結婚相談所で現実を目の当たりに。最後の最後に見つけた埼玉のラスト・サムライ【オトナ婚/第7話(後編)】

2021.08.07 LIFE

40代以降で結婚した人=オトナ婚の経験者にインタビューするシリーズ第7回目は、41歳で結婚したコユキさんです。

 

どこで彼と出会ったの?

彼はどんな人?

どうしたら結婚できたの?

 

などなど、気になるオトナ婚の実態に、ライターのミナト薫(47歳)が迫ります。

 

>>前編から読む連載一覧

 

背水の陣で飛び込んだ結婚相談所。そこにも苦難の道が・・・

遂に結婚相談所の門を叩いたのですね。ずばり結婚相談所はどうでした? コユキさんの条件に合う人はすぐ現れましたか?

 

「気合を入れて入会した相談所でしたが、ここでも心を折られることばかりでした(笑)。最大のネックはやっぱり私の年齢ですよね。40歳だと先方の条件にほぼ当てはまりません。いくら、『私は40歳までこんなに仕事を頑張ってきました。こんな成果を出しました』と言っても、当たり前ですがな〜んの評価もされないんですよ。結婚には仕事のキャリアは関係ないんだな、ということを思い知らされ、一時期は本当に落ち込みました」

 

はぁ。わかりみが深すぎて、私も一緒に落ち込んじゃいそうです(笑)。でも、そんなコユキさんも一発逆転できたんですもんね!

 

「ついに東京エリアには、私の条件に合う人がいなくなり、埼玉まで目を向けることにしました(笑)。もちろん埼玉がダメということでは全然ないですよ! 私も地方出身なので、東京にこだわるつもりはなかったんですが、結婚後も仕事を続けるとしたら東京在住の男性がいいかな、と当初思っていたんです。でもそんなことも言ってられないとなり、埼玉まで範囲を広げて、出会ったのが今の結婚相手です」

 

東京在住という条件ではマッチする人がいなくなり、エリアを変更されたんですね。すべて「条件」で絞られていく結婚相談所の厳しさが身につまされます。

 

引っ張るタイプではないけれど、いつも尊重してくれる彼

 

「彼は、私より2つ年上で、お母さんと二人暮らしでした。お父さんはすでに亡くなっていて、お母さんと同居しながら家から程近い地元の会社に勤めていたんです。埼玉といっても都市部からは離れているエリアだったので、ほとんど東京に来ることはなく、地元から出ることもあまりなかったそうです」

 

地元密着タイプの彼と、東京ライフをエンジョイしているコユキさん、最初から惹かれあったんですか?

 

「ぶっちゃけ、最初私はあんまりでした(笑) 特に印象に残らなかったというか。彼は物静かだし、話もあまり弾まないし。とにかく主張しない人なんですよ。夢中になっているような趣味もないし。結婚に関しても『自分の母親と同居してくれてもいいし、イヤならしなくてもいい』『コユキさんが仕事続けたいなら続ければいいし、辞めたいなら辞めてもいい』と。すべてこんな感じで(笑)」

 

あらら。コユキさんの性格上「はっきりしてよ!」ってなっちゃいそうですが。

 

「ふふふ。そうですよね。もちろん最初は『自分の意思がない、つまらない人』と思いましたが、そこは私も勉強してきましたから。すぐにお断りすることはせず、しばらくやり取りを続けることにしました。同時に、姉や友人たちにも相談したんです。そしたら、『コユキの自由にさせてくれるなんて、いい人じゃん!』とか『たしかに決断力はなさそうだけど、束縛男よりよっぽどいい』と、意外にも肯定的な意見が出てきて。そうか、と思って彼を見ていると、そんなに気にならなくなってきたんです。たとえば、彼が一生懸命考えてきたデートプランなのに、私が『そこじゃなくて、ここに行きませんか』というと、『いいですね、そっちにしましょう』とイヤな顔せずに変更してくれる。普通、自分のプランを否定されたらちょっとムカつきますよね? でも彼は全然そんなことなくて。それでだんだん、性格は正反対だけど彼と私は相性がいいのかも、と思うようになりました。

 

母親と住んでいるというのも、マザコンとかそういうのではなく、結婚の予定がないからただ住んでいるだけ、というだけなのもわかったし。そうすると『親思いのいい人だな』となるし。派手なケンカや修羅場を迎えることもなく、そこからはとんとん拍子でしたね。知り合って2ヶ月でめでたく結婚相談所を卒業して、その半年後に結婚しました」

 

ゆくゆくは会社を辞めて彼の地元に移住したい

 

おめでとうございます! 37歳から足掛け4年間、一生懸命婚活をしてきたかいがありましたね! それで今は、どちらに住んでいるんですか? まさかお義母様と同居?

 

「今は私がまだ仕事を続けているので、東京と彼の実家の中間くらい位置する街に二人で住んでいます。実は、ゆくゆくは彼の地元に住めたらいいな、と思っているんですよ。お義母さんと同居するか、近居にするかはまだ決めていませんが。私ももともと田舎育ちだったので、自然豊かな彼の地元がすごく気に入ったんです。今は休日のたびに彼の地元に行って、近くの山をハイキングしたりお義母さんと一緒に家庭菜園をしたりして過ごしています。歳のせいですかね、そういう過ごし方が自分でもしっくりするようになっちゃって。20代〜30代で東京の刺激的な生活は十分楽しんだから、そろそろ自然豊かな場所に住んでゆっくり過ごすのもありかな、と今は思っています」

 

「今まで仕事を頑張ってきたのはなんだったの!? 年齢が若いだけが偉いの!?」と自暴自棄になりかけたこともある、と話してくれたコユキさん。でもそうやって、仕事をがむしゃらにやってきた時代があるからこそ、今の平穏な生活を心の底から楽しめるのだそう。

 

 

人生無駄なことなんてないですよね。たくさんの経験をしてきたから人だけが見られる景色ってあるんだな、と学ばせてもらったミナトでした。

 

 

コユキさんからのメッセージ

①聞きたくないようなアドバイスにも耳を傾けるべき

②悩んだ時は身内や友人に相談する

③合わない部分があってもひとまず付き合ってみる

 

 

あなたのオトナ婚体験を聞かせてください!→こちらから

 

 

>>ほかのオトナ婚も読んでみる

10年超の愛人生活にピリオド!ミチコが47歳で結婚した「すぐそばにいたヒト」とは?
&nbsp

■離婚経験者の方、いちばん大変だったことを聞かせてください

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
編集者・ライター ミナト薫

スポンサーリンク

スポンサーリンク