ウクライナ「ある日突然日本が大阪を攻撃したようなものだ」とロシア人は言った

2022.02.27 WORK

日頃は更年期障害などの記事を扱うオトナサローネ編集部井一です。政治経済の媒体ではないのですが、ウクライナとロシアの戦況について、たまたまロシアにもウクライナにも友人がいるため強烈な心痛をもって日々SNSを見ています。

巻き込まれる民間人はもとより、亡くなっていく両国の兵士たちも誰かの息子であり、おそらくは父であり、夫でもあります。また、ロシア人らの「寝耳に水」という話からも、これは主語「ロシアの」戦争ではなく、「プーチンの」戦争だと感じています。

いまロシアに住む「ごく普通のロシア人」は何を考えているのか、話を聞きました。

 

*この記事は可能な限り迅速に現状をお伝えするため、専門家による査読を経ていません。また、特定の思想や立場に対する意見、表現が公平ではない可能性もあります。趣旨ご理解の上お読みください。

 

知る限りのロシア人が全員「こんな戦争、頭がおかしい」と思っている

――簡単に自己紹介をお願いします。

 

「モスクワに住む30代のプログラマーです。男性、独身で、もともとは黒海に近いロシア南部の出身です。日本のアニメやゲーム、音楽が大好きで、仲間たちと何度も日本を旅行しています。気志團のフェスに参加したり、首都圏外郭放水路を見に行ったり、大阪で食い倒れをしたりと、各地を回っています」

 

――ロシアのごく普通の市民のみんなはいま、この戦争についてどう感じていますか?

 

「ぼくが知っている限りの周囲のロシア人は全員madness、こんなの頭がおかしいと思っています。ただ、お年寄りの世代はテレビのプロパガンダの影響を強く受ける傾向があって、ウクライナが先に開戦したのだと信じています」

 

 

ルーブルの暴落が確定したロシアでは、みんな銀行に行列している

――いまモスクワはどうなっているんでしょうか、みんな平静?

 

「経済制裁の一環でSWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアが排除されるため、すでに明日月曜に市場が開くや否やルーブルが超絶暴落することが確定しています。なのでいまみんな自分の資産を防衛することでパニックになっています。ごめん、このチャットをしている時間も惜しい(笑)」

 

――防衛……具体的には?

 

「東京とモスクワは時差6時間、いま日曜の夕方16時ですが、すでに銀行やATMはじめ主だった窓口には長い行列ができています。ぼくは金を買って、あとドルと円を少し何とかしたいなと思っていますが、うまくいくかどうか」

 

――オンラインで買えるの?

 

「ここ数日インターネットがやたら重いので、あとは運ですね。たぶんプーチンが何か大きな粛清をしようとしているのではと思います。ロシアはいま世界的にSNSからもバンされつつあるため、ぼくはいまツイッターやテレグラム(一定の時間で内容が消去される秘匿性の高いSNS。ロシア開発のためロシア人の愛用者が多い)をVPN経由に切り替えました」

つづき>>>報道を見ていてもいまいちわからない…ウクライナとロシア「市民の目線から見た関係性」意外な真実とは?

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク