これも更年期のサインなの…?「薬が飲み込めない」50歳女性の顛末は!

40~50代になり、「最近、食事のときにむせるようになった」「ものをうまく飲み込めない」などの悩みがありませんか?

日本の女性は平均で50歳頃に閉経を迎えることが多く、閉経を挟んだ前後5年間は「更年期」と呼ばれています。

この時期はホルモンバランスの影響で、さまざまなからだや心の不調に悩む女性が多いです。

更年期女性のお悩みに、飲み込みにくさやのどのつかえを感じる嚥下(えんげ)力の低下があります。

今回は、更年期の嚥下力低下を改善する方法について、「あんしん漢方」の薬剤師・清水みゆきさんに教えてもらいました。

 

ふとした瞬間にむせる……嚥下機能の低下

絢子さん(50歳)は、最近、食事中にむせることが増えて困っていました。

「急にのどが詰まったようになり、食事中も、ふとした瞬間に激しくむせることが増えて…とくに、麺類は食べにくくて困っています」

むせるだけでなく、咳込んでオエッと嘔吐しそうになることもあるという絢子さん。

「この年になればよくあることだわ」

飲み込みにくさは感じてはいたものの、あまり気にしていなかったそうです。

 

風邪薬が飲めず、体調不調が続く日々

ある日、絢子さんは風邪をひいてしまいました。

「病院から錠剤と粉薬が4種類ほど処方されたのですが、どうしてもうまく飲み込むことができなくて……薬を飲まずに残すようになってしまいました」

きちんと薬を飲んでいないせいか、絢子さんの咳は長引き、体調の悪い日々が続きました。

「処方した薬は飲み終わってますよね?」

再び受診した絢子さんに、医師はこう詰め寄ってきたそうです。

「実は、うまく飲み込めなくて、薬はすべて飲みきっていないんです」

恐る恐る答える絢子さんに、医師はあきれ顔。

「子どもじゃないんだから、処方された薬はちゃんと飲んでくださいね。いつまでたっても治りませんよ」

と医師から叱られて、絢子さんはすっかり落ち込んでしまいました。

 

「飲み込みにくさ」は更年期のせい?

処方箋をもって薬局に行くと、優しい薬剤師さんが対応してくれたそうです。

「子どもみたいで恥ずかしいんですが、薬がうまく飲み込めなくて……そのせいで、なかなか咳も治らないし、先生にも叱られてしまいました」

絢子さんはつらい胸の内を打ち明けました。

「更年期によくある不調ですよ。年齢的に更年期のサインかもしれませんね。漢方なら、飲み込みにくさだけでなく、からだ全体のバランスを整えることができておすすめです」

漢方という選択肢を知った絢子さんは、薬剤師に教えてもらった漢方薬、柴朴湯(さいぼくとう)を飲んでみることにしました。

柴朴湯は、気の滞りを改善する半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)と自律神経系やからだの免疫機能を調整する小柴胡湯(しょうさいことう)を合わせた処方で、のどのつかえなどを改善する漢方薬です。

「漢方を飲み始めてしばらくすると、のどの違和感が気にならなくなり、飲み込みにくさも軽減してきました。咳もすっかり治って、体調もすっかりよくなりました」

 

続きを読む

       

■ご周囲に、男性更年期の経験者はいらっしゃいませんか?■
アンケートにご協力ください。コチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク