それやっちゃダメ!オバ肌診断テスト&対策テクニック

スポンサーリンク

アラフォーともなると、年々お肌悩みが増えて困ってしまいます。いつまでも若々しくいたいと思っていても、どうもお肌に活力がない…なんてことはありませんか?

今回は「オバ肌診断テスト」と題して、皆さんのオバ肌度をチェックしてもらいたいと思います。

 

■早速、“オバ肌”診断テストをスタート!

では、最初に以下の質問に答えてください。

 

□  クレンジングをするとき、汚れをしっかり洗いたくて力が入っている

□  笑っているはずなのに、口角が下がっている

□  就寝時間が0時を過ぎる

□  運動不足

□  猫背である

□  デスクでパソコン作業をしている時間が長い

□  肩や首が常にこっている

□  枕の高さは高めが好き

□  座る時に、いつも足を組んでいる

□  食事をする時に片側だけで噛む癖がある

 

いかがでしたか?「Yes」の項目はいくつあったでしょうか。これらの質問に対して3つ以上「Yes」だった人は、オバ肌になりやすい傾向があります。

それでは、それぞれの項目に対して解説&対策テクニックをご紹介します。

 

■正しいスキンケアができていないパターン

「間違ったクレンジング」「口角が下がっている」などの人は、正しいスキンケアができていない可能性が高いです。お肌に刺激を与えてしまうとシミ・シワ・くすみ・たるみの原因となり、老けた印象に見られてしまいます。

最近のクレンジング料・洗顔料は洗浄力が高く力を入れなくても汚れは落とせます。温泉旅館などで、洗顔は優しく丁寧なのにタオルで水分を拭く時にタオルで顔をゴシゴシしている人を時折見かけますが、タオルも皮膚に刺激を与えやすいので、水分をオフする時はお肌の上に乗せるだけでOKです。

 

■生活サイクルが乱れているパターン

「運動不足」「就寝時間が0時を過ぎる」という人は、生活サイクルの見直しを。夜10時~深夜2時の間は成長ホルモンによる新陳代謝が活発になるという研究結果から、「10時までに寝ましょう」という人もいますが、10時に就寝はあまり現実的ではありません。

でも、0時までに寝るようなタイムスケジュールであれば、実現可能性は高いと思います。「できるだけその日のうちに寝て、翌朝早起きする」。この好循環で毎日暮らせるようにトライしてみてください。

 

■姿勢が悪いパターン

「猫背」「長時間同じ姿勢で仕事をしている」などの状態が続くと、血流やリンパの流れが滞りやすくなり、筋肉にコリを感じやすくなります。「肩や首が常にこっている」のは血行不良が原因の場合があります。血行不良は万病のもと。もちろんお肌のためにもよくありません。姿勢が悪いと顔のたるみやほうれい線にシワができるなど、老け顔印象になりやすくもなります。

適度な運動を取り入れる、気づいた時にストレッチをするなど全身の筋肉をほぐし、血行促進し筋肉の柔軟性をアップさせましょう。

 

■左右のバランスが悪いパターン

「枕の高さは高めが好き」「食事の時片側だけで食べる」「座っている時に足を組む」と、体の左右のバランスが崩れやすくなります。左右のバランスが整っていないと、身体自体が自然と左右のバランスを取ろうとして、半身の血行を悪くしたりむくませたりいろんなことが起こります。

時々、鏡に向かって正面に立ち自分の顔をよく観察してみてください。左右が綺麗に対照的になっている人は少ないのですが、大きく左右差がある人はオバ肌一直線です。食事をする時、椅子に座る時、カバンを持つ時、何気なく同じ側で処理してしまっていることがある人は左右均等に使うようにしましょう。

 

「いつまでもキレイでいたい!」と思ってスキンケアアイテムを格上げしても、なかなか効果が実感できない…そんな人は上記に当てはまっている可能性が大!姿勢やライフスタイルを見直して若肌を手に入れましょう。

コラムニスト/美容コーディネーター

高橋果内子

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高橋果内子の最新記事

BEAUTYに関する最新記事