誰でも「美しい横顔」に! 今日からできるヘアスタイル3ステップ(後編)

今回は、横顔の印象を美しくする方法を伝授します。後編です。

おでこが出ている人は、髪をこうすると黄金比に近くなる

篠原さん「まず、おでこ側…上部のボリュームを減らすためには、どうすればいいのかを考えます」

星「うーん、図にある3つのうち、前髪にボリュームを出さない、後頭部の高い位置にボリュームを出さない、っていうのは簡単にできますね」

篠原さん「はい。あと、あごラインより下にAラインのボリュームがくるような長さだと横顔がより黄金比に近づきますよ」

星「あごラインより下に、末広がりにすると良いんですね」

 

あご側が出ている人は、こうするとより美しく!

篠原さん「アゴ側が出ている人は、前髪のボリュームを出しましょう

星「ふむふむ、先程の反対ですね」

篠原さん「そしてアゴまわりに髪の毛を散らします。パーマをかけたり、コテで巻くとよいでしょう。アゴラインを髪で覆い、脳の空間補完効果で美しく見せます」

星「空間補正…あっ、マスクで隠されてる部分の顔が美しく脳内で補完されるっていう、アレですね?」

篠原さん「はい。そして、後頭部のボリュームが必要です。アゴラインより上にボリュームがあるとアゴが凹んで見えます

星「前髪と後頭部の両方にボリュームを出すのですか?」

篠原さん「前髪にボリューム出てるなら後頭部がフラットでも大丈夫ですが、つむじ辺りにはボリュームがあるほうが良いです!」

星「なるほど…」

 

髪でチャームポイントを目立たせ、他の部分を補完する

篠原さん「以上となります。自分の見せたい部分を強調して見せる、そうでない部分は補正する、というのが大切です」

星「なるほど…。早速今日から実践して、黄金比に近い横顔になりたいと思います。ありがとうございました!」

 

<<前ページ:まずはファーストステップ。正しくテクニックを使うためには、ちゃんと確認して!

 


もっと詳しく知りたい方、スタイリングのコツを知りたい人は、篠原さんのブログをチェック

篠原さんの著書、似合う髪型をロジックした「最高の似合う髪型解剖図鑑」9/28日発売!
(構成・文/星雅代)

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク