「えんぐ」ではありません。「鬩ぐ」の読み方、知っていますか?

2021.08.03 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「鬩ぐ」です。

「鬩ぐ」の読み方は?

「鬩」は決して日常生活でよく見かける漢字とはいえません。ただ、「鬩ぐ」や「鬩」を用いた表現は、一度は耳にしたことがあるはずです。

なお「鬩ぐ」を「えんぐ」と読んだ人もいるのではないでしょうか。確かに“死者の生前の罪を裁き、罰するという地獄の王。(出典元:エンマ|言葉|漢字ペディア)”を表す「閻魔(えんま)」の「閻」に「鬩ぐ」の「鬩」はよく似ていますが、よ〜く見ると部首も異なります。

  • 「閻」の部首 門(もん・もんがまえ)
  • 「鬩」の部首 鬥(とうがまえ・たたかいがまえ)

「鬩ぐ」は

1 互いに憎み争う。
2 責め苦しめる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

読み方はわかりましたか?

正解は……

「せめぐ」です。

「鬩ぐ」だと聞き馴染みが薄いかもしれませんが、例文に挙げられている「与野党が鬩ぎ合う」のように「鬩ぎ合う」と表されると、聞いたことがある人も増えるのではないでしょうか。「鬩ぎ合う」は“互いに争う。対立して争う。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”を意味します。

ちなみに「鬩」は「せめ(ぐ)」の他に、音読みで「ゲキ・ケキ」と読みますが、先で間違いやすい漢字として紹介した「閻」の読みは音読みの「エン」のみです。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

 

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク