眉毛の書き方を変えてみて?痛い眉メイクの整え方

周囲の40代女性に「メイクの悩みって何?」と質問すると、大体が「眉毛の描き方がわからない」「眉毛のトレンドを追いかけるべきか悩む」と答えます。20代の頃からメイクを変えていない……などと答える人もいて、正直驚いてしまうことも。

そこで今回は、皆さんの悩みが集中する眉にフォーカスして、古臭いオバサンに見える痛い眉メイクについてご紹介します。

 

■異常に長い眉尻

 

バブル全盛の頃は何もかもが派手傾向。ファッションも派手なら、それに合わせてメイクも派手目にしていた方、多いのではないでしょうか。その頃とメイクを変えていない……なんて人は、実年齢よりも老けて見られている可能性大です。

あの頃のトレンドとしては、直線的な長めの眉。直線的に描くことで凛とした女性としての強さの部分が強調されていました(女性芸人の平野ノラさんの眉を想像してみていただければ、イメージが湧くかと思います)。直線的で眉尻が長い眉。これはここ数年のナチュラル太眉の流れと全く真逆の方向です。

ここ十数年、メイクが変わってないという方はぜひ、眉尻は短め、太さも太めにメイクチェンジしてください。

 

■輪郭がハッキリし過ぎの”のっぺり”とした眉

 

極端に言えば、女性芸人のイモトアヤコさんのような眉毛。あのメイクはキャラづくりの一環なので、現実的にあそこまで濃く描く人はいませんが、街中でよーく人物観察していると、時々”味付け海苔のような眉”の人を今でも見かけます。見かけるたびに残念な気持ちに。

最近は、輪郭をはっきり描かないのがトレンドです。眉毛を描く時輪郭を描いて中を埋めるのでなく、眉毛の骨になる中心部分を意識して、そこから眉の外側に向けて眉毛を描き足してください。そうすることで輪郭をぼかせます。また、アイブロウブラシで描いた眉をなぞると余計な眉パウダーが落ちるので、これもお勧めです。

 

■真っ黒もしくは真っ茶の1色使い

 

アイブロウペンシルを使っている人の中で、「何となく眉が描きづらい」と感じている人はいませんか?アイブロウペンシルは描いた眉が落ちにくいというメリットがありますが、その反面、単色使いなので立体感を出しづらいというデメリットも。

最近流行っているのはアイブロウパウダー。パレットに2色以上入っていることが多く、パレットに入っている色を混ぜることで肌色と自眉の色に馴染みやすくなり、しかももともと2色以上を使っているので適度なグラデーションが生まれ、手軽に立体感が出ます。ペンシル派の人はペンシルで描いた後にパウダーを乗せたり眉マスカラを使ったりすることで、多色使いを心がけてください。

 

”眉は顔の額縁”とも呼ばれ、顔の印象を大きく左右するパーツ。年齢を重ねたらトレンドを追いかけるよりも基本をきっちりと押さえて、自分の骨格に合った眉を描くのがベターです。眉毛の下にある骨「眉丘筋(びきゅうきん)」の位置から大きく外れると笑ったり泣いたりした時の表情が不自然になりますので、「眉丘筋」の位置は外さないようにしましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代「オバ髪」ケアに救世主?発売即完売、店に行列ができたシャンプーとは

40代になるといろいろと美容の悩みが増えますが、一番気をつけたいのが髪。フェイシャルは毎日気を配っているけど髪はつい後回し……その間にも髪のエイジングは進んでいます。仕事に家事に忙しい人ほど毎日のシャンプ…

[PR]

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事