「かんし」ではありません。「官吏」の読み方、知っていますか?

2022.03.25 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「官吏」です。

「官吏」の読み方は?

「官吏」の「吏」は「史実(しじつ)」や「歴史(れきし)」などに用いられる「史」によく似ていることから、ついつい「官吏」を「かんし」と読みたくなりますが、残念ながらそれは間違い。

確かに「史」と「吏」はよく似ていますが、「吏」に「シ」の読みはありません。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「かんり」です。

「官吏」とは

1 国家公務員のこと。役人。官員。
2 明治憲法下で、天皇の大権に基づいて任命され、国家に対し忠順かつ無定量の公務に服した者。高等官および判任官をさす。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

一般社団法人日本漢字能力検定協会が運営する日本語・漢字検索サイト「漢字ペディア」によると、「吏」の漢字のもとは「史」と同じだったとあります。のちに、音と字形が少し変わり、下級役人の意として用いられるようになりました。

なお「吏」のもとの字でもある「史」は象形文字(ものの形をかたどって描かれた文字)で、神への祈りの言葉を書き、それを結びつけた木の枝を持つ手をかたどっています。そこから記録を担当する役人、歴史的な記録をつかさどる人、また、それを書き記したものを意味するようになりました。

現代では「史」には

①ふみ。文書。社会の移り変わりの記録。
②ふびと。ふみびと。記録を書きしるす役人。また、文章にたずさわる人。

出典元:史|漢字一字|漢字ペディア

という意味があります。

そして、そんな「史」の音と字形が変化した「吏」には

つかさ。役人。

出典元:吏|漢字一字|漢字ペディア

という意味があります。「吏(つかさ)」は昔の中国の役人や下級の役人を表します。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク