青ざめたり、伺ったりしない!中国語で「顔色」と書いたらどんな意味だと思う?

2023.01.25 QUIZ

同じ「漢字」を使う中国語と日本語。文字の上では同じでも、意味が全然違う言葉がたくさんあります!

旅行のとき、ちょっとした交流の際に覚えておいて損のない日常の言葉の「意味の違い」を解説していきます。

 

日本語では、人の機嫌をうかがうときにつかう「顔色」ですが、中国語ではどういう意味なのでしょう?

 

答えは!

なんと、中国語では、単に「色」になります。

 「顔色」=色

いきなり「顔色」なんて言葉を目にすると、何かザワツイタ気持ちになるのは、私だけでしょうか?

でも、安心して下さい。

中国語で「顔色」は、単に「色」を意味しているだけで、何も問題ありません。

ちなみに、中国語で「顔色」を意味する言葉は「臉色 (liǎnsè)」です。

 

■用例

你喜欢什么颜色? あなたの好きな色はなんですか?

这个颜色很漂亮。 この色は、きれいだ。

 

■読み方(ピンイン)

yán・sè

■発音の目安

イェン ス

 

アインが見た、碧い空。あなたの知らないベトナム技能実習生の物語』近藤秀将・著 1,980円(10%税込)/学而図書

この記事の執筆者、近藤秀将先生は広東科技学院 日本語学科日本社会文化研究所 客員教授。特定行政書士としてアジア圏出身者の入管実務等を行い、また社会学者として「移民」の研究をしています。そんな近藤先生がベトナムからの技能実習生の日常を描いたライトノベルが話題です。日本で暮らす外国人に関心のある方への入門書に最良、ぜひご覧ください。

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク