輝く肌の40代が実践する「下地メイク」3ポイント【変身王子】

スポンサーリンク

こんにちは、「変身王子」こと、ヘアメイクアーティスト・美容師のTommyです。アタシは日ごろからヘアメイクを通して40代女性の外見と内面、両方の美のお手伝いをさせていただいています。

みなさん! 下地ってちゃんと使い方を教わったことはありますか? そして、下地の意味を分かっていますか?

下地はメイクのくっつきを良くする役目もありますが、プラス、メイクを落としやすくするベース作りでもあるんですよ。今日は3つの「下地」のポイントをお伝えします。

 

1・下地は「キワ」がポイント

下地を目の瞼のキワや、粘膜の手前、小鼻の溝の所、口角のキワまでしっかりつけていますか?

ココまでつける事により、アイラインや濃いシャドーの色素沈着や、ファンデーションの落とし残しなど、日々蓄積されていくブスの元をなくすことができます。

下地がちゃんとついていると、直接肌に色味がつかないので、眼周り、口角、小鼻がクスむ事もなく、尚且つ優しい力でメイクを落とす事ができるの!
ターンオーバって肌と肌の摩擦が増えると早まって、古い角質がちゃんと剥がれないまま次の肌を生成してしまうの。結果、肌がちゃんと生え替わらないから、綺麗に生まれかわらないんです。メイクを落とすときの優しい力の積み重ねが、ターンオーバを整えてくれるので、メイクをしても綺麗になっていくんです。

 

ケアってすごく難しく考えがちですが、そういうちょっとした所をケアできる人がワンランク上の素敵な女性なんだと思います。

 

2・ファンデーションは凹凸を意識して

 

ファンデーションをつけるときに全て同じようにつけていませんか? ファンデーションにもいろんな種類がありますが、基本は両目の眉尻から、顎先に線を引いた三角形ゾーンだけつければ大丈夫です。

 

残りの生え際、あごまわりなどは、三角形ゾーンにつけたものを残りの所に伸ばしていく感覚で大丈夫です。これで自然と顔に立体感が生まれます。プラス、顎から首にかけての色の境目も出にくくなるので、綺麗にしているのに、ナチュラル感を出す事ができる。そして、厚塗りをしていないから素肌感や、透明感も出しやすいです。

 

ワンランク上の技術も伝授しますね。

 

ファンデーションを自分の色と、それよりもワントーン〜ツートーン暗めな物を買って、暗めなファンデーションをノーズシャドーの所、生え際、アゴ周りに少しつけます(さきほどの説明では顔周りは薄くつけてますが!)。

暗めなものをつける、という表現ではなく、影をつけるという捉え方をしてください。

つけた後はしっかり馴染ませてね。Tゾーン、目尻から頬周りのCゾーンや顎先のハイライトの部分を残すようにぼかせば、ベースメイクの状態だけでハーフ顔や、クォーター顔のような骨格を作れますよ。

 

アタシの中で素敵な40代女性って、無駄な動きはせず、少ない所作で効率良く動き、素敵な空気や、セクシーなムードを作れるファムファタール(媚びない女)な女性のことだと思っています。

 

ただし、かっこよすぎてもダメです。媚びないけど、甘えれる女性でもないといけないと思います。

 

3・「コンシーラー」と「補色づかい」で仕上げ

 

ベースメイクだけで凹凸をつくり、まだメイクしていないのに少しメイクした風に整ったら。次に、コンシーラーを使います。
コンシーラーは、クマ隠し、ニキビ隠し、小鼻のくすみ、口角のくすみ、眉のハイライトなど。細かい事を言えばいっぱい使い所があります。なのに、みなさんは一つのコンシーラーだけでいろんなトラブルをカバーしていませんか?

顔は場所によって皮膚の暑さも違えば、色の発色も変わります。それに対して同じものを使ったら全てが同じになるでしょうか? TPOに合わせた、という言葉があるように、顔にもいろんなTPOがあります。

 

クマのタイプは2つある

クマにもいろんな種類がありますが、多いのが青グマと、黒グマ。

■青グマ

血流が悪化してできる。睡眠不足や目の疲れ、女性の場合は月経や冷え症、ホルモンバランスの乱れで血液循環が悪化してなりやすい。

■黒グマ
皮膚がたるむとその影響で影ができて、目の下が黒く見えやすくなります。また、目の周りの脂肪が生まれつき少ない人で、目の下がくぼんでいることで影ができるため黒ずんで見える人も。

どんな「補色」を選べばいい?

この二つを綺麗に見せる方法が補色づかい

アプリコットオレンジ系のコンシーラーや、赤系のコンシーラーを使うといいですよ。アタシのオススメはMIMCのコンシーラーです。

青や黒に明るいコンシーラーを使うと、青白く、グレーっぽく見えて逆にくすんで見えるので注意ですよ!

手元にコンシーラーがないなら

もし、手元にコンシーラーがない人は、赤系や、オレンジ系のリップをつけてあげても大丈夫ですよ! その後に少しファンデーションか、ベージュ系のコンシーラーをオン。ただし、リップはラメ入りではなく、マットでもない、保湿力のあるものがオススメです。クマをカバーしながら保湿できるのです。

クマ以外の、にきびやくすみには

にきびやくすみ、ハイライトに関しては、自分に似合う色と硬さのコンシーラーを使ってあげてください。

ただ、コンシーラーにも固さがあるので、スポットで使うときは少し固めな物を(ニキビなど)。 ハイライトや、口角などはリキッド系の物がオススメ!場所でも変わるので注意です。

 

 

こうやって、いろんな物をいろんな角度から見たり、使いこなせて、一つの事に囚われない人ってとても素敵だと思います! 恋愛もそうだと思います。場所によって物を変えたり、リップを使うなどのちょっとアレンジを加えたり。アタシの中で、メイクに絶対は無いと思っています! また、全ては顔につけるものだから、品質のいいものは他の所にも使えると思っています!

ヘア&メイクアップアーティスト

Tommy

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事