そばかすを鏡で発見すると、年齢を実感するという方も少なくありません。だからファンデーションを厚塗りする?コンシーラーで必死に隠す?それはすでにオバサンの発想です。あまりに肌の「アラ」を隠しすぎると、軽やかな春の装いに似合いません。

 

すでに今ある肌の「アラ」を塗り固めて隠す発想そのものがオバサンと心得てもいいほどです。確かに目立つシミやそばかすは気になるでしょう。とはいえその肌の「アラ」を隠すことに必死になって、肌の質感をオバサン化させることのほうが好ましくないのです。

 

大きく目立つ場合はコンシーラーを使うこともおすすめではありますが、それもほどほどにする方が圧倒的に春の装いに似合うベースメイクになります。またアラフォーからのベースメイクのキーワード「洗練」は軽やかさをまとうことでもあるのです。

 

のっぺりしたマネキンの肌ではなく、しっとりした質感とかろやかさ、そこに透明感を与えるように整えたベースメイクなら、春にふさわしく、またアラフォーの「洗練」も生み出してくれます。分厚いコートを脱ぐようにベースメイクも軽くしてみませんか。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事