寝室のインテリアに「赤」はNG、その理由は?

みなさんは普段どんなお部屋や寝具で寝ていますか? 日中のお洋服やメイクほど、寝室のインテリや寝具、パジャマにこだわる人はいないのではないでしょうか?

実はぐっすりぐっすり眠れるためには、寝室のインテリアや寝具にもこだわってほしいポイントがあるのです。今回はそのことについてお話したいと思います。

 

「睡眠五感」が快適な空間作りのカギに

 

「快眠空間」づくりの基本として、「睡眠五感」という言葉があります。睡眠五感とは、光や色などの「視覚」、香りの「嗅覚」、音の「聴覚」、温湿度コントロールの「温熱感覚」、寝具の肌ざわりの「触覚」の5つをさします。

これらの5つの感覚を整えることで、健康とキレイを育む「快眠空間」ができあがるのです。特に、人が情報を得るうえで視覚は87%を占めるといわれており、光と色は、眠りを左右するとても重要な要素です。

 

就寝1時間前になったら、部屋の照明はやや暗めの暖色系にすることが快眠のための絶対条件。そして、カーテンやかけぶとんのカバー、カーペットなど、寝室内で視界に入りやすいアイテムはリラックスできる色で統一しましょう。

 

 

インテリアに赤は避けて

 

色彩は、私たちの体や心にさまざまな影響を与えていますが、意外と意識をしている人は少ないようです。

たとえば、赤い部屋に入ると、脈拍数や呼吸数が増えて暑く感じます。そして、短い時間でも長くいたように感じます。一方で、青い部屋に入ると、脈拍数や呼吸数が減って涼しく感じ、長い時間が短く感じられます。

また、同じコーヒーでも、茶色のカップに入れて出されると味が濃いと感じ、黄色だと薄いと感じるといった研究結果もあるのです。

どうしてこういうことが起こるのでしょうか? 私たちは色の情報を視覚で受け取ると、その色によって筋肉が緊張したり、ゆるんだりするからです。そしてこの筋肉の緊張度合いを数値化したところ、パステルカラーのようなやさしい色合いは、緊張の度合いが低くリラックスしていられる色彩で、赤色などのビビッドな色合いは緊張度が高いことがわかりました。

 

 

寝室にはリラックスできる色を

 

寝室は、1日のたまった疲れを最大限に癒す場所。ぜひ、リラックスできる色合いのものを選びましょう。白系が好きな人はアイボリーや薄いベージュ、黒系が好きな人は薄めのグレーやブルーなどがおすすめです。

もし色に迷ったら、薄いピンクを試してみて。お母さんの子宮の中にいた頃を思い出し、心が安らぐといわれています。実際、米国の刑務所で壁をピンクに塗りかえたところ、囚人たちが一様におとなしくなったという報告もあるほど。看護師さんたちのナース服も、最近は薄いピンクが増えましたよね。

 

暑い夏は薄めのブルー、気持ちが高ぶりやすい人はやさしいグリーンなど、季節や自分の状態によってリラックスカラーを寝室にとり入れてみてください。睡眠空間を、寝るためだけの場所ではなく、自分をいたわるセラピー効果のある「快眠空間」へと変えていきましょう。

睡眠変えたら、人生変わった。「ちゃんと」休めば今の悩みは9割解決する

忙しさを言い訳にするのはもう終わり。
そろそろ“ちゃんと”休みませんか?こころと体が整う40の「正しい」休み方。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

頭を冷やして寝るといいらしい?快眠のプロが教える「ぐっすり寝る方法」とは!

「猫みたいにぐっすり眠りたい!」……睡眠に悩むストレスフルな女性に朗報です。”1万人を眠らせた快眠セラピスト”として名高い三橋美穂さんが、『ニャンともぐっすり眠れる…

お家でカンタン花粉症対策。たった7mm「小指に〇〇」貼るだけで!

花粉症の皆様、対策、準備はできていますか?花粉症の原因は自律神経のバランスの乱れ。生活習慣の見直しを毎日欠かさず行うことで、症状を軽減できます。・・・・・・それ…

春眠暁を覚えず!?スッキリ目覚めて動ける4ステップ!

昔から「春眠暁を覚えず」などといいますが、暖かな心地よさの裏返しか、微妙に眠気が残ってスッキリ起きられない……そんな朝におすすめのアイテムや、ユニークな目覚まし方…

知ってた? 仕事帰りのコンビニが「眠り」に絶対にダメなワケ

会社帰りなど帰宅途中に、特に目的はないけれどふらっとコンビニに立ち寄るという習慣をお持ちの人、多いのではないでしょうか? 家に帰るまでのはしやすめ的にちょっと寄りたくなる気持ちはわかります。でも、この…

眠れない!そんなあせりには「スリープヨガ」を

こんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。どんな人にでも眠れないときってあるものです。そんなとき、みなさんはどうしていますか?大体「寝よう」「眠らなくちゃ」と思えば思うほど眠れなくなりますよね。今…

一生の3割の時間着る「パジャマ」を変えると運命変わる!

みなさんはどんなパジャマを着て眠っていますか?昼間のお洋服と違って、一番誰にも見られないのがパジャマですが、だからといって適当なものを着て寝てはいませんか?私たちは、人生の1/3以上を、パジャマを着て…

ストンと眠れる「魔法の睡眠」、コツはたった1つ!

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。「パブロフの犬」という心理学の有名な実験をご存じの方も多いと思います。犬たちにエサを与える前に、毎回ベルを鳴らしていたところ、犬たちはベルの音が聞…

頭の中で○○を繰り返すだけで深く眠れる?秘伝メソッド

みなさん、最近よく耳にする自律神経という言葉、なんとなくご存知かとは思います。この自律神経は、その人の意思とは関係ないところで働いて体を調整している神経で、交感神経と副交感神経の2種類があります。そし…

実は「22時」ではない?老けないためには何時までに寝ればいいの?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。だんだん蒸し暑くなってきてよく眠れない、という人も多いのではないでしょうか?今日は、美容などによいよく言われる「シンデレラタイム」についてお話した…

ギクっ、私あてはまる…?「睡眠難民予備軍」5つのチェック

みなさん、そろそろ蒸し暑くなってきましたが、よく眠れていますか? この時期は、もうちょっとでやってくる夏休みに向けて頑張るという時期でしょうか? でも無理は禁物です。これまで睡眠の質がどう日ごろの生活…

寝る前にはかならず「スイッチオフ」を!

睡眠コンサルタントの友野なおです。仕事やプライベートで失敗をしてしまったときには、その出来事を引きずって眠れなくなる人って少なくありません。そういうときどうすればいいのか?その方法について今日はお話し…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思います。「朝食」を制するものは、その日の…

睡眠不足では負ける!勝負日の第一印象は前の夜から決まっている

みなさん、よく眠れていますか?睡眠コンサルタントの友野なおです。「人の印象は見た目で決まる」で有名な米国のアルバート・メラビアン博士によると、第一印象はわずか3~5秒で決まるそうです。確かに私たちも、第…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事