5秒で済むのにオトナ肌。オイル美容のススメ【40代の時短美容】

ご多忙な40代のみなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

これまで2回はメークアップについてお話してきたところで、今回はようやくスキンケアがテーマです。

「40代の時短スキンケア」では、チャチャっと使えるのにしっかり満足させてくれるアイテムが不可欠。たとえ、ほんの5秒で終わるお手入れだったとしても、きちんと満足できればそれでヨシ。

そして、「時短スキンケアは美容オイルなくして語るべからず」。その理由とはーー。

その他の時短メイクのコツはこちら

時短スキンケアには「オイル」がマスト

「アラフォー」と呼ばれるあたりにさしかかる頃から、急に“くすみ”や乾燥が気になりだす女性のお肌。

「手っ取り早くカバーするには……、なにをどうしたらいいの!?」なんてぼやきつつ、満足できるお手入れを求めて彷徨い続けてはいませんか。

若い頃より経済的にも余裕が出てくる世代だからこそ、高価なコスメを荒らしまくった挙句、最初は効果を感じたのに「うーん、やっぱり違うかも?」なんてしばらくすると消沈しちゃったりもありがちです。

そして結局のところ、どんなに大枚をはたいたコスメでも満足できなければ、女性にとってはなんの意味もない。

だから、「値段だけでアイテムを選ぶのもなにかが違う」と感じている人も少なくないはずです。

さらに、私たちアラフォー女性は「仕事に家事にプライベートに……」と、とてつもなく忙しい世代。

入念にお手入れをすれば、それなりの輝きを実感できたとしても、求めている答えは「いかに時間をかけずにキレイをつくるのか」にもあります。

オイルは、ほんの1滴がとてつもないパワーを発揮してくれるから、こんな無数の嘆きにも、真正面から応えてくれる頼もしい存在に。

実は、かなり上質な美容オイルでも、他のコスメに比べればお値段が優しい。大枚をはたかなくとも、たった1滴のオイルが自信を生んでくれる救世主にもなりうるのです。

「夏なのにオイル?」と思うなかれ。オイルによって肌にバリアが生まれ皮脂をコントロールしてくれるので、汗によるベタつきを防ぐテクニックにもなりうるのです。

 

1滴の「美容オイル」が20分のスキンケアにも匹敵!?

数年前に彗星のごとく現れた「オイル美容」なる言葉が流行ったのも、トレンドの流れが早い美容界にとっては“はるか昔”。その一方で、すでに美容オイルは、私たちの身近なコスメとしても地位を確立しています。

けれど、「使ったことない」という女性も意外といて、私からすればすごく勿体ないお話でもあります。

だって、加齢に伴う“くすみ肌”は、潤いやツヤを与えてあげるだけで、たちまち元気になることも少なくないのだから。

ではもしも、1滴の美容オイルに、20分間のスキンケアフルコースに匹敵するほどの満足を与えてくれる使いかたがあるとしたら……?

 

「ブースター」使いでホンモノの時短美容が叶う

さて、この「美容オイル」。無添加でつくられているものも多く、基本的には植物性の油が使用されている製品がほとんどです。オトナの時短美容では、お肌への刺激が強すぎるものは避けたいだけに嬉しいポイント。

愛用者の中には、化粧水や乳液などのスキンケアを終えたあとに“保湿”を求めて使う女性も少なくないのですが、40代からの時短スキンケアを意識するなら、“ブースター使い”がカギになります。

洗顔後、化粧水をつける前のまっさらなお肌に、上質なオイルを1滴。その上から、いつもの化粧水を優しくプッシュするようにオン。オイルの実力で柔らかくなったお肌に水分を与えると、驚くほどツヤのある肌に変身できます。

朝のスキンケアでは、ベースメークの前にTゾーンを避けて1滴のオイルを馴染ませる。夜のスキンケアでは、数滴に分けてデコルテまでをフォロー。

そして、ちょっと顔が疲れている日には、頬骨に沿って薄くオイルを伸ばしていくと、上品なツヤが生まれ、みずみずしいベースメークに導いてくれるのです。

夏特有のベタつきを防ぐオイル使いの心得としては、Tゾーンを避けて薄くなじませるのひと言に尽きます。

最近の美容オイルは本当に優秀なので、つけすぎはギラつきのもと。ほんの少量を丁寧に使ってこその“オイル時短美容”です。

 

「オイル? ベタつくでしょ?」などと、避けて通るなかれ。上質なオイルはべたつかず、むしろサッパリと爽やかな使い心地です。

化粧水に乳液に、美容液にクリーム、その上シートマスクもプラスしてまで入念なお手入れをせずとも、上質なオイルが1滴あれば、40代のスキンケアはまだまだ時短できるのです。

ニュクス プロディジューオイル 100ml 5,508円(税込)/ブルーベル・ジャパン(著者私物)

ちなみに、私のマストオイルは必須脂肪酸(EFA)がたっぷり含まれているというトリロジーの『ローズヒップオイル』(20ml  4,644円 税込/ピー・エス・インターナショナル)と、アルガンオイルなど7種のオイルが配合されたニュクスの『プロディジューオイル』(100ml  5,508円 税込/ブルーベル・ジャパン)。

基本的に、こっくりしたテクスチャの『ローズヒップオイル』は夜美容、サッパリした使い心地の『プロディジューオイル』は朝美容にと使い分けています。汗が気になる夏場は、『プロディジューオイル』のほうが出番が多くなってくる季節です。

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

抜け感のつもりが大失敗…! 男が「不健康そうだし老け見えだと思う」40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

手をかけていても残念賞…!? 男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だけどこのニオイは…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女って

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事