「かんすき」ではありません。「間隙」の読み方、知っていますか?

2021.11.30 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「間隙」です。

「間隙」の読み方は?

「間隙」が、「間」と「隙間(すきま)」などに用いられる「隙」で構成されていることから、その意味であれば、なんとなく読み取ることができるはずです。

「間隙」は

1 物と物との、あいだ。空間的・時間的すきま。
2 人間関係の隔たり。不和。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

しかし問題はその読み方です。「隙間」の「隙」の読みのように、「間隙」を「かんすき」と読んでしまうのは、残念ながら不正解。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「かんげき」です。

「隙」を「げき」と読むことに違和感を覚えた人がいるかもしれませんが、「隙」の読みは

  • 音読み ゲキ・ケキ
  • 訓読み すき(常用漢字表外)ひま

で、「ゲキ」は「隙」の音読みです。「隙」がつく言葉で、「ゲキ」と読むものには以下の言葉などが挙げられます。

  • 暇隙 カゲキ
  • 空隙 クウゲキ
  • 駒隙 クゲキ
  • 穴隙 ケツゲキ
  • 小隙 ショウゲキ
  • 寸隙 スンゲキ
  • 農隙 ノウゲキ
  • 隙駒 ゲキク

上記の言葉は「間隙」ほど目にする機会は少ないかと思いますが、本記事をきっかけに「隙」の音読みを思い出していただけると幸いです。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>>こちら

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク