オイルでもクリームでも、絶対にNGなクレンジング方法3つ

メイクをしたらクレンジングで落とす。これは毎日のことですよね。しかし肌の不調が起こりやすい悩みを抱えているなら、このクレンジングのステップで大きな間違いをしているのかもしれません。

どのクレンジング剤のタイプでも、使うステップであっても、絶対にNGなクレンジング方法3つを知っておきましょう。うっかり行っている可能性があります。本日からでも、3つに注意し、しっかり汚れとメイクを落としてみませんか。

 

この3つはクレンジング使いで絶対にNG

最近は「崩れにくい。でも洗顔料で落とせる」というコスメも増えています。しかし仕上がりなどを考えると、クレンジング剤で落とす必要があるタイプを選ぶ方も多いのではないでしょうか。またUVカット剤の多くもクレンジング剤が必要です。

 

そこで基本として知っておきたいNGなクレンジングの使い方をピックアップしておきましょう。

 

1.クレンジング剤の使用量をケチる。

2.マッサージクリームとしても使う。

3.落ちにくいメイクを素早く落とすために強引になじませる。

 

この3つがクレンジングのNGな使い方3つです。どのタイプのクレンジング剤でも同じですし、ダブル洗顔が必要不要であっても変わることはありません。

 

クレンジング剤をケチれば肌への負担は大きくなる

そもそもメイクコスメは油分で作られるものが多く、単なる洗顔だけで落とすことは難しいものです。「あぶらの汚れはあぶらで落とす」原理でクレンジング剤が多くの場合必要になります。つまり含まれている油分を油分で浮かせて落としていくわけ。

 

メイクを薄くしていても、現在のコスメの崩れにくく落ちにくいということを踏まえると、落とす際に使用するクレンジング剤の量を減らすのはNGになります。理由はクレンジング剤の使用量が少ないと、汚れを浮かせ憎くなって、肌を摩擦することになるからです。

 

肌への摩擦は大きな負担となり、ダメージを与えてしまいます。毎日のクレンジングで自分から肌トラブルの原因を作ることは好ましいとは言えませんよね。そのためにもクレンジング剤は多少多めにすることが汚れを浮かせ安く、肌にも負担をかけにくくします。

 

肌の表面から毛穴周り、肌のキメに入り込んでいる汚れやメイクを優しく浮かせるためにも、クレンジング剤の使用量はケチらないこと!肌の細かい部分に入り込んだものまで浮かせて落とすためにも必要なのです。

 

1.クレンジング剤の使用量をケチる。

 

これは使用感が良く、さらに白くなりにくいUVカット剤だけで済ませた日でも同じですから、しっかりクレンジング剤を惜しみなく使って落としましょう。

 

クレンジング剤とマッサージクリームは目的が違う

最近はマッサージクリームとしても使えるクレンジングクリームも登場しています。とはいえクレンジングする際にマッサージも行ってしまうというのは、肌に汚れを擦りつけているようなもの。つまり目的が異なるので同時に行うことはできません。

 

クレンジングはどんなタイプであっても、的確に汚れやメイクを落とすためにあります。しかしマッサージクリームは指先の動きを良くさせつつ、肌を乾燥させないことが目的です。つまりクレンジング剤では肌に必要な皮脂を取りすぎる危険もはらんでいます。

 

もしも現在、クレンジングクリームにも使用できるクレンジングクリームを使っているなら、まずクレンジングを済ませてから、化粧水で肌を整え、それから再度マッサージクリームとして使い、落としてから美容液や乳液・クリームとステップを重ねましょう。

 

汚れを落としつつ、マッサージができたら、確かに時短スキンケアは可能です。しかし肌に関しては好ましいといえません。特にアラフォーからのエイジングケアを考えていけば、必要な皮脂まで落とすのは逆効果です。

 

2.マッサージクリームとしても使う。

 

便利に思える機能性が備わっていても、目的や機能が異なっているものを合わせている場合は肌には逆効果になってしまいます。なおマッサージクリームとして他のもので代用するなら、フェイスオイルをおすすめします。

 

スピーディーに落としたくてもゴリゴリはダメ

クレンジングは肌に負担をかけずに、きちんと汚れやメイクをすっきり落とすことが目的です。できるだけ素早くきっちり落としたいから、早くなじませて…ということは美容に関心が高い方も、それほどではない方も同じでしょう。

 

でもNGになるのは、落ちにくいメイクを早く落としたいからと、強引になじませてしまうことです。強引になじませるということは、それだけ肌を摩擦しますし、肌の表面だけではなく、内部の毛細血管にも大きなダメージを与えることになりかねません。

 

クレンジングの際になじませるステップには、こすりつけてなじませるのではなく、撫でるようになじませること。これは通常のクレンジング剤だけではなく、アイメイクリムーバーでマスカラなどを落とすときも同じです。撫でるようになじませてもきちんと落ちます。

 

もちろん汚れやメイクを含んでいるクレンジング剤を落としきるときも同じことです。ついゴリゴリとなじませる癖があるなら、すぐにやめてください。アラフォーなら自分の肌をもっと労わるべきですし、優しく撫でるようであっても汚れやメイクは落ちてくれます。

 

そのため

 

3.落ちにくいメイクを素早く落とすために強引になじませる。

 

が最もNGなクレンジング方法だと言ってもいいですね。

 

肌に負担をかけずに、汚れやメイクを落とすために行うクレンジングなのですから、優しい方法で行ってあげましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク