「にくさし」とも読めますが……「肉刺」の読み方、知っていますか?

2022.10.27 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「肉刺」です。

「肉刺」の読み方は?

「肉刺」は「にくさし」と読むと、フォークのことを指します。「肉刺」だけでも「にくさし」と読めますが、「肉刺し」と書きます。フォークは「肉刺」の他、「肉叉(にくさ)」とも表します。

そんな「肉刺」には、フォークとはまったく別の読み方、意味があります。歩き慣れない靴で長時間歩いたり、使い慣れない道具を長時間握り続けたりするとき、手や足にできるケガのひとつを指します。

正解は……

「まめ」です。

「肉刺」を辞書で引くと

主に手のひらや手の指、足底などに、摩擦圧迫をうけてできる、豆のような水ぶくれ。局部的に皮膚表層の角質が厚くなったもので、つぶれたあとはかたくなる。

出典元:精選版 日本国語大辞典

と記されています。

しかし、なぜ「まめ」を「肉刺」と表すようになったのか、その語源については一次情報を見つけることができませんでした。フォークを表す「肉刺」であれば、「肉」と「刺」がもつ意味からなんとなくフォークがつながりますが……謎は深まるばかりです。

読み方で意味が異なる言葉

「肉刺(にくさし)」と「肉刺(まめ)」のように、読み方を変えると意味も変わってしまう言葉はいくつもあります。

では「悪心」はなんと読むでしょうか。

「悪心」にもさまざまな読み方があります。まず「あくしん」と読むと、“恨みを抱き、悪事をしようとするよこしまな心。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”を意味します。類語表現には「悪気」や「悪意」などが挙げられます。

一方医療用語として用いられる「悪心」の場合は「おしん」と読み、

気持ちが悪くて、吐きそうな感じ。吐き気。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味を表します。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク