生活感が丸出しに…40代がやりがち「おばさん見え」3大NGベースメイク(前編)

「時短でベースメイクを仕上げよう」と思いすぎてしまったのか、「とりあえず塗ってみました」的な仕上がりになっている女性のお肌もチラホラ見かけます。

40代の肌は“くすみ”や“たるみ”など多くのお悩みを抱えやすいからこそ、若い頃と同じベースメイクのままだと“老け見え”を招くメイクになっていることも。

これでは、せっかくメイクしたのに「スッピンよりもオバサンっぽい!」という残念すぎるイメージを醸し出してしまいます。

「ベースは時短が嬉しいけど、オバサン見えだけは避けたい」と考えている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、生活感すら丸出しになりかねない、40代がやりがちな“老け見え3大NGベースメイク”をお話します。

 

1:粉っぽい

 

これからの時期は乾燥も気になるだけに、仕上げた直後には潤いが感じられても、時間の経過とともに粉っぽさが出やすくなります。

パッと見た瞬間に粉浮きしている40代肌の印象と言ったら、ネガティブなものがズラリなのは、悲しいけれど「言わずもがな」。

「あの人、生活に疲れているように見える」という男性陣の声も多々耳にしてきた私だけに、“粉浮き肌”は「オバさん見えの最たる特徴のひとつ」に認定します。

カサついた肌は、どこか貧相な印象も醸し出しますから、ベースのせいでスッピン以上に老け見え!なんて感想を招きやすいのです。

「若い頃から愛用しているファンデーションをアップデートしていない」など、エイジングに合わないファンデーションを使い続けていると、塗ってから時間が経つにつれお肌とベースが分離しやすい傾向も。

粉浮きさせないためには、年齢に適したアイテム選びもカギになります。

次ページ▶▶これは一発でアウトかも…。やりがちだけど危険なベースメイク

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク