【40女の恋愛事情】story2 私は彼の特別になれますか?-45歳・真由子の場合(1)-

一人で大丈夫と思う日もあれば、ずっと一人でいることが不安になる日もある。

いろんな気持ちの狭間で揺れ動く私たちの世代。独身ならどんな恋愛をしているんだろう、既婚なら何を考えているんだろう。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】。

一緒に胸を痛めたstory1に続き、story2が始まります。45歳・真由子の場合を3回連続でお送りします。

Blur image of night festival on street

舞台が終わると、劇場の周りにはどっと人が溢れる。

私はその人波から逃れるように、劇場前の信号を渡り、右に曲がり、街道に沿って歩き始める。

何分か進むと、公園がある。

私はそこで、彼を待つのだ。

さっきまで、舞台の上に立っていた彼を……。

 

公園といっても都心なので、足元はレンガが敷き詰められていて、土は見えない。

公園のベンチに腰を下ろす。

二人掛けの小綺麗な木目のベンチがあちこちに置かれ、ところどころに、花の鉢植えがある。

ベンチにいるのは、私以外は、カップルばかりだった。

でも、私だって、彼が来れば……。

彼が来れば、カップルに、見えるだろうか。

彼は23歳で、私とは20近くも歳が離れているけれど。

 

夜の公園は、ライトに照らされて、薄暗いような場所はない。

公園に隣接したカフェも、後片付けが始まっている。

もう夜の9時過ぎだった。

午後7時に始まった舞台の上演時間は、2時間ほどだった。

素敵な舞台だった。

 

ステージでは運命の恋の相手を探して、主人公は旅を続けていた。

ほんの一瞬、道ですれ違った女性。

たったひとこと交わされた言葉にピンときた彼は、世界の果てまでも彼女を探しに行く。

いつしか私は、主人公と自分を重ねていた。

私も、たったひとことの優しい言葉がきっかけで、彼を好きになったから。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事