極小荷物の心得はたった3つ!時短美容家の「トラベル美容ポーチ」の中身【40代の旅美容】

 

旅先にはできるだけ荷物を減らしつつも、必要なものはちゃんと忘れずに持っていきたいもの。

今年の夏休みを目前に控え、ワクワクが止まらない40代女性の皆さん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

旅支度を始めたそのときから、気持ちはもうバケーション。

「今回は、何を持って行こうかな~」とアレコレ考える時間は、ルンルン(笑)しますよね。

今回は、2017年夏における私の旅行美容支度をご紹介します。

 

選びに選び抜いたトラベルポーチの中身は…

海外、とくにビーチリゾートに行くときには、どうしても荷物が増えてしまう私。

コスメを現地調達する楽しみもあるけれど、“買えなかったときのこと”を思うと、やっぱり持ち物は増えていきます。

けれど、ドレッサーごと移動するわけにはいかないので、自分なりに最小限のボリュームを考慮しつつの旅支度に。

できるだけ小さなスーツケースを選び、半分のスペースはお土産用に空っぽの状態で旅立ちたいからこそ、美容ポーチの中身は厳選します。

そんな私のトラベル美容ポーチがこちらです。

ポーチの中に部屋着が入っていることに驚いた読者もいるかもしれません。

それぞれのアイテムを選んでいるのには、ちょっとした自分なりのこだわりもあるのです。

 

時短美容家流:トラベルポーチの「こだわり」

 

コールマンのポーチ:ホテルのバスルームに引っ掛けられるスグレもの。

部屋着:ユニクロのTシャツとリラコをセットで。リラコはパジャマにもホテル内の移動にも使える上にかさばらないのでマストアイテムです。

ドクタープロナーのマジックソープ:メイク落としにも滞在中の洗濯使えるので、旅先ではこれ1本で応用が効く。

SK2の洗顔料:使い慣れているものがいいかなと。

ニュクスのプロディジューオイル:小瓶が便利!ヘアケアにも使います。トロッとした質感のものは、ジッパー付き小袋に入れておきます。

オールインワンジェル:旅先ではオールインワンジェルに頼ります。小さな容器に詰め替えて持っていきます。

タイのコンビニで買ったリップクリーム:よく忘れるので1本は予備としてポーチに常備。

−−と、ここまでが主に顔に使うグッズたち。さらに、その他の美アイテムも入っています。

はなびらたけPlusC:旅先では栄養が偏るので美肌力を保つとされるハナビラタケとビタミンCが一緒になっているサプリで栄養補給を。

ウェレダのオイル:むくみ解消用に小瓶を常備。

マッサージジェル:家にあるジェルをその都度、小分け容器に詰めていきます。

ミスト状のヘアトリートメント:現地のシャンプーを使うことが多いのでお気に入りのトリートメントはマストです。

スティック状のヘアワックス:くせ毛の私はどこに行くにも持っていきます。

ヘアゴムとヘアピン:くせ毛の私は旅先の気候によって髪が爆発!しちゃうので。

電動歯ブラシと歯磨き粉:海外の歯ブラシは大きすぎることがあるのでこちらも常備。

耳かき:旅行先で耳が痒くなると意外と困ってしまうため。

ビーチリゾートに行くときには、これらの定番グッズに加えて日焼け止めやサンオイル、シートマスクをプラスします。

 

時短美容家流:旅支度の心得3つ

 

 

基本的にトラベル用のポーチには、スーツケースの紛失や現地での盗難に備える意味もあってプチプラアイテムを詰めていきます。

そんな私の旅支度の心得は、次の3つです。

 

(1)旅先では普段のスキンケアは諦めてとにかく荷物を少なくする

普段使っているスキンケア製品を持って行こうとすると、とにかく荷物が増えてしまうもの。

旅先ではオールインワンジェルをスキンケアの基本にして、“足りないもの”を補える程度のスキンケアを心がけています。

(2)ヘアケアものは省略しない

ヘアスタイリングの仕上がりは、写真写りにも影響します。特に海外のホテルに備え付けのシャンプーだと、思い通りの仕上がりになりにくかったり現地の気候によって想定外のボサ髪に泣けてきたり!

せっかくの旅の思い出が髪のせいで悲しい写真にならないよう、ヘアケアものは多めに持参します。

(3)大きいものはとにかく小瓶に移し替える

滞在期間にもよりますが、できる限り荷物を減らすために、大きいボトルのものはとにかく小瓶に移し替えます。

100円ショップで買える詰め替え容器も愛用していますが、滞在日数が少ないときにはお弁当用のソース入れやカップを使うこともあります。

 

トラベル用のポーチにメイクアップ用のポーチを加えたら、私の旅支度は8割ほど完了。

時短美容家の【2017年夏】メイクアップポーチは、こちら

あとは、現地に合わせた洋服を詰め込んでお出かけしています。

必要なものを最小限まで削ぎ落とし、身軽なパッキングでお出かけするのが私流の旅美容です。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感…

ウッカリで男性ドン引き! 40代が「育ちが悪い女性だな」と思われる夏のお誘いLINE3選

ちょっとしたLINEのせいで「この女性は、なんだか育ちが悪そうだ」と男性に思わせてしまえば、その後の展開にもなにかと響きがちです。いい大人になっていれば、相手の“育ち”は気にせずに恋愛に発展する男女も少なく…

一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続…

モテてるつもりが逆に滑稽…! 40代が「やめたほうがいい」美容テク3選

「40代だけど、今年はモテを極めるわ!」は、決して悪い心がけではないはず。婚活でも恋愛市場でも、モテる40代になれば、それだけ選択肢も増えるわけですから、モテないよりもモテたほうが、いろんな面でも有利です…

まだ使っているならオバ見えの原因…! 40代が「真夏には捨てるべき」コスメリスト5

暑くなってくると、身の回りをサッパリと整理したくなる女性も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。気温や湿度が高い毎日だと、なにをするのにもやや億劫なのもホンネです。結果、毎日のルーティンや習慣も、…

気づけば老け見え! 酷暑にやりがちな40代の3大NG美容ルーティン

本格的な暑さが到来してきた今時分は、“老け見え”を招くちょっとした悪習慣が身につきやすい魔の時期でもあります。他方、気温や湿度が高いなかで精力的に仕事をしていれば、過ごしやすい気候の時期と比較して、どう…

若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いている…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事