ボリュームアップしたいなら。「部分的」パーマでピンポイントに解決【3例】

ぺたんとした前髪、トップのボリュームのなさなど。年齢とともに感じる、ヘアのボリュームダウン問題。そんな悩みにポイントパーマがオススメ。髪全体にパーマをかけるのではなく、気になる箇所のみにすることで、より集中的に悩みにアプローチできますよ。今回は人気サロンの美容師さんのコメントともに、部分パーマのスタイリング例をご紹介します。

 

視線を集めるふんわりとしたバングパーマ

顔が引き締まるようにサイドバングを長めに作った後、前髪のみワンカールのパーマをランダムにまき、動きをつける。

 

「ヘアオイルで全体にツヤを出した後、ワックスを揉み込んで、束感を演出。前髪はパーマがかかっているので、くしゃっとにぎるだけでOK。とても楽ちんです。もみあげを少し残してサイド部分を耳にかけることで、より前髪が主役のスタイリングに仕上がります」【担当/ワタヤキホさん(LIPPS 吉祥寺 nakamichi side) モデル/牛田英里さん】

 

すぎないボリューム感に落ち着く「毛先のみ」パーマ

頬骨にかかる位置で顔まわりをカットし、少し重さをつけたひし形シルエットに仕上げる。毛先のみに緩やかなパーマをかけることで、全体にボリュームが出すぎず、マッシュショートをやわらかい雰囲気に誘導。

 

「ヘアバタータイプのスタイリング剤を全体的に揉み込んだ後、軽めのスプレーでトップにボリュームを。女性らしいショートヘアスタイルにしたい人にオススメです」【担当/佐藤比香瑠さん(SHEA aoyama) モデル/門本葉月さん】

 

部分的「根元パーマ」でボリュームアップ

トップ&もみあげの根元部分(約3cm)のみパーマをかけ、髪が根元から立ち上がるようにアシスト。全体がひし形フォルムになるように意識することで、小顔効果も得られる。

 

「ヘアアイロンで外ハネのベースを作り、表面の髪の毛は平巻きにします。その後、ヘアオイルを全体になじませて完成。根元パーマで十分にボリューム感がでているので、オイルは軽めのものをさらっとつけるだけで大丈夫です」【担当/前坂美来乃さん(SHEA 青山) モデル/小竹ののかさん】

 

自分の悩みに合わせてパーマを部分的に取り入れることで、自身の髪質を生かしながらもボリュームをコントロールすることが可能に。一部分だけなので髪の毛が傷みにくいのも特徴です。毎日のスタイリングがラクになること間違いなし。ぜひ参考にしてみてください。

 

>>30代40代に似合う「オトナ髪」まだまだあります!

 

 

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク