1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりするものです。美味しくて、日持ちがして、センスがいいものを渡したい。そして特に数多めに買うときは、できれば、お手頃価格のものにしたいですよね。今回は、そんな実用的かつオシャレなのに1,000円以下という、優秀プチプラ手土産を紹介します。

フラミンゴの箱がオシャレなフルーツチョコ

160512easa003

リー・ポール チョコレート詰め合わせ シンガポール

4種入り・650円+税

バナナ、オレンジ、イチジク、パパイヤのドライフルーツをチョコレートでコーティング。お手頃プライスにもかかわらず、4種類も入った詰め合わせです。ピンクのフラミンゴのBOXがとってもオシャレ!

ワインにも合うのでお酒好きなかたに差し上げてもよろこばれそうです。リー・ポールは、アジアを旅できる東京発のスイーツブランド。アジア各国のフルーツをたっぷり使ったフルーツポンチやケーキ、プリンなども人気です。

https://www.facebook.com/lipore/info/?tab=overview

 

 メッセージが選べる西光亭のクッキー小箱

 

160512easa001

西光亭 クッキー小箱(チョコくるみクッキー)

25g・4粒入 600円+税

リスのイラストがかわいい、西光亭のクッキー小箱。「これからもよろしくおねがいします」というメッセージが印象的です。箱のかわいさと伝えたい気持ちを兼ね備えた、優秀なプチ手土産です。

くるみがたっぷり入ったココア風味のクッキーに白い粉糖がまぶしてあります。歯ざわりがよくて上品な味。焼菓子なので日持ちがするところもうれしいですよね。メッセージは他に「ありがとうございます」「お世話になりました」「おめでとうございます」などがあり、用途にあわせて選べます。

http://www.seikotei.jp/

 

レトロかわいいプシプシーナ珈琲のショウガトウ

160512easa002

プシプシーナ珈琲のショウガトウ

90g・800円+税

箱に描かれたレトロな猫のイラストがキュート! プシプシーナ珈琲のショウガトウです。表面はカリカリなのに中はゼリー状になっています。プリッとした新食感が楽しいお菓子です。

ショウガの辛味とグラニュー糖の甘味が絶妙で、コーヒーやお茶のお供におすすめ。ショウガには体をあたためる効果があるので、冷え性のかたが多い女性へのプレゼントにぴったりです。

http://pussy-pussy-na.com/

 

幸運がおとずれそう!桂新堂のえびせんべい

160512easa004

桂新堂 えびせんべい

5袋入り・900円+税

パッケージはもちろん、中身までもご利益がありそうな桂新堂のえびせんべい。もらったかたも笑顔になりそうな、幸運だるま(右)とおめで鯛(左)です。おせんべいは個包装になっています。

薄くてパリッとしていて、噛めばえびの香ばしい味がしてきます。感謝と幸せを祈る気持ちをしたためて、幅広い世代のかたへの手土産におすすめです。このほか月替りの限定パッケージもあるので、毎月チェックするのも楽しいですね。

http://www.keishindo.co.jp/

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

お酒が弱くても! 「甘め&度数低め」飲みやすい4大ワイン

「ワインを飲んでみたいけどあまりお酒が強くないから・・・」「ワインの渋みが苦手で・・・」という声はよく聞きます。確かにワインはビールに比べるとアルコール度数が2…

これで大丈夫!ホームパーティのおもてなし、準備のコツ~ワインマナー・ホスト編~

みんなでワイワイ楽しいホームパーティ。いざホームパーティを開くとなると何から準備したらいいのか分からなくなってしまうことはありませんか?せっかくゲストを自宅に招…

寒天×さつまいもで「あの名店の芋ようかん」ができた!

いつでもたっぷり食べたいさつまいも。スイートポテト、ブリュレ、クッキー、サラダ、いろいろなレシピがありますが、中でも「芋ようかん」は、東京駅の手土産ランキングで…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

#103 40代未満、立ち入り禁止! ウワサの「個室婚活」レポ【40代編集長の婚活記】

20~30代とくらべ、40代の婚活はかなり困難を極めるらしい。OTONA SALONE編集長・アサミ、46歳。婚活を始めて1年11カ月。いまだに誰ともお付き合いすらできないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介などいくつ…

誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。私、OTONA SALONE編…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事