「ねたむ」とも読めますが……「嫉む」の読み方、知っていますか?

2021.06.16 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「嫉む」です。

「嫉む」の読み方は?

「ねたむ」と読んでももちろん正解です

ちなみに「ねたむ」は漢字で「妬む」とも表すことができます。そんな「嫉む」には、「ねたむ」以外の読みがあります。なお調べてみたところ、正解の読みのほうが「ねたむ」に比べて“憎みうらむ気持ちが強い”ともありました。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「そねむ」です。

「嫉む(そねむ)」とは

他人の幸せや長所をうらやみねたむ。嫉妬(しっと)する。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

なお「ねたむ(妬む・嫉む)」と調べてみると

1 他人が自分よりすぐれている状態をうらやましく思って憎む。ねたましく思う。そねむ。
2 男女間のことで嫉妬(しっと)する。やきもちをやく。
3 腹を立てる。恨み嘆く。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

とありました。「そねむ」も「ねたむ」も「うらやみ憎む」という意味は共通しています。

漢字表記としては「妬」のほうが一般的です。日本漢字能力検定が運営する「漢字ペディア」を見てみると、「妬」と「嫉」の読みはそれぞれ

【妬】

  • 音読み ト
  • 訓読み ねた(む)(常用漢字表外)そね(む)・や(く)

【嫉】

  • 音読み シツ
  • 訓読み(常用漢字表外)ねた(む)・そね(む)・にく(む)

とあります。「ねたむ」「そねむ」だけに着目した場合、「妬」で“常用漢字表”に含まれていないのは「そね(む)」のみですが、「嫉」の場合は「ねたむ」も「そねむ」も常用漢字表に含まれていない「表外漢字」として示されています

常用漢字表に含まれていない漢字は、新聞や報道、公の機関が作成した文書などで使用されません。あまり「嫉む」に馴染みがないように感じられるのはそのためでしょう。

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>答えはこちら

■【編集部より】オリンピックの推し選手教えて!

あなたがいま気になる!見てる!応援してる選手を編集部に教えてください!

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク