夏季限定!今年も食べたい!「ハロハロ」 ~癒しフードハンター24時・その3

夏季限定のミニストップ人気スイーツ「ハロハロ」。1995年の登場以来、毎年欠かさず全フレーバーを食べ、日本の夏はハロハロの夏!と言い切る、自称コンビニスイーツ評論家の編集部・高田が今年イチオシの「ハロハロ」を紹介。深夜でも暑いこの季節、ハードワークの帰り道にミニストップがあればそこは砂漠のオアシス。冷たくてさっぱりとした「ハロハロ」でリフレッシュすれば明日も頑張れるっていうもんですよ!

大人気の「和テイストハロハロ」が今年も楽しめる!

ハロハロとはミニストップのかき氷デザート。もとはフィリピンの定番なのだそう。本日現在、ラムネ、冷凍みかん、ソルティレモンなどの7フレーバーが提供されています(ミニストップ公式ページより)。

2

定番のラムネ味といちご味はもちろんおいしいけれど、今年、私が大プッシュしたいのは「黒蜜きなこ」です。だって、最近巷で「和の最強組み合わせ」と言われている黒蜜+きなこがいつでも気軽にコンビニで楽しめるのですから。

この「黒蜜きなこ」のハロハロは昨年最大販売数を記録した大ヒット商品。でも、ミニストップさんは昨年好評だったから今年もそのまま販売するという単純なことはしません。今年バージョンではさらに食材にこだわって進化させているのです。

試食会では昨年バージョンと今年バージョンの食べ比べができたとか(私も行きたかった!)。個人的には、昨年食べた記憶と比べると、黒糖シロップがより深みのある上品な甘さになり、きな粉も香りが増していると思います。

混ぜる?混ぜない?どっちもおいしい!

20160726123739

沖縄県与那国島産の黒糖を使った黒蜜シロップをしみ込ませたかき氷に、ミニストップ定番のミルキーなソフトクリーム、その上につやつやなわらび餅と北海道産大豆を使ったきなこがトッピングされています。

ハロハロとはタガログ語で「混ぜこぜ」という意味。その名の通りトッピングとかき氷をかき混ぜて食べるのもおいしいのですが、私は一度にはかき混ぜないで、スプーンで徐々に掘り進めながら食べるのが好きです。

まずはつやつやなわらび餅にきな粉とソフトクリームをたっぷりまぶして食べます。わらび餅のもちもち食感に、ミルキーバニラのコクときな粉の香ばしさ、そして黒蜜の深い甘みがマッチしてとてもおいしい!この時点でわらび餅を全部食べちゃいたい!でもそれはぐっと我慢して、ここでは最低でも1つは残しておきます。

この下にシャリシャリの氷が隠れてます!

 

20160726123830

少し溶けて柔らかくなり始めたソフトクリームを掘り進めると、やがてかき氷に到達します。ここはあえてソフトクリームをスプーンで寄せて、黒蜜シロップかき氷のみを楽しみます。ハロハロの氷はカルキなどの不純物を一切取り除いて、24時間以上かけて氷結させた純氷を使っているので、固くて溶けにくく、シャリシャリとした食感。黒蜜シロップの深みのある上品な甘みを堪能するのです。

そしていよいよ溶けたソフトクリームと黒蜜シロップかき氷が混ぜこぜにします。スプーンを回すとシャラシャラと氷のつぶが残ったフローズンドリンクになったら、カップを持ってゴクゴクといきます。氷のつぶの喉ごしがたまりません!ぷっはー!生きてて良かった!

最後に残したわらび餅をいただいて、ごちそうさま。明日も仕事がんばろうっと!

ハロハロ 黒蜜きなこ
290円(税込)
http://www.ministop.co.jp/syohin/products/detail_allergen.html?g_id=16565904

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

セブンで発見!サラダチキンが5分で具どっさりスープになるパウチ

先月リリースされるや否や、ネット上で話題になっていた『今夜は手づくり気分』シリーズをご存じでしょうか。コンビニエンスストアで売っている「サラダチキン」を使用する…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつも…

寒天×さつまいもで「あの名店の芋ようかん」ができた!

いつでもたっぷり食べたいさつまいも。スイートポテト、ブリュレ、クッキー、サラダ、いろいろなレシピがありますが、中でも「芋ようかん」は、東京駅の手土産ランキングで…

樹木希林さん。今だから知っておきたい、あなたのこと

亡くなってから新しいファンをすごい勢いで増やしているのが、樹木希林さんではないだろうか。伝説的TVドラマ『時間ですよ』、『寺内貫太郎一家』、郷ひろみとのデュエットと、常にこれまでの女優のイメージを裏切り…

元・片づけられない女が考案。世界一カンタンな「鬼速片づけ」たった2つの法則

毎日を、せわしなく生きるオトナ女性。忙しい毎日に頭がいっぱいいっぱいになったり、余裕がなくなってイラっとしたり。そんな心が荒れてしまっているとき、実は部屋も荒れているんです!部屋が片づいていることで、…

【全色塗ってみた】THREEの新作グローリップ9色、美肌に見えるのはどれ?【イエベ・ブルベ】

品格をあらわすのは口元です。オトナ世代のメイクで大事なのは、ずばりリップメイク。大人の品格を出しつつも、今っぽいリップはどんな色でしょうか? 気になるメイクアイテムをリアルに試す、人気の「全部塗ってみ…

自分史上、最高の写真を撮れる!【カメラ撮影テク×パーソナルカラー講座】

美味しい料理、キレイな景色、自分のプロフィール……。何かと写真を撮影してSNSなどでシェアする機会が増えました。できるだけステキな写真を撮れるようになりたいですよね。そこで、自分史上、最高の写真を撮れるよ…

【全色塗ってみた】クレ・ド・ポー ボーテ 新作リップ。美人見え口紅を探せ!【イエベ・ブルベ】

顔がぼんやりしたがちなオトナ世代。メイクで大切なのはずばり「リップ」です。40代の肌がキレイに見える「美人見え」リップはどんなものでしょうか? オトナサローネは気になる新色をリアルに「全部塗ってみた」と…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、絶景に絶品グルメと、オトナ女子の知的欲求…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事