【クイズ】CBDCって何の略だか言える?意外に知らない!

お札もデジタル化するというニュースで聞こえてきたのがCBDC。

「CBDC」は何の略でしょう。

 

現金をまったく使わない日がやってくる?

答えは「Central Bank Digital Currencyです。

「CBDC」は「Central Bank Digital Currency」の略。日本語では「中央銀行デジタル通貨」といいます。

現在、各国の中央銀行は、1年365日、1日24時間、だれでも使える支払決済手段として、銀行券を提供しています。世の中のデジタル化が進み、決済方法もデジタル化が進んでいる現在、銀行券のデジタル化も検討されています。もっとも、民間銀行の預金や資金仲介に影響を及ぼすことが予想され、多くの国は導入に慎重な姿勢を見せています。もちろん、日本の中央銀行である日本銀行(日銀)でもまだ議論の域を出ず、具体的な計画を出していません。

なお、日銀によれば、CBDCは(1)デジタル化されていること、(2)円などの法定通貨建てであること、(3)中央銀行の債務として発行されること、の3つを満たしているものとのこと。

古くは手渡しだった毎月の給与が、現在はほとんど銀行振り込みに。また、近年ではクレジットカードをはじめとするさまざまなキャッシュレス決済の方法が増え、現金を持たない人も増加中。もしお札がデジタル化されてしまったら、わたしたちの生活はどのように変わるのでしょうか。まだ想像もつきませんが、いずれはそんな日が来るのかもしれません。

参考:中央銀行デジタル通貨とは何ですか?(日本銀行)

 

★こちらの問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

■【編集部からアンケート】足りない?貯まらない?あなたのチョコッとした「お金の悩み」を教えてください!→→回答はこちらから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク