日焼け止めの使い始め、使い終わりは何月?

アラフォーになってくると、真剣に考え始めていくのは「肌の若さの貯金は可能になのかどうか」ということではないでしょうか。現実としてこの「肌の若さ」貯金は難しいといえますが、ある程度は可能でもあります。そのキモになるのはUV対策!

紫外線と肌の老化の関係をお話するとともに、肝心な対策はいつからすべきなのかもお教えします。ほんの少しの対策で「肌の若さ貯金」は可能です。

肌の若さを貯金したい!じゃあ紫外線対策はいつからする?

オバ肌へのスピードを加速させるのは紫外線

つややかなブロンズ肌は本人の個性にハマっていればゴージャスでセクシー。美白文化が強力ともいえる日本であっても、この真実は変わりません。しかしブロンズ肌をナチュラルに実現する紫外線は肌の老化を加速させる大きな要因でもあります。

 

紫外線の95%を占めるUV-Aは肌内部のコラーゲン組織をズタズタにし、シワやたるみの原因。またシミを目立たせるという厄介なものでもあります。5%を占めるUV-Bは肌表面を脅かし、日焼けを起こし、シミやそばかすを作る原因です。

 

無造作に紫外線を浴び続ければ、肌は内部からも表面も同時に大きなダメージを蓄積し続け、老化は加速します。いわゆる「光老化」が起こって、じわじわと肌の若さを奪っていくというわけです。最悪の場合は皮膚ガンを起こすリスクも抱えています。

 

もしもアラフォーから「肌の若さ貯金」を実行するとすれば、現実的なのが紫外線対策です。緩やかに肌の若さを奪っていくということを踏まえて、うまく避けていけばかなり若さを貯金させることができます。そのためにUVカット剤は必需品です。

 

春はすでに紫外線の威力は増している

重く寒い冬が去っていくと、心地いい暖かさと柔らかな日差しにあふれた春がきます。しかし春がやってくるということは紫外線が強くなってきたということでもあるのです。まだ大丈夫、という油断は紫外線を無造作に肌に直射させてしまいます。

 

まだSPFやPAの数値が高いものを使う必要はありませんし、ファッションのコーディネイトのためという意味でなければ日傘も不要ですが、UVカット剤は使うタイミングを迎えていると心得ましょう。すでに肌の若さを奪っていく紫外線は強くなっているのです。

 

オバ肌になるスピードを緩めるためにUVカット剤をこのシーズンから使い始めることが、先々の肌の若々しさを守りつつ、「光老化」の脅威からも遠ざけてくれます。また皮膚がんのリスクもぐっと下げてくれるというメリットもあるのです。

 

なお元祖スーパーモデルともいえるリンダ・エヴァンジェリスタは自らの美の秘訣について

 

「自分でも驚くほどUVカット剤を使う。UVカット剤は本当に惜しみなく使っている。でも太陽はケチケチ浴びること。これが秘訣」

 

と語っています。確かに美しくあることが仕事でもある彼女はこっそり美容医療に頼っているかもしれませんが、50代でも若々しい肌をキープしているという事実からも、説得力があるのではないではないでしょうか。

 

4月半ばからUVカット剤を使っても早すぎない

肝心なUVカット剤を使い始める時期ですが、4月半ばからでも早くはありません。むしろまだ気候が安定していなくても、紫外線が強くなっていることは事実です。むしろ油断しやすいこの時期で「肌の若さ貯金」が減っていくリスクを抱えています。

 

基本的に美容は毎日の習慣で結果を出していくもの。春先ともいえる4月半ばから紫外線対策の一環として、UVカット剤を使う習慣を自分にプラスしていくほうが、紫外線の強さが本格化する前にスキンケアの中に組み込めるのでおすすめです。

 

習慣化しているスキンケアはなんとなく行うことができます。意外と紫外線のオフシーズンだと思いやすい4月半ばであっても、自分にはオフシーズンではないと思うくらいのほうが「肌の若さ貯金」のためには効果的です。

 

すっぴんで過ごすという日であっても、顔だけにはUVカット剤を使う習慣をつけておきましょう。肌に紫外線のダメージを蓄積させないことは、オバ肌を避けるために欠かすことはできません。美白目的より肌の若さキープを念頭に置きましょう。

 

神経質になりすぎず、うまく紫外線を防ぐ

紫外線は確かに肌の老化を加速させる原因です。しかしながらあまりにも神経質になるのは、ストレスになってしまいますよね。また「食事で充分に日光を浴びることで生成されるビタミンDは摂取できる」とはいえ紫外線(UV-B)を10分浴びたときには敵いません。

 

あまりにも必死になりすぎて紫外線対策をストレスに感じていれば、だんだん面倒になってやる気そのものをなくしてしまいます。すると紫外線対策を放棄し、美白ケアとエイジングケアで充分、となりかねません。しかし紫外線対策で守るほうが効果的なのです。

 

4月の段階ではUVカット効果を備えているファンデーションだけ、という形でも充分に紫外線対策はできています。まず紫外線対策を簡単にするという習慣を組み込んでいくことを「肌の若さ貯金」として行っていきましょう。

 

すでにゴールデンウイークも始まりつつあります。この時期はまさしく紫外線対策の開幕です。またアラフォーなら「肌の若さ貯金」を開始しはじめる時期としても最適。今日からでも紫外線対策をストレスにしないように始めていきましょう。

 

紫外線対策で肌の若さを貯金するための3つの鉄則

 

1.紫外線は肌の表面も内部もダメージを蓄積させると心得る。

2.4月半ばでもUVカット剤導入は早くない。

3.美白ケアより、エイジングケアより、紫外線からのガードでオバ肌化を防げる。

 

緩くてもいいですから、紫外線対策をこの時期からプラスしていきましょう。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

「限界レシピ」40代がコンビニ食材だけで作った!真夜中でもOK、思い立って5分

ネットで最近よく見るタグ、「限界レシピ」をご存知ですか? もともとは若い女の子の間で流行ったお金をかけずメイクを済ませる「限界コスメ」というキーワードでしたが、それが料理系に進出したのが「限界レシピ」…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事