白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?

ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても、頭髪は正直に年齢をあらわしてしまいます。

そこで、40代が気になる髪悩みをカバーしつつ、アカ抜けて見えるアレンジのコツを紹介します。

 

くっきりと目立つ分け目をぼかす方法

 

オフィスでも活躍する定番アレンジのハーフアップ。分け目がくっきりと出てしまうと、なんだか野暮ったい印象になりますよね。しかも根元の白髪や毛量の薄さもあらわになり、残念ヘアに。せっかくアレンジをしても若く見えるどころか、老けて見えてしまいます。

この分け目問題は、結ぶ位置を少しずらすだけで解決します。

まず結びたい髪を取り分けます。ハーフアップなら耳の上あたりでしょうか。

結ぶ位置が分け目より上になると……

白い地肌と髪の薄さが目立ち、ダサい印象に。結んだ毛束も上向きになり勇ましく見えてしまいます。

分け目がくっきりと見えるだけでなく、結んだ毛束ももっさりと見えます。

 

分け目より下に結ぶのが正解

気になっていた分け目が隠れ、女性らしさを感じるハーフアップに。

分け目がほどよく隠れ、結んだ毛束も落ち着いて見えます。

 

次に紹介するのは結ぶときだけでなく、ダウンスタイルにも役立つ「ジグザグ分け」です。

真っ直ぐに分けるのではなく、ジグザグにするだけで分け目があいまいになり、見た目もおしゃれ。根元も立ち上がるので、ボリューム不足も同時に解決できます。

持ち手の先端を地肌から離さずに左右に動かし、ジグザグに分け取るのがコツ。

根元が自然と立ち上がるので、ふんわりと見えます。

 

生え際の白髪隠しにはおくれ毛で対応

 

ひとつ結びにするときに、サイドをキュッとタイトにまとめると生え際の薄さや白髪が目立ちやすくなります。

顔まわりに薄くおくれ毛を残した状態。上からの毛束だけでは、生え際を隠しにくい。

そこで活躍するのが、顔まわりのおくれ毛。ただ、上から薄く取るだけでは生え際全体を隠すことができません。前髪を広めにとり、おくれ毛の分量を増やしましょう。

ワイドに前髪をとること。三角形になるように分け取るとキレイ。こめかみ脇あたりまでおくれ毛となる髪を残します。

おくれ毛の幅を広げたことで、生え際が自然に隠れました。ただおろすだけでなく、ゆるく巻いたり、ワックスをつけるひと手間をおしまないで。

 

ベースのヘアスタイルによっては、長い髪の毛が出てくると思います。長い髪は耳にかけるか、アイロンで巻くとおさまりがよくなります。また、おくれ毛のせいで「お疲れ感」が出ないよう、バーム系のワックスでツヤ髪に整えることも忘れないでください。

パサつきやすい40代の髪は、常に「ツヤ」を意識しましょう。

 

耳上たるませでおしゃれ見せ

 

おくれ毛に抵抗があるという人におすすめなのが、サイドの髪を耳にかぶせてたるませる方法。生え際もほどよく隠れるので、薄さが気になりません。ほどよいゆるさが出て、今っぽいおしゃれヘアに。

普通にひとつ結びにした状態。生え際の白髪が目立つ。

 

耳が半分隠れるくらいにサイドの髪をたるませることで、生え際もふんわりとして見えます。白髪も気にならなくなりました。

最初からたるませて結ぶとくずれやすくなるので、結んでから引き出しましょう。また、切れ毛など短い毛が内側から出てきやすいので、最初にワックスを髪全体にもみ込んでおくことを忘れないでください。

 

頭頂部の薄さは面で髪を引き上げる

 

無造作感を出すために、結んだあとに毛束を少しずつつまみ出し凸凹したフォルムをつくるテクニックは広く知られるようになりました。毛束をつまみ出すことで、ボリュームも出ますが、40代になるとその無造作感がだらしなく見えることもありますよね。また、上手にできないという人も多いと思います。そこで、簡単にボリュームアップさせる方法としてコーム使いを紹介します。コームの持ち手を使い、髪を面で引き出します。面で浮きをつくることで、ツヤも出るのでフォーマルな席にもぴったりです。

表面の髪を持ち手ですくって浮きをつくります。出しすぎないように注意して。

 

 

白髪は染めても2週間もすれば根元が白く見えてきます。あれこれやっても根元の白髪が気になる人は、応急処置として白髪隠しアイテムを活用して。

cloverの桐山さんがおすすめするのは、アリミノのポイントコンシーラー。「地肌に色がつきにくい設計になっています。洗髪をすれば色が落ちるので、サロンで白髪染めをするときにも影響がありません。白髪染め特有の髪のごわつきがないのもおすすめポイントです」

 

これが桐山さんおすすめのカラーストーリーiプライム ポイントコンシーラー。根元に塗りやすいコーム型。全3色。¥1,800(税抜)

 

アレンジのコツを教えてくれたのは…

桐山弘一さん(clover)

東京・恵比寿にある美容室cloverの店長。じっくりと時間をかけ、髪悩みにこたえてくれる。アレンジのコツを紹介した動画も人気。

サロンホームページ http://www.clover-hairdesign.jp/

桐山さんInstagram  https://www.instagram.com/kiriyannn/

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

元CA・クラブママ直伝、華やかな「後頭部盛りヘア」アレンジの作り方

女性の印象を大きく左右するヘアスタイル。髪そのもののケアも大事だけれど、シルエットやボリュームも重要課題。今回は、意外に見落としがちなアノ部分に注目しました。相…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

脱・毎日ひっつめ髪おばさん!夏の涼しいヘアアレンジまとめ

毎朝、時間もないし……。今さら新しいヘアアレンジなんて若い子に「オバサン頑張ってるわね!」って思われそうだし……。そんな「たられば」で毎日ワンパターンのひっつめ髪の…

40代こそストパーかけると美人度が上がる!私が実際試したビフォア・アフター

梅雨を前に、美容室では「ストレートパーマ」をかけるお客さまが一気に増えているそう。私も髪を切ったこともあり、広がりが気になってストレートパーマをかけました。実は美容師さんにずっと提案されてはいたのです…

マイナス5歳を実現!40代が小顔になる短め軽めヘアスタイル3選

私事ですが、先日10cmほど髪を切りました。ミディアムから長めボブになったくらいなので、あまり気づかれませんが私自身は頭が軽くなり、気分も変わって満足しています。つい「いつもと同じで」とオーダーしてしまい…

ボブの帽子を軽くおしゃれに!小顔で涼しいボブアレンジ2選

帽子をかぶればおしゃれに見えるというけれど、実際かぶってみると、鏡の前でフリーズ。うーん、何かが違うと、断念してしまいます。せっかく買ったのに活用できていない帽子がクローゼットに眠っているのですが、今…

結んでもこんなにキマる!40代のふわ揺れミディアムヘア3選

うねりやちりちり毛、やせてきた髪に悩みはじめるアラフォー世代。白髪も目立ちはじめて、ヘアスタイルを変える楽しみも減ってきたと感じている人もいるのではないでしょうか。ロングは扱いにくくなり、ミディアムや…

脱いでもスッキリおしゃれ!帽子の日のまとめ髪簡単アレンジ

気温が上昇し紫外線が気になる季節がやってきました。UV対策として日傘や帽子の出番ですが、帽子って40代には難しいアイテムですよね。おしゃれを格上げしてくれる小物とわかっていても、かぶり方やヘアスタイルに悩…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよね。そして、さあ出かけようという時に限っ…

40代の春は軽やかヘアにしたい!人気のショートスタイル3選

鏡を見て老けたな、なんか古臭い? 顔がくすんでいる…と感じたら髪を切る合図です。それに、春になるとなぜだか髪を切りたくなる衝動、ありますよね。もちろんメイクのアップデートも必要ですが、髪型を変えるだけ…

オバサンぽさ倍増、そのバサっとした髪が若返るケア最新5選

お肌のカサカサ、髪のパサパサは年齢よりも老けて見える要因のひとつ。特に乾燥する冬はお手入れに力が入りますが、寒さがゆるむと気もゆるみがちになりますよね。アラフォーにもなれば季節を問わず乾燥との闘いです…

40代50代こそ前髪作って。「白髪飛び出し」もカバーできちゃう!

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっても、気になるときってたいてい朝、鏡を見…

「誘われる女」になりたい?くびれヘアでアラフォーの色気を放出

「40代=おばさん」の時代はひと昔。今はファッションもヘア&メイクも手を抜かず、おばさんというイメージから遠い人が多いように感じます。おしゃれだけでなく、恋愛だって現役世代。といっても、男性の気を引こう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事