5秒で済むのにオトナ肌。オイル美容のススメ【40代の時短美容】

ご多忙な40代のみなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

これまで2回はメークアップについてお話してきたところで、今回はようやくスキンケアがテーマです。

「40代の時短スキンケア」では、チャチャっと使えるのにしっかり満足させてくれるアイテムが不可欠。たとえ、ほんの5秒で終わるお手入れだったとしても、きちんと満足できればそれでヨシ。

そして、「時短スキンケアは美容オイルなくして語るべからず」。その理由とはーー。

その他の時短メイクのコツはこちら

時短スキンケアには「オイル」がマスト

「アラフォー」と呼ばれるあたりにさしかかる頃から、急に“くすみ”や乾燥が気になりだす女性のお肌。

「手っ取り早くカバーするには……、なにをどうしたらいいの!?」なんてぼやきつつ、満足できるお手入れを求めて彷徨い続けてはいませんか。

若い頃より経済的にも余裕が出てくる世代だからこそ、高価なコスメを荒らしまくった挙句、最初は効果を感じたのに「うーん、やっぱり違うかも?」なんてしばらくすると消沈しちゃったりもありがちです。

そして結局のところ、どんなに大枚をはたいたコスメでも満足できなければ、女性にとってはなんの意味もない。

だから、「値段だけでアイテムを選ぶのもなにかが違う」と感じている人も少なくないはずです。

さらに、私たちアラフォー女性は「仕事に家事にプライベートに……」と、とてつもなく忙しい世代。

入念にお手入れをすれば、それなりの輝きを実感できたとしても、求めている答えは「いかに時間をかけずにキレイをつくるのか」にもあります。

オイルは、ほんの1滴がとてつもないパワーを発揮してくれるから、こんな無数の嘆きにも、真正面から応えてくれる頼もしい存在に。

実は、かなり上質な美容オイルでも、他のコスメに比べればお値段が優しい。大枚をはたかなくとも、たった1滴のオイルが自信を生んでくれる救世主にもなりうるのです。

「夏なのにオイル?」と思うなかれ。オイルによって肌にバリアが生まれ皮脂をコントロールしてくれるので、汗によるベタつきを防ぐテクニックにもなりうるのです。

 

1滴の「美容オイル」が20分のスキンケアにも匹敵!?

数年前に彗星のごとく現れた「オイル美容」なる言葉が流行ったのも、トレンドの流れが早い美容界にとっては“はるか昔”。その一方で、すでに美容オイルは、私たちの身近なコスメとしても地位を確立しています。

けれど、「使ったことない」という女性も意外といて、私からすればすごく勿体ないお話でもあります。

だって、加齢に伴う“くすみ肌”は、潤いやツヤを与えてあげるだけで、たちまち元気になることも少なくないのだから。

ではもしも、1滴の美容オイルに、20分間のスキンケアフルコースに匹敵するほどの満足を与えてくれる使いかたがあるとしたら……?

 

「ブースター」使いでホンモノの時短美容が叶う

さて、この「美容オイル」。無添加でつくられているものも多く、基本的には植物性の油が使用されている製品がほとんどです。オトナの時短美容では、お肌への刺激が強すぎるものは避けたいだけに嬉しいポイント。

愛用者の中には、化粧水や乳液などのスキンケアを終えたあとに“保湿”を求めて使う女性も少なくないのですが、40代からの時短スキンケアを意識するなら、“ブースター使い”がカギになります。

洗顔後、化粧水をつける前のまっさらなお肌に、上質なオイルを1滴。その上から、いつもの化粧水を優しくプッシュするようにオン。オイルの実力で柔らかくなったお肌に水分を与えると、驚くほどツヤのある肌に変身できます。

朝のスキンケアでは、ベースメークの前にTゾーンを避けて1滴のオイルを馴染ませる。夜のスキンケアでは、数滴に分けてデコルテまでをフォロー。

そして、ちょっと顔が疲れている日には、頬骨に沿って薄くオイルを伸ばしていくと、上品なツヤが生まれ、みずみずしいベースメークに導いてくれるのです。

夏特有のベタつきを防ぐオイル使いの心得としては、Tゾーンを避けて薄くなじませるのひと言に尽きます。

最近の美容オイルは本当に優秀なので、つけすぎはギラつきのもと。ほんの少量を丁寧に使ってこその“オイル時短美容”です。

 

「オイル? ベタつくでしょ?」などと、避けて通るなかれ。上質なオイルはべたつかず、むしろサッパリと爽やかな使い心地です。

化粧水に乳液に、美容液にクリーム、その上シートマスクもプラスしてまで入念なお手入れをせずとも、上質なオイルが1滴あれば、40代のスキンケアはまだまだ時短できるのです。

ニュクス プロディジューオイル 100ml 5,508円(税込)/ブルーベル・ジャパン(著者私物)

ちなみに、私のマストオイルは必須脂肪酸(EFA)がたっぷり含まれているというトリロジーの『ローズヒップオイル』(20ml  4,644円 税込/ピー・エス・インターナショナル)と、アルガンオイルなど7種のオイルが配合されたニュクスの『プロディジューオイル』(100ml  5,508円 税込/ブルーベル・ジャパン)。

基本的に、こっくりしたテクスチャの『ローズヒップオイル』は夜美容、サッパリした使い心地の『プロディジューオイル』は朝美容にと使い分けています。汗が気になる夏場は、『プロディジューオイル』のほうが出番が多くなってくる季節です。

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?

新年度を迎え「外見をちょっとイメチェンしたい」と思っていらっしゃる女性も少なくない時期。これまでとは違う自分に出会いたくなると「そうだ、そろそろマツエク(まつ毛エクステンション)に挑戦してみようかしら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事