きれいな髪で新年を!40代が若見えしてスタイリングもラクなヘア厳選!

2021.12.17 BEAUTY

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。

でも、大人になるとクリスマスより、新しい年を健やかに過ごすことに重点を置くようになった人の方が多いのでは? 中にはこの季節しかカットしないアラフォー女性も多く、正月前の美容室はどこも予約でいっぱい。最近は年末営業を31日まで行う美容室が多くなっているほど。

つまりアラフォー女性にとってこの季節の美容室訪問は、とてつもなく重要な年末行事の一環なのです。絶対失敗したくないし、絶対キレイに仕上げたい。そんな意気込みを叶えるためにはどんなカットが好ましいのか。今回は実際のスタイルを参考にしながらご紹介させていただきます。

 

その1■美容院に行く頻度を増やす必要無し!の美人ヘア

働くアラフォー女性で最も人気の高いスタイルが「前上がりのショートボブ」。多忙な彼女たちにとて、手入れが楽できちんと感が出せるのが最大の魅力なのでしょう。でも、実際は小まめなメンテナンスが必要で、お財布に優しくないからと躊躇している人も多いのでは?

安心してください。襟足をギリギリまでカットして、顔まわりにレイヤーを入れた前上がりのショートボブなら問題ありません。襟足がすっごく短いので、最低でも3ヶ月はキープ可能。さらに前上がりボブは、サイドの短い髪が頬の位置を高く見せるため、リフトアップ効果もバッチリ。のびてきてもジャマにならず、お手入れも楽チン。

 

美人ヘア秘訣:ショートボブの場合

前上がりのショートボブで襟足はぐっと短めに

 

Stylist:NAOMI  安定感のあるシルエット。部分的に軽さもあって爽やかな印象。丸みのあるコロンとしたフォルムは、どの世代にもウケること間違いなし。

 

Stylist:NAOMI 毛先をシャープにすることで、ショートボブをエレガントな印象に。サイドの髪を耳にかけ、ピアスをチラ見せさせてレディ度アップ。

 

美人ヘアの秘訣:ミディアムの場合

毛先を厚めにカットしたひし形シルエットに

年に1回しかカットしない女性で、最もオーダーの多いスタイルがミディアム。誰でも無難に似合うし、ロングほど手入れに手間がかからないという発想ですよね。自分もズボラで見た目コンプレックス強めなので、その気持ちよーく分かります。そしてその考えも間違いなし。

ただし、ここで注意したいのがシルエット。安定感のある裾重めシルエットにしがちですが、これが大きな間違い。トップにボリュームの出にくくなるこの年齢。ローレイヤーにすると顔がのっぺりしてしまい、老けた印象を与えかねません。

レイヤーは高めに設定して、ひし形シルエットを心がけて。毛先にはデジキュアパーマを強めにかけておくとさらにGOOD。巻き髪のような質感がブロードライで作れて、しかも髪への負担もほぼなし。のびてきてアレンジしたときも、毛先にカールがついてるのでシャレた印象になります。

Stylist:加藤貴大 黒髪が重く見えないのも、ひし形シルエットの魅力の1つ。毛先のワンカールパーマは、デジキュア対応なのでナチュラルでも長持ち。

 

Stylist:加藤貴大 前髪を厚めにカットしても、斜めに流しているので幼い印象はなし。ワンカールの毛先で顔全体を包み込み、小顔効果も発揮。

>>次ページ:パーマの必要無し!の美人ヘア

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク