スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!

これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。

「メイクは時短で済ませたいけれど、おばさんな仕上がりだけは避けたい」と考えている40代女性の皆さま、いかがお過ごしですか? 時短美容家の並木まきです。

手早くパーフェクトなメイクをしたつもりだったのに、スッピンよりもオバ化しちゃった……。こんなメーキャップは、誰しも避けたいこと。

今回は、脱・オバサンのつもりが“失敗”になっている時短メイクを3つご紹介します。

【40代がもっとキレイになれる時短メイク一覧はこちら

 

失敗1:時短のために凹凸のないベースになっている

 

BBクリームを使ったベースは、時短メイクの王道。でも「ただ塗りました」で済ませると、40代の肌ではインパクトに欠け“おばさん風”のノッペリ顔に。

スッピンを、紫外線のもとにダイレクトにさらすよりはいいけれど……。ただベースを塗っただけの肌では、凹凸が足りずに“たるみ”や“くすみ”はカバーしきれないのです。

【40代の時短美容】を意識しつつベースを仕上げるなら、メリハリのある肌感はマスト。

チークを使うだけでも印象はガラリと変わりますし、シェーディングまでできれば粗さが抜け、凹凸が出て若見え顔に仕上がります。

一瞬で華やぎ肌が手に入る時短「シェーディング」テクはこちら

 

失敗2:単色アイシャドウだけで時短したつもりが…

目元の印象を上げるのに欠かせないアイシャドウ。塗らないよりも塗ったほうが、40代の目元もグッと垢抜けます。

けれど、「時短」ばかりを考えてグラデーションをせず「単色をただ塗りました!」のメーキャップは、とてもリスキー。

雑に見えるばかりか、やや窪みや“くすみ”が出始めている40代のまぶたには、疲れた印象を加速させ“おばさん見え”になりやすいのです。

とくに、マットな質感の濃いめブラウンで単色塗りをすると、目元がやたら重く見えるから危険信号!

アイシャドウは、若見えアイを作ってくれる救世主なアイテムだけに、せめて2色は使って濃淡をつけるのが【40代時短メイク】では鉄則です。

 

失敗3:とにかく時短でインパクト!? 極太ブラックのアイライン

手短にメイクを済ませたい時には、アイシャドウすら省略してアイラインだけでインパクトを狙うメイクアップ術もあります。

しかし「シャドウを使わない分、目元を強調したい」と、やや太めにブラックのアイラインを引いた40代の目元は、まぶたの“くすみ”と相まって強烈な“おばさんアイ”になることが。

その昔に流行った“黒々したタトゥのアイライン”を彷彿とさせるのと、“がんばってます感”が強調されるのとで、決して若見えアイにはならないのです。

40代が時短でアイラインを引くなら、“少し引き算”が今の気分。

まぶたのシワのせいで滲まないようにするためにも、少しだけ細めにしたほうが脱・おばさんです。

 

せっかく時短メイクをするなら「スッピンよりもおばさん化!?」なんて事態は避けたいもの。

脱・おばさんを目指してメイクをしているはずなのに、周りからはそうは見えていなかった……!なんてショックなメイクは、今すぐ封印して。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く

加齢とともに、“たるみ”や“くぼみ”、“くすみ”と、私たちの目元には「3大“み”の老化」が容赦なく押し寄せてきます。そして目元は自分で思っている以上に、周囲に“年齢”を感じさせる引き金にもなりやすいから、デイリ…

捨てたらもったいない! 使わない「化粧水・乳液・美容液」のリッチな再利用術

ミニマルな生活に憧れると「アレもコレも、捨ててしまおう!」なんて、断捨離もポイポイと進むもの。特にスキンケアコスメは「開封したら3ヶ月~半年で使い切るべし」と言われているだけに、開けたまま使わずにいた…

「裏のある男」はアノ血液型に多い…!? 40代女性が体験した冷酷すぎるリアル

「いい人だと思ったから深い仲になったのに、付き合ってみたらとんでもない男だった!」な展開は、女性なら誰しもが避けたい道。しかし男たちも、お付き合いをするまでは大なり小なり猫をかぶっているので、性格の“…

「ファンデの上からの日焼け止め追加」、実際みんなどうしてる?

いよいよ本格的にUV対策が必要なシーズンを迎えています。「日焼けしたくない!」「年齢とともに、シミが本気で気になる……」な女性にとって、1年中油断できないのがUVですが、今年は春先からここまで日差しが強かっ…

「ドMな男」が多い血液型って? 1位はやっぱりアノ型でした!

「Mっ気のある男」くらいならまだかわいいと思えても、「ドMな男」となるとご遠慮したい……な40代女性も決して少なくはないかもしれません。あるいは逆に「私は、ドSを自覚してます!」な女性は、パートナーにはドMな…

美人でも即NG…男が「絶対に結婚したくない」40代女性ってこんな人!

40代になってから婚活を始め、すぐに結果が出る女性もいる一方、人柄も容姿もいいのになかなか決まらない……な女性もいるのが実態。「決まらない」の背景には、ご自身がお相手に求める条件を高めに設定しているケース…

「40代後半でそれは痛くない…?」トレンドと紙一重な問題児コスメ6

40代になったら、ミーハー感や若作り感による“痛々しさ”しか出さないコスメは、断捨離すべきタイミングでもあります。個性的なメイクは似合っていれば「おしゃれ!」であるのは間違いないものの、自分の想定外に「あ…

今すぐ捨てて! 使っていると痛い目にあう過去のトレンドコスメ5選

年齢を重ねると「流行だから」という理由だけでは、トレンドに飛びつかなくなる女性も増えてきます。他方、メイクに関しては自分なりの“定番”が確立していて、ちょっとしたコスメを買い足したら使い切るまでは長く愛…

断捨離中でも捨てないで! また買うハメになりがちなコスメ5選

ミニマルな生活に憧れている女性ほど「コスメも、大幅に断捨離!」を合言葉にしていらっしゃるかもしれません。近年は「空前のナチュラルメイクブーム」と言えるくらい、華美なメイクをしない人も増えているので、最…

みんなが選んだ「仕事がデキる男」が多い血液型は…?

「仕事がデキる男」は、お好きですか?将来を考えると「やっぱり結婚するなら、仕事がデキる男がいい!」と思っていらっしゃる女性も少なくないかと思います。日本人はとかく“血液型”による傾向分類を好む傾向もあり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事