「いやき」ではありません。「囲繞」の読み方、知っていますか?

2022.04.28 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「囲繞」です。

「囲繞」の読み方は?

「囲繞」の「繞」はあまり日常生活で見かけることのない漢字です。なにやらやや複雑なつくりをしていますが、遠目で見ると「焼」の、部首「火」ではない方に似ているような気もします。

とはいえ「囲繞」を「焼」の感覚で「いやき」「いしょう」と読んでしまうのは残念ながら間違い。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「いじょう」です。

「囲繞」とは

まわりを取り囲むこと。いにょう。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

上記にもありますが、「いにょう」と読むこともできます。「いにょう」と読んでも「いじょう」と意味はほぼ同じですが、「精選版 日本国語大辞典」によると「いにょう」は

① 仏語。右回りに回りを巡って敬礼すること。転じて、法会において、衆僧が尊像の周囲を回って行道すること。右繞三匝(うにょうさんぞう)。行道。
② 回りをとり囲むこと。古くは、囲まれるものに対する敬意を伴って用いられることが多い。いじょう。

出典元:精選版 日本国語大辞典

という意味です。「いにょう」と読むと、仏語(仏教用語)としての意味合いが強くなる印象です。

「じょう」と「にょう」の読みは、「繞」の読みからきています。

「繞」は

  • 音読み ジョウ・ニョウ
  • 訓読み めぐ(る)・めぐ(らす)・まと(う)・まつ(わる)

と読みます。

「繞」は日本漢字能力検定1級に相当する漢字なので、日常生活で見かける機会は少ないかもしれませんが、本記事をきっかけに覚えていただけると幸いです。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク