「相手を批判するときの日本語」どうすれば正解?

「君、ちょっと言葉が過ぎはしないか」
もし、目上の人にそう言われたらどう感じますか? そうですね。たしなめている感じから察して、口の利き方がよくないと言われたのが分かりますよね。では「言葉が過ぎる」とはどういう意味でしょう。

 

「言葉が過ぎる」のOK・NG

度をこして言う。言ってはいけないことを言う。
(広辞苑第六版)

 

この「言葉が過ぎる」は、この例にもあるように、上の者が下の者に向かって「君は言葉が過ぎる」と諭す時に使う場合と、自分で自分を省みて「申し訳ございません。言葉が過ぎました」と述べる時に使う場合とがあります。

丁寧な言葉のように見えますが、例えば身内全般に使う言葉「申す」のように使えません。「言葉が過ぎる」は、身内であっても上の人には使えないのです。

 

身内という認識でも、上から下にしか使えない「言葉が過ぎる」

こんな場面を考えてみましょう。
あなたの同じ部署の先輩が、1つのプロジェクトチームを組んでいて、そこにあなたも入っているとします。そして、部署の上司にプロジェクトの進捗状況を説明するミーティングがあり、先輩はそこにあなたを同席させました。

上司の前では先輩もあなたも同じチームですよね。なので、もし、先輩が伝えていることがうまく上司に伝わらない場合、あなたが「○○(先輩の名字)が申し上げているのはこういうことなのです」のように話し、先輩に自分と対等の謙譲語である「申す」を使っても良いのです。

むしろここで尊敬語の「おっしゃる」はNGですよね。あなたが「○○(先輩の名字)がおっしゃっているのはこういうことなのです」のように使ってはいけません。

しかし「言葉が過ぎる」などのように、相手を否定する言葉は、身内でも使いません。

例えば同じ例で、先輩が上司に失礼な物の言い方をした時も「申し訳ございません。○○(先輩の名字)の言葉が過ぎまして」とは言えないのです。

逆に、あなたが出しゃばりすぎて、上司に謝罪する場合、先輩が部下のあなたのことをさして「申し訳ございません。○○(あなたの名字)の言葉が過ぎたようです」とは言えるのです。

 

素敵な日本語は使い方に注意

他にも同じような言葉があります。
例えば、「見当違い」のことを表現するのに、「心得違い」と言いますし、「考えが浅い」ことを「了見が狭い」とも言います。

子どもっぽい言い方とは違い、実に大人の、使い慣れた雰囲気を醸し出せますが、このような言葉は使う時に気をつけなければいけません。

心得違い

先ほどの例と同じように、身内でも目上の人には使わないのです。先輩が上司に対し、「部下が心得違いなことを申してすみません」と言えますが、自分は先輩のことを上司に話す時に「先輩の申していることは心得違いでして……」とは言えません。

了見が狭い

了見が狭いも同じです。考えが浅いという意味ですから、「私の了見が狭かったようです」と自分を落とす時には使えますし、上司が、自分の部下の「考えの浅さ」について「部下の了見が狭くて」とも言えます。ただ、同じ身内の中でも、先輩に関して「先輩の了見が狭くて」とは使わないのです。

 

このように、明らかに上の者から下の者へ何かを諭す時に使う言葉は、丁寧であるかどうかに関わらず、よほど偉くなってからでないと使えないとみておいた方がよさそうです。たとえ素敵な大人の言い回しだと感じても、身分をわきまえないと、それこそ、「心得違いだ」と言われかねませんね。

ただし、このような言い回しは、部下の為にビシっと注意をする時にはかなり効果的です。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「平常」の反対って言える?「異常」ではない!間違えやすい反対語3つ

何度目かの日本語ブーム到来ですね。日本語の誤用を題材にしたテレビ番組も始まりました。今日は反対語について、簡単なのに難しい、そんな反対語を3つ集めてみましたよ。1・平常の反対語は?答えB 非常解説「平常…

「ありがとう」の反対語わかる?「ごめんなさい」ではありません

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・受話器の反対語は?答えB 送話器解説「受話器」とは、電話でいうと、耳に当てる方。レシーバーともいいます。音声エネルギ…

「連続」の反対は…「持続」かな?言えそうで言えない反対ことば

知らないとは言わせません。今日は中学生までに習った反対語を3つ集めてみましたよ。1・連続の反対語は?答えB 断続解説「連続」という言葉、きちんと言葉で説明できますか? 「連続」とは、切れ目なく続くこと、続…

小家じゃない!「大家」の反対語って言える?意外と知らない日本語3選

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・インテリアの反対語は?答えB エクステリア解説インテリアとは、建物の内部や室内のこと。また、壁紙、床材、照明器具や家…

プラスの反対はマイナス。では「意外」の反対って何だかわかる?意外すぎる反対語3選

え?この言葉に反対語ってあったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・意外の反対語は?解説「意外」の反対語は「当然」です。なので「へー、意外だね」と言われたときに反対意見を言う場合「そうかな…

「腐っても鯛ですね!」この日本語はOK?NG?

生活の中で生まれた知恵などを言い伝える「ことわざ」。ところがTPOをきちんとわきまえないと、とんでもなく失礼になることも! 今日はそんなことわざを3つ選びましたよ。1・溺れる者は藁をもつかむ解説「溺れる者…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事