「じまん」ではありません。「瀰漫」の読み方、知っていますか?

2022.06.01 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「瀰漫」です。

「瀰漫」の読み方は?

「瀰」をどう読めばよいのか戸惑った人は少なくないはずです。字面から想像される音の響きや「〜漫」という成り立ちから、「じまん」「びんまん」などの読みを導いた人がいるかもしれませんが、残念ながらそれは不正解。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「びまん」です。

「瀰漫」とは

① 水が満ちあふれること。水原の果てしなくひろいこと。また、そのさま。
② 転じて、ひろがり満ちること。ひろくはびこること。また、そのさま。

出典元:精選版 日本国語大辞典

という意味です。「彌漫」とも書きます。

「瀰」には

①みちる。水が満ちあふれるさま。また、はびこる。
②ひろい。はてしなく広がるさま。

出典元:瀰|漢字一字|漢字ペディア

という意味があります。

なお「瀰」の読みは

  • 音読み ビ
  • 訓読み はびこ(る)・ひろ(い)

です。

「瀰」から始まる言葉で代表的なものには「瀰漫」の他に「瀰散(ビサン)」があります。上記「瀰」の意味と「散」の漢字から、なんとなく意味が読み取れたのではないでしょうか。「瀰散」は“広がりちること(出典元:ビサン|言葉|漢字ペディア)”を意味し、類語には「拡散」が挙げられます。

「はびこ(る)」といえば……

「瀰」の訓読みに「はびこ(る)」とありますが、日常生活で時々見かける「はびこ(る)」といえば「蔓延る」が挙げられます。

「蔓延る」は

1 草木などが繁茂する。
2 よくないものの勢いが盛んになって広まる。広まって勢力を張る。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

また「はびこ(る)」は「滔る」とも表すことができます。「滔る」は「瀰」が持つ意味に近く、“水が勢いよく広がる。水が満ちあふれる。(はびこ−る|言葉|漢字ペディア)”を意味します。

「滔」には

①はびこる。水が広がりあふれる。また、広く大きいさま。
②うごく。うごかす。
③あつまる。あつめる。

出典元:滔|漢字一字|漢字ペディア

という意味があります。

とはいえ「瀰」も「滔」も日本漢字能力検定1級に相当します。それに「はびこ(る)」という表現自体、頻繁に目にするものではないでしょう。でも、本記事をきっかけに「はびこ(る)」に当てることができる3種類の漢字表現を思い出していただけると幸いです。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク