スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!

これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。

「メイクは時短で済ませたいけれど、おばさんな仕上がりだけは避けたい」と考えている40代女性の皆さま、いかがお過ごしですか? 時短美容家の並木まきです。

手早くパーフェクトなメイクをしたつもりだったのに、スッピンよりもオバ化しちゃった……。こんなメーキャップは、誰しも避けたいこと。

今回は、脱・オバサンのつもりが“失敗”になっている時短メイクを3つご紹介します。

【40代がもっとキレイになれる時短メイク一覧はこちら

 

失敗1:時短のために凹凸のないベースになっている

 

BBクリームを使ったベースは、時短メイクの王道。でも「ただ塗りました」で済ませると、40代の肌ではインパクトに欠け“おばさん風”のノッペリ顔に。

スッピンを、紫外線のもとにダイレクトにさらすよりはいいけれど……。ただベースを塗っただけの肌では、凹凸が足りずに“たるみ”や“くすみ”はカバーしきれないのです。

【40代の時短美容】を意識しつつベースを仕上げるなら、メリハリのある肌感はマスト。

チークを使うだけでも印象はガラリと変わりますし、シェーディングまでできれば粗さが抜け、凹凸が出て若見え顔に仕上がります。

一瞬で華やぎ肌が手に入る時短「シェーディング」テクはこちら

 

失敗2:単色アイシャドウだけで時短したつもりが…

目元の印象を上げるのに欠かせないアイシャドウ。塗らないよりも塗ったほうが、40代の目元もグッと垢抜けます。

けれど、「時短」ばかりを考えてグラデーションをせず「単色をただ塗りました!」のメーキャップは、とてもリスキー。

雑に見えるばかりか、やや窪みや“くすみ”が出始めている40代のまぶたには、疲れた印象を加速させ“おばさん見え”になりやすいのです。

とくに、マットな質感の濃いめブラウンで単色塗りをすると、目元がやたら重く見えるから危険信号!

アイシャドウは、若見えアイを作ってくれる救世主なアイテムだけに、せめて2色は使って濃淡をつけるのが【40代時短メイク】では鉄則です。

 

失敗3:とにかく時短でインパクト!? 極太ブラックのアイライン

手短にメイクを済ませたい時には、アイシャドウすら省略してアイラインだけでインパクトを狙うメイクアップ術もあります。

しかし「シャドウを使わない分、目元を強調したい」と、やや太めにブラックのアイラインを引いた40代の目元は、まぶたの“くすみ”と相まって強烈な“おばさんアイ”になることが。

その昔に流行った“黒々したタトゥのアイライン”を彷彿とさせるのと、“がんばってます感”が強調されるのとで、決して若見えアイにはならないのです。

40代が時短でアイラインを引くなら、“少し引き算”が今の気分。

まぶたのシワのせいで滲まないようにするためにも、少しだけ細めにしたほうが脱・おばさんです。

 

せっかく時短メイクをするなら「スッピンよりもおばさん化!?」なんて事態は避けたいもの。

脱・おばさんを目指してメイクをしているはずなのに、周りからはそうは見えていなかった……!なんてショックなメイクは、今すぐ封印して。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事