ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

 

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。

そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。

この心理的技法を使って相手との距離を縮めることができます。曖昧な関係性に終止符を打ちたい方は、ぜひお役立てください。

 

「曖昧な関係」とは

いつも一緒にいるのに、つき合っているのか、つき合っていないのかわからない男女の関係性だったり、自分は単なる仲良しの友達でいるつもりだったのに、相手は交際しているつもりだった、とかいうケース、ありますよね。

また、仲のいい友達だった相手をある瞬間から異性として意識するようになってしまった、など、男女の間ではこのようなややこしいことがしばしば起きます。

この曖昧な関係性の中で右往左往して悩むのは、できるだけ避けたいものですね。

 

ではこの関係性の中で共通する「好き」という感情に注目してみましょう。この「ライクとラブ」の違いって一体なんでしょうか。

 

 

ライクとラブの違いって?

「ライク」は尊敬や単純な好意、親近感に代表される身近な感情です。

つまり、相手に対して単純に「この人、いい人だなぁ」と感じたり、自分と似ているところがあるなと思って、好感を持ったり、この人は尊敬できるな、などの嫉妬を挟まない感情です。

対してラブはもっとヘビーです。好きという感情に、独占したい、誰にもとられたくないという気持ちや、嫉妬、依存、自己犠牲など複雑なキーワードが絡んできます。

つまり、相手なしでは生きていけないと思ったり、自分だけのものにしたいと思ったり、相手のためならどんなことでもできる、など、深くて情熱的な感情がポイントです。

 

心理学者ジャック・ルービンは実際のカップルを対象に「ライクとラブ」の調査をしました。その実験からも「ライク=好意」と「ラブ=恋愛」は全く別のものであるということがわかりました。

面白いことに、男性の場合は、相手の女性が友達から、恋愛対象に変わることがあるのに対して、女性の場合は最初から友情と恋愛をはっきり分けて考えているということがわかりました。あなたも思い当たりませんか?

 

ライクからラブへのテクニック

ライクという対象ではなく、ラブの対象になれたらいいのに、と望む人は多いのではないでしょうか。

そこで役に立つのがアハ体験です(英語の間投詞ahaから。『なるほど、そうか!』の意味からネーミングされています)。

アハ体験とは、何かにじっくり取りかかる過程を経てから、心にストンと納得できる瞬間を味わうことや、「やった!」と達成感を感じられる体験のことです。

つまりアハ体験は、仕事、スポーツ、音楽、恋愛、発明など、問題解決を積極的に行わなければならないような、さまざまな場面でもたらされる感動体験と言えます。

 

一緒にアハ体験をすると…

アハ体験の瞬間は、人の脳内の神経細胞が、一斉に活性化されます。脳がパアッと輝きだしてフル回転する感覚です。

この原理を使って、男女関係において相手との距離をグッと縮めることができるのです。

つまり、

 

一緒に仕事の企画を試行錯誤しながら成し遂げたり、

スポーツで汗を流して楽しんだり、

婚活の料理教室に参加したり、

映画や音楽などの趣味で意気投合したり、

 

ある一定の過程を一緒に過ごすことで、「やっとできた!」「なるほど!」「やった!」「そうだったのか!」というアハ体験を共有し、一緒に相手と感動を味わうのです。

すると自然とお互いの距離が近くなって、男性が自分を恋愛対象として見てくれるきっかけになる確率が高まるのです。

 

恋愛で、「もう一押し!」と思っているあなた、このアハ体験のテクニックを使わない手はないですよね!

積極的に恋愛に関わっていこうとするあなたにも、これから頑張ってみようかなぁ〜と思っているあなたにも、おすすめの心理テクニックです。

これを使って意中の彼との進展を計りましょう!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

CA直伝「3つのS」を心がけるだけで驚くほどモテる?

高度約一万メートルという特殊な環境で、VIPから子どもまでまんべんなく接客するCAたち。気力・体力・サービス精神は不可欠ですが、訓練中に徹底的に教えこまれる「3つのS…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

かわいい年下男子に好きと思われる4つのアプローチ

20代や30代の男性にとって、年上の女性の振る舞いは意外と目につくものです。「この人いいな」と思われる女性の共通点は、そのときに応じた「気づかい」があること。同じ世…

ずっと大切にされる秘訣。夫が 「手放したくない」と思う妻の特徴5つ

結婚したばかりの頃は、まだラブラブだった二人。でも、子どもが生まれるなど環境が変わっていくと、いつの間にか関心も恋心も薄くなってしまって・・・。その一方で、いつ…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気を読むことを止めれば、人生が面白く回り出…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事