ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

スポンサーリンク

 

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。

そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。

この心理的技法を使って相手との距離を縮めることができます。曖昧な関係性に終止符を打ちたい方は、ぜひお役立てください。

 

「曖昧な関係」とは

いつも一緒にいるのに、つき合っているのか、つき合っていないのかわからない男女の関係性だったり、自分は単なる仲良しの友達でいるつもりだったのに、相手は交際しているつもりだった、とかいうケース、ありますよね。

また、仲のいい友達だった相手をある瞬間から異性として意識するようになってしまった、など、男女の間ではこのようなややこしいことがしばしば起きます。

この曖昧な関係性の中で右往左往して悩むのは、できるだけ避けたいものですね。

 

ではこの関係性の中で共通する「好き」という感情に注目してみましょう。この「ライクとラブ」の違いって一体なんでしょうか。

 

 

ライクとラブの違いって?

「ライク」は尊敬や単純な好意、親近感に代表される身近な感情です。

つまり、相手に対して単純に「この人、いい人だなぁ」と感じたり、自分と似ているところがあるなと思って、好感を持ったり、この人は尊敬できるな、などの嫉妬を挟まない感情です。

対してラブはもっとヘビーです。好きという感情に、独占したい、誰にもとられたくないという気持ちや、嫉妬、依存、自己犠牲など複雑なキーワードが絡んできます。

つまり、相手なしでは生きていけないと思ったり、自分だけのものにしたいと思ったり、相手のためならどんなことでもできる、など、深くて情熱的な感情がポイントです。

 

心理学者ジャック・ルービンは実際のカップルを対象に「ライクとラブ」の調査をしました。その実験からも「ライク=好意」と「ラブ=恋愛」は全く別のものであるということがわかりました。

面白いことに、男性の場合は、相手の女性が友達から、恋愛対象に変わることがあるのに対して、女性の場合は最初から友情と恋愛をはっきり分けて考えているということがわかりました。あなたも思い当たりませんか?

 

ライクからラブへのテクニック

ライクという対象ではなく、ラブの対象になれたらいいのに、と望む人は多いのではないでしょうか。

そこで役に立つのがアハ体験です(英語の間投詞ahaから。『なるほど、そうか!』の意味からネーミングされています)。

アハ体験とは、何かにじっくり取りかかる過程を経てから、心にストンと納得できる瞬間を味わうことや、「やった!」と達成感を感じられる体験のことです。

つまりアハ体験は、仕事、スポーツ、音楽、恋愛、発明など、問題解決を積極的に行わなければならないような、さまざまな場面でもたらされる感動体験と言えます。

 

一緒にアハ体験をすると…

アハ体験の瞬間は、人の脳内の神経細胞が、一斉に活性化されます。脳がパアッと輝きだしてフル回転する感覚です。

この原理を使って、男女関係において相手との距離をグッと縮めることができるのです。

つまり、

 

一緒に仕事の企画を試行錯誤しながら成し遂げたり、

スポーツで汗を流して楽しんだり、

婚活の料理教室に参加したり、

映画や音楽などの趣味で意気投合したり、

 

ある一定の過程を一緒に過ごすことで、「やっとできた!」「なるほど!」「やった!」「そうだったのか!」というアハ体験を共有し、一緒に相手と感動を味わうのです。

すると自然とお互いの距離が近くなって、男性が自分を恋愛対象として見てくれるきっかけになる確率が高まるのです。

 

恋愛で、「もう一押し!」と思っているあなた、このアハ体験のテクニックを使わない手はないですよね!

積極的に恋愛に関わっていこうとするあなたにも、これから頑張ってみようかなぁ〜と思っているあなたにも、おすすめの心理テクニックです。

これを使って意中の彼との進展を計りましょう!

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

岡部愛の最新記事

LOVEに関する最新記事