うっかり浴びた紫外線でも大丈夫!美白ケアの正解

なんとなく肌の色がくすんできた?…と鏡で思ったら、「うっかり日焼け」しているかもしれません。ここで慌てても、それだけでは肌色が元通りになりません。そのためには美白ケアを必要とします。

効率よく、さらに結果を出す正しいステップで美白ケアを実行すべきです。特にアラフォーなら肌に負担をかけない方法で行う必要が出てくるのです。シミやそばかすを防ぐためにも、正しく美白ケアをして、透明感ある素肌を守りましょう。

 

「うっかり日焼け」のうちに手を打つ

紫外線から肌を守ることが欠かせないことですが、やはり「うっかり日焼け」は起こりやすいもの。特にまだ日差しの強さを実感しにくい春ならなおさらです。実はこの時期に肌に紫外線のダメージを蓄積させ、「うっかり日焼け」にしやすいといえます。

 

つまり肌に残るダメージ…つまりシミやそばかすも、無意識に長く浴びていた紫外線による「うっかり日焼け」が繰り返されてきた結果でもあるのです。またこのタイプの日焼けは真夏でじりじりと日焼けしたときよりも、実感がわきにくいこともあります。

 

無意識の自覚しにくい日焼けが、肌のダメージをゆっくりと固定してしまうのです。シミやそばかすと言った紫外線からのダメージで起こる肌悩みは防御が正解ではあります。とはいえアラフォーで忙しい時期はつい忘れてしまうこともありますよね。

 

でも「うっかり日焼け」のうちに手を打っておけば、目に見えるダメージを回避できます。そのために有効なスキンケアは肌の働きを正常に保っておくことです。きちんとターンオーバーが働いていれば、肌に残る紫外線のダメージも起こりにくくなります。

 

肌を立て直して安定させる

少しでもヤケドをすれば傷みますし、肌が弱い方だと跡に残ったりしますよね。実は日焼けもこうしたヤケドと同じ状態にあります。たとえ痛みやヒリヒリのない軽いレベルでも肌に炎症が起きています。そのダメージの結果になるのが、シミやそばかすです。

 

自覚しにくい紫外線が起こす肌のダメージから回復させることが「うっかり日焼け」を肌に残さないために最初にすべきこととなります。日焼けをしたことは「うっかり」でも「がっちり」でも変わりはありません。静かに肌のダメージは進んでいます。

 

あまり実感はなくても、日焼けしているということはダメージを肌に与えています。肌を回復させるケアの基本は保湿。肌の色が落ち着くまでは保湿で肌の回復力をサポートしてあげましょう。特に日焼けしにくくさせるためにも、日中のスキンケアは保湿が鉄則です。

 

乾いた紙は燃えやすいですよね。肌も同じで、乾燥していればそれだけ紫外線にも刺激に揉む無防備です。また乾燥した分、肌は本来の回復力を失います。防御の意味でも、肌の働きを正常にさせるためにも、保湿でサポートさせる必要が出てくるのです。

 

美白化粧品での一発逆転を狙わない

化粧品は医薬品ではありません。つまりより良い状態に整えながら、肌の悩みをクリアさせるサポートをするもの。副作用が起こらない分、すぐさま結果が出るものでもないわけです。これは医薬部外品の美白化粧品でもおなじです。

 

つまり一発逆転で結果を出すものではなく、根気よく使い続けて結果が出るものだから、美白化粧品で元の肌色に整えつつ、シミやそばかすを増やさないように防いでいくということを念頭に使い続ける必要があると考えましょう。

 

UVカット剤で肌をガードしつつ、美白化粧品で肌色を戻すことが「うっかり日焼け」をなくしていくコツ。ゆっくり美白ケアを続けていけば納得のいく結果も出ますし、透明感のある素肌へと導かれていくという分けです。

 

余談ですが、日焼け直後や「うっかり日焼け」で肌がデリケートになっているときだと美白化粧品そのものが刺激になることもあります。年々進化する美白化粧品でケアを始める前には、かならず保湿で肌の状態を安定させてから…も鉄則だと覚えておいてください。

 

紫外線対策→肌の安定維持→美白ケアをルールに

毎日の忙しさに追われ、「うっかり日焼け」をした場合でも、ステップを踏まえて美白ケアを行っていれば、深刻な肌のダメージとして残りません。UVケアが鉄則とはいえ肌は適切なケアで回復します。気が付いたときからUVケアを始めてもかまいません。

 

すべてのベースとして紫外線対策、次に肌のコンディションを安定させつつ正常な働きを回復させること、そして根気よく美白化粧品でのケアを継続しましょう。自分の肌を守りつつ、その働きをサポートしていくことで、「うっかり日焼け」の対処ができます。

 

肌を紫外線で焼かないことを完璧に避けることは難しいのですが、サポートしていくことは可能です。大切なことは、油断しやすい「うっかり日焼け」を蓄積させて、固定化させないこと。紫外線で起こる肌のダメージの蓄積と固定化を避けることは可能です。

 

アラフォーで「うっかり日焼け」を避けていくことは、未来の透明感ある素肌を作るベースになります。肌の負担をかけないように美白ケアを継続しながら、「うっかり日焼け」してしまっても、回復させていくことが重要なのです。

 

「うっかり日焼け」の対処と美白ケアの正解は

 

1.肌のダメージを軽減させ、日焼けしにくい肌にするため保湿を欠かさない。

2.根気よく美白ケアを継続させる。

3.UVケアが最大の効果を発揮するから欠かさない。

4.紫外線で起こる肌のダメージを蓄積させず、固定化させないために、肌をサポートすることを念頭に置いたスキンケアを行う。

 

となります。

まだ春とはいえ充分な紫外線は降り注いでいます。うまく対処していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク