誰にでも「似合うデニム」はある!あなたの【お尻の形】別デニムの選び方

2021.08.23 FASHION

こんにちは!普段はアパレル販売員をしているイラストレーターのはやまです。

 

皆さんは自分のヒップの形を気にしたことがありますか? そういえば最近、なんだかヒップが垂れてきたとか、若い頃に履いていたデニムが似合わなくなったなぁ…とか、嘆いたり疑問に思ったことがあるのでは?

 

そこで今回は、ヒップ形別・似合うデニムの紹介を個人的見解ですが語ります。

 

理想的な美尻・アヒルヒップ

ヒップが立体的でトップの位置が高い、理想的な形の「アヒルヒップ」。そんな理想的な美尻さんには どんなデニムも合いますが、一番ヒップラインが出る「スキニー」をチョイスしてみましょう。

 

秋冬コーデにはトップスはざっくりとしたボリュームのあるニットやブラウスなど、タイトな下半身のシルエットに対してメリハリの出るものを持ってくるとオシャレになります。

 

太ももとの境目がない・洋梨ヒップ

ヒップのボリュームがあるけど、トップの位置が低めで下部が横に広がり、太ももとの境目がない「洋梨ヒップ」。日本人女性で一番多いタイプの形です。

 

そんな洋梨さんにはハイウエストで腰回りがしっかりフィットしているデザインの「ハイウエストストレート」がオススメです。

 

個人的な好みですが、デニムの中でもリーバイス701がオススメです。701はハイウエストで腰回りがしっかりフィットするデザインで、ヒップトップから下は比較的に緩やかになっていますので、ボリュームのあるヒップを女性らしいラインを出してくれるデニムです。

 

そんなハイウエストストレートデニムに合うトップスは多数ありますが、シンプルにジャケットやシアー素材のタートルニットで合わせてみてはいかがでしょうか?

 

ヒップ全体がスクエアで垂れ下がっている・扁平ヒップ

洋梨ヒップがもっと垂れ下がり、骨盤が後傾気味で腰回りやわき腹にお肉が付きやすく、ヒップ全体がスクエアになっている「扁平ヒップ」。

 

そんな扁平さんにはデニムのシルエット自体にメリハリのある、「ハイウエストテーパード」がオススメです。必ずinできるトップスと合わせて、ウエストの位置を明確にするのがスタイルアップのコツです。

 

鍛えるのも必須、がんばった分だけスタイルアップします!

年をとるとヒップが下がってくるのは仕方ないと思っている方、実はいくつになってもヒップアップは可能なんです!

 

ヒップを鍛えると自然に姿勢が良くなり、同時にくびれが出来ます。しかも脚が長く見えバストアップにも効果があります。

 

年齢に関係なく頑張った分だけ応えてくれるので、この機にお尻を鍛えてみてはいかがでしょうか? 足腰が強くなって健康的に過ごせますよ。

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
イラストレーター はやまさん

スポンサーリンク

スポンサーリンク