エッ「がいせん」じゃないの? 「斡旋」の読み方、知っていますか?

2022.07.21 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「斡旋」です。

「斡旋」の読み方は?

「がいせん」と読んだ人がいるかもしれませんが、「がいせん」は漢字で「凱旋」と書きます。

「凱旋」は

勝利を祝う歌をうたって帰ること。戦いに勝って帰ること。凱陣。凱還。

出典元:精選版 日本国語大辞典

という意味です。

一方「斡旋」は

① めぐること。めぐらすこと。また、ぐるぐるまわること。まわすこと。
② 間に入って両者がうまくゆくように世話をすること。とりもつこと。周旋。単に「紹介する」「世話する」と同じようにも用いる。
③ 労働関係調整法によって労働委員会が指名した斡旋者が、争議当事者双方の間をとりもって、争議解決のために援助をすること。

出典元:精選版 日本国語大辞典

という意味です。

類語表現には「仲介」「橋渡し」「口添え」「架け橋」「間に立つ」などが挙げられます。

正解は……

「あっせん」です。

「斡旋」の「斡」には「めぐらす」「まわす」といった意味があり、「旋」には

①めぐる。めぐらす。まわる。
②かえる。もどる。
③なかをとりもつ。

出典元:旋|漢字一字|漢字ペディア

という意味があります。

先で紹介した「凱旋(がいせん)」は 、「凱」が戦いに勝った時に奏する音楽を表し、「旋」が帰ることを表しています。一方「斡旋」の場合の「旋」が表しているのは帰ることではなく、上記③の“なかをとりもつ”を表します。

では「斡る」と「旋る」はなんと読むのでしょうか。

ヒントは「斡」と「旋」の漢字がもつ意味の中で共通するものです。

正解は……

「めぐる」です。

「めぐる」と読む漢字は他にも多々ありますが、本記事を通じて「斡る」と「旋る」の漢字表記も覚えていただけると幸いです。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク