「きょうい」ではありません。「忝い」の読み方、知っていますか?

2021.08.06 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「忝い」です。

「忝い」の読み方は?

「添加」などの「添」と共通した部分があることから、「忝」を「テン」と読んだ人もいるのではないでしょうか。確かに「忝」の音読みは「テン」です。とはいえ「忝い」の読みは「てんい」ではありません。

時代劇などの台詞で耳にすることがあると思うのですが、現代でこの表現を使っている人に出会う機会は少ない気がします。

「忝い」の読みは「〇〇〇〇〇い」とひらがな5文字が入ります。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「かたじけない」です。

「忝い」は

1 もったいない。恐れ多い。
2 身に受けた恩恵などに対して、感謝の念でいっぱいであるさま。身にすぎて、ありがたい。
3 恥ずかしい。面目ない。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

『実用日本語表現辞典』によると、感謝の意を表す言葉である「忝い」の語源は諸説あるものの、「難し気無し」や「勝たじ気甚し」などが挙げられます。

「忝い」の類語表現も合わせてご紹介します。相手に謝意を伝える場合には「ありがとうございます」「感謝します」の他「恩に着る」などが挙げられます。また恐縮していることを表す場合には「とんでもない」「恐れ多い」「赤面の至り」「汗顔(かんがん)の至り」などが挙げられます。

いくつかの表現は「忝い」と同じくらい武士のような表現に感じられるかもしれませんが、ぜひ謝意を伝える場面で使ってみてください。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

 

■【編集部より】
あなたの「お家費」って、手取りの30%に収まっていますか?

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク